2021年04月15日

えんがわだより2021年4月号 No.176「愛着ある街で ともに新たなライフスタイルを」

176 april.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitter☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
愛着ある街で ともに新たなライフスタイルを

★お知らせ・ボランティア・寄付
「運行サービスボランティア」「えんがわ文庫乞うご期待!」「ガレージセール寄付品のお願い」など

★市民活動支援センターからの発信
「ありがとう、そしてこれからも!」「コロナ禍でも元気!『グループたんぽぽ』」「今年は花の色が特にきれいだね」





えんがわだよりNo.176 特集記事(2.65MB).pdf

title.jpg
 3月7日(日)にフルオンラインで開催し、約2,100人の方々にお楽しみいただいた「第7回調布まち活フェスタ」。その中で実行委員会の中心となって大活躍された団体、「Withgrow」。若くして地域活動をしたいと一念発起したきっかけや、生まれ育った調布への想いについて語っていただきました。若い世代が地域の魅力を発信し、地域住民である皆さんはもちろん、市外の方々にも興味や関心を持ってもらうため、様々な活動に取り組む「Withgrow」の今後に注目です!

調布学生コミュニティー「Withgrow」時代
 私たち「Withgrow」は、調布で育った、または当時市内に在住していたなど、調布にゆかりのある学生が、年代の壁を越えて若い力で地域を盛り上げたいという目的で2010年12月に設立しました。
 市内で行われる活動を題材にしたYouTube撮影やラジオ収録で地域の魅力を発信したり、就活セミナー・学生交流会を開催したりして、地域内における同世代間のコミュニティー構築などを行いました。また、市内の様々なイベントへ実行委員として積極的に参画し、多様な世代へ学生ならではの視点を発信し、多岐に渡り活動させていただきました。
 当時を振り返ると、学生の頃から多様な世代の方と地域で交流できたことは、社会で働く上での財産となり、30歳前後となった今、改めて地域に関心を向ける大きなきっかけとなりました。

再始動のきっかけ
 社会人となって数年間は仕事に精一杯でしたが、経験を重ねるうちに仕事以外のことにも目を向ける余裕ができ、「また、地域で何かしたい」という思いから2019年に再始動に至りました。社会へ出て以降、学生の頃お世話になった方々から「Withgrowまたやらないの?」とよく仰っていただいたことも後押しになったと思います。
 再始動については、各メンバーで何度も話し合いをしました。その中で、「働き方が多様になりつつある昨今は地域に愛着を持つことが一層大切ではないか」という考えに至り、多くの人が地域へ愛着を持つ街をつくるために、「地域で世代間を越えたつながりを作ること」「地域を基盤としたライフスタイルを確立すること」という活動目的を立てました。達成への道のりはまだまだ模索中ではありますが少しずつ前進していきたいと思っています。

1年間の活動内容
 私たちの活動は主に2つです。1つは学生の頃から継続している地域を題材にしたYouTube撮影です。調布は深大寺や味の素スタジアムといった名所や様々な地域団体のおかげで活気ある街になっています。そのような「場所」や「人」を、ワカモノ目線で取材し動画に収め、発信することでもっと多くの方に調布の魅力を知ってもらいたいと考えています。
 こうした活動を継続することで、市内の方には地域の新たな魅力を、市外の方へは調布へ足を運んでいただくきっかけをお届けできればと思っています。

pict02.png
YouTube動画サムネイル画像

 もう1つは就活セミナーです。就活セミナーでは調布に関係する学生を対象に、私たち自身の就活体験談をはじめ、社会人目線での就活へ向けた学生時代の過ごし方などを話し、地域の先輩という立場で一般のセミナーでは中々取り上げられない内容も伝えています。私たち自身が地域で成長し育てられたと感じているので、今度は私たちが社会で得た経験やスキルを地域に還元していきたいです。

pict03.png
就活セミナーの様子

 また、これらの活動以外にも、地域で行われるイベントにも積極的に参加していきたいと考えています。実行委員として参加した「調布まち活フェスタ」もその1つです。
 3月7日に開催された「第7回調布まち活フェスタ」は、コロナ禍で会場に集まって実施する従来の開催が難しく、オンライン開催となり、IT技術がイベント成功のカギでした。その中で私たちはHP作成や配信インフラ整備といったオンライン開催の土台作りを担い、イベントの成功を裏方として支え、私たち自身も大きな達成感を味わうことができました。

pict04.png
第7回調布まち活フェスタ 裏方として生配信を統括

今後の展望
 引き続きYouTubeで地域の魅力発信に注力していきます。地域団体の紹介動画を製作する中で、素晴らしい活動をしていても、「発信の仕方がわからない」「伝え方がわからない」「難しそう!」という理由から活動の魅力を発信できていない団体が多くあることに気付きました。私たちはそのような団体にPRの機会や発信スキルを提供することで、より多くの市民の方が地域活動を知る、始めるきっかけを作りたいと思っています。将来的には、YouTubeのみならず地域活動の発信の場となるようなイベントを私たちで企画し、コーディネートまで携わっていきたいです。
 また、就活セミナーについては頻度を増やし、学生と交流する機会を増やしたいです。継続して開催することで私たちの経験やスキルを学生に還元しながらお互いに成長し、地域を基盤としたライフスタイルを選択できる第1歩となるようなセミナーへ発展させていきたいです。

pict05.png
第7回調布まち活フェスタ 実行委員長として挨拶

地域の方へメッセージ
pict06a.png

活動に参加して一緒に調布を盛り上げたいという方、活動を紹介して欲しい、就職や学生生活の相談をしたいという方は、ご連絡をお待ちしています!

Withgrow
YouTube チャンネル登録お願いします!
youtube.png ←クリック💡(YouTubeページが開きます)
instagram:@chofu_withgrow
Mail:wg-gml@withgrow.org





お知らせ・ボランティア・寄付募集


■ 新小学1年男児の送迎ボランティア募集

滝坂小学校の特別支援学級に通う児童を自宅から学校まで送り届ける活動です。
【内容】自宅(入間町2丁目)から滝坂小学校まで徒歩で送迎。1回30分程度の活動。
【日時】7時40分に自宅お迎え。8時20分までには学校に到着必須。
【場所】自宅(入間町2丁目)
【備考】弟が今年幼稚園入園。送迎時間が重なるため、ご協力してくださる方を探しています。
    走り出してしまう時があるので、走って追いつける体力のある方を探しています。
お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 浅見・佐藤 


■ 新高校2年男子生徒の送迎ボランティア募集

放課後等デイサービスに通う男子生徒を、自宅まで送り届けるボランティア活動です。
【内容】放課後等デイサービス「ぴっころ」から自宅(国領町1丁目・国領駅から徒歩5分)
    までの送迎。1回20分程度の活動。
【日時】水曜日17時30分に「ぴっころ」お迎え。月に1回の活動も可能。
【場所】総合福祉センター内「ぴっころ」(小島町2−47−1)
【備考】初回は職員が同行して体験送迎から始めます。
お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 佐藤


■ 運行サービスボランティア

公共交通機関の利用が困難な方のために福祉車両を運転し、外出を支援する活動です。
【場所】NPO調布ハンディキャブ事務局
【資格】普通自動車運転免許(過去2年間に免許停止処分を受けていない方)
【対象】30歳〜73歳
【備考】福祉有償運送に必要な資格講座費用(2日間)は当法人で全額負担します。
    修了証受領で福祉有償運送の資格が得られます。わずかですが謝礼金を差し上げます。
お問合せ NPO調布ハンディキャブ事務局 042-440-3860


■ ガレージセール 寄付品のお願い

しばさき彩(いろどり)ステーションは空き家を利用した、多世代交流スペースです。
毎月行っている「ガレージセール」で販売する物品のご寄付をお願いいたします。
新品タオル類、石鹸、洗剤、引き出物などで未使用の物。食料品も受け付けています。
【問合せ・受付先】しばさき彩ステーション 042-444-5504


■ 童謡を歌う会「シンガーズ・グリーン」ご一緒に歌いませんか♬

専門の先生から、正しい発声を学び、コーラスを楽しんでいます。童謡・唱歌から簡単な歌を中心に
声帯を維持しながらいつまでも健康で歌いたい!がモットーです。
【日時】毎月第2土曜日 10:00〜12:00
【場所】緑ヶ丘地域福祉センター 大集会室
【条件】初心者から、コーラスの好きな方ならどなたでも。
下記へお問合せの上、一度ご見学ください。
【備考】コロナ感染予防のため、入口での検温、消毒、マスク着用(歌えるマスクのご用意あります)
【問合せ】 緑ヶ丘コーナー(火・木・土) 折原 03-3326-4088


■ こんぺいとう子育てひろば、やってます!

子育て中のママ、パパ親子で遊びにきてください。
3密に気を付けながら、おしゃべりをして交流しましょう。
【日 時】毎週火曜日13:30〜16:30
【場 所】富士見町ふれあいの家 (富士見町3-3-17)
【対 象】主に0歳〜2歳児の親子
【問合せ】NPO法人調布子育てを結ぶこんぺいとうの会 こんぺいとう子育てひろば
      Mail:hiroba@conpeitou.org


■ あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンスを開催します

【日時】 5月29日(土)14:00〜15:00
【会場】 富士見コーナー
【問合せ】042-481-8719 (岡澤)

※事前にお電話にてお申込ください
・ご参加の際は、ご自宅での検温、マスク着用、手指の消毒にご協力ください。
・当日体調がすぐれない場合は、無理をせず参加をお控えください。


■ 看護師と一緒に 人生会議をしよう!

自分たちの希望する医療やケアを受けるために、人生会議を始めてみませんか?
人生会議とは簡単に言うと「もしもの時の準備」とそれを大切な人と共有することです。自分がどう生きたいのか、何を大切にしたいのか、こういった問題を一人で考えるのは意外と難しいものです。また、家族とこのような話し合いをしても「縁起でもない!」と敬遠された経験がおありかもしれません。
今回の会では、人生会議が大切だと思うことを看護師からの視点からお話させていただき人生会議を実際に進めて「きっかけ」を持ち帰っていただきたいと思っております。「私のたいせつなこと」ノートを使って自分のことを見つめなおし、自分らしい 最期の迎え方(=自分らしい生き方)を考えるきっかけにしてみませんか?
【日 時】4月13日(火)10:00〜12:00
【場 所】調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
【費 用】1000円(私に大切なことノート代含む) 2回目以降300円
【対 象】おおむね65歳以上の方
【定 員】先着3名程度(密にならないように少人数で行います)
【問合せ】高齢者支援ボランティア セルフエスティーム 新海智子
     080-5002-9289 Mail:kikuhito2020@gamil.com


■ ―はばたきスペースの「えんがわ」終了―

開所翌年の2006年から、活動スペースはばたきで展示しておりました「えんがわ」の設置を3月20日をもって終了いたしました。さまざまなイベント、展示等で活躍してきた「えんがわ」でしたが、近年は老朽化が激しく、補修で対応が出来ない箇所も出ておりました。安全最優先に考えての対応であったことをご理解ください。みなさまの長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げます。


■ ―「えんがわ文庫」乞うご期待!―

―「えんがわ文庫」乞うご期待!―
センター入口右側で「えんがわ文庫」のオープンに向けて準備中です。
5月を目指し、ボランティアのみなさんが奮闘しています。
市民活動センターをもっと身近に、より多くのみなさまにご利用いただくために、
誰もが気軽に立ち寄れる空間作りを行っています。
本を通じてつながる「えんがわ文庫」をどうぞお楽しみに!
※オープンの詳細は、センターHPやTwitterで随時発信予定です。


■ ―令和3年度えんがわファンド申請受付中―

―令和3年度えんがわファンド申請受付中―
調布市のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する、えんがわファンドの申請受付が4月1日からスタートしております。
申請受付の締め切りは4月28日(水)17時必着です。
申請をご検討の方は、募集要項をご確認の上、お早めに、ご相談・ご申請をお願いします。申請書は市民活動支援センターHPからダウンロードも出来ます。当センター、及び各コーナーでも配架中です。
●えんがわファンドの目的
調布のまちがより豊かになることを目指して、幅広い分野のボランティア・市民活動及び児童・ 生徒の体験活動を支援することを目的とします。また、本助成事業を通して、団体同士、あるいは センターと市民活動団体が相互に交流し、協力しあう関係構築を目指しています。
●えんがわファンド助成対象
1)調布市内で活動するボランティアグループ・市民活動団体(任意団体もしくはNPO法人等)
2)市内小中高等学校(生徒会やPTA等、学校を拠点に活動する団体も可)
●えんがわファンド助成対象となる事業内容
1)まちづくり、福祉、社会教育、環境、災害、国際協力などの公益的活動
2)活動を通して、社会によい効果をもたらすと同時に、活動者自身の学びにもなるもの
 ※ただし、営利・宗教・政治を目的とする活動は対象となりません。
 ※同一事業への助成は3年までです。
 ※他の助成金を取得・申請している事業も、対象となります。

えんがわファンド詳細
https://chofu-npo-supportcenter.jp/donation/donation4/





postuzuki.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


ありがとう、そしてこれからも!
市民活動支援センター(あくろす)

市民活動支援センターのシンボルとも言える、昔懐かしい「えんがわ」が、老朽化に伴いこの3月、その役目を終えました。
えんがわが設営された2006年当時の「えんがわだより」を紐解いてみると、「人がえんがわでつながっていた時代・・『えんがわ』には、大人も子どもも老人もみんなが自然に集まる不思議な縁を生む力があったようです」とありました。

ha01.png
えんがわのある風景
(えんがわだより100号記念特別号より)


センターのえんがわも、現代のまちのえんがわとして・・・皆さんと共に歩み、イベントでは大勢の人を集め、数々のつながりを生み出しました。形はなくなってもセンターでのイベントや、助成金などには今後も「えんがわ」のネーミングが使われていきます。

センターでは現在、幅広い世代の皆さんにご利用いただけますよう、気軽に立ち寄れる空間づくりを行っています。
5月には新コーナーとして、「えんがわ文庫」をスタートする予定です。そしてえんがわ跡地は、ご利用の皆さんとの交流スペースとして準備を進めています。引き続き現代の「まちのえんがわ」を目指していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

pic02.png
団体の交流の場として準備中
       
(すずき)


コロナ禍でも元気!「グループたんぽぽ」
緑ヶ丘コーナー

「地域の皆さまから、いつもたくさんのタオルをご寄付いただき、有難うございます!コーナーで活動される「たんぽぽ」さんは、1枚のタオルから、2枚の雑巾をつくり、定期的に地域の児童館や保育園などへ届ける活動を続けています。

コロナ禍の前は、地域のイベント「ふれ愛のつどい」へ毎年参加され、手縫いタオルは使いやすいからとのお声に、販売され、ミニバザーを傍らで行い、その売り上げの一部を、社会福祉協議会へご寄付いただいておりました。

60代から80代のメンバーは、定期的に会うことで、お互いのちょっとした変化にも気づきます。ぞうきんを縫い、おしゃべりしながら、お互いの見守り活動にも一役買っています。ときには、地域包括支援センターの相談員の方が立ち寄っておしゃべりされることも。

新しいメンバーさんも加わり、大所帯になりました。「いくつになっても、誰でも無理なく参加できる、そのような活動を、細く長く続けて行ければ嬉しいです」と代表の方は話されます。活動日は毎月第1・第3土曜日の10時からです。見学の方は緑ヶ丘コーナーまでお問い合わせください。

pic03.png
           
(おりはら)


nogaya.png

ロナ、コロナで外出することもひかえていたが、

必要にせまられ忙しく用事をすませた帰り道、

可恋に咲きほこる草花をみかけた。

ゆっくりできないけど座りこんで話かけてしまった。

今年は花の色が特にきれいだね

pic04.jpg

(よつや)

(今回の記事は「えんがわだより」第176号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

えんがわだより2021年3月号 No.175「学生服リユースで笑顔をバトンタッチ」

175 march.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitter☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
学生服リユースで笑顔をバトンタッチ

★お知らせ・ボランティア・寄付
「お家でボランティア」「送迎ボランティア」「看護師と一緒に 人生会議をしよう!」など

★市民活動支援センターからの発信
「少しラクになる方法」「食料品のご寄付、ご協力ありがとうございました!」「支えあいが生まれる場所」


えんがわだよりNo.175(8.66MB).pdf




title.jpg
 今回は、思い出のたくさんつまった愛着のある学生服を、次に必要な方へバトンタッチする、注目のソーシャルビジネス「さくらや調布店」の代表、平野玲奈さんから、学生服リユース Shop さくらや調布店(以下、さくらや調布店)のこと、これからの活動のことについてお話をお聞きしました。

ソーシャルビジネスとは(※図@参照)
 ソーシャルビジネスは、企業の利益を最大化することを目的とするのではなく、社会に存在する課題(貧困、教育、健康、情報アクセス、環境など)の解決を目指して行う活動です。また、活動資金を寄付や助成金に頼らず、自前の活動で稼ぎだす点が特徴です。

図@ソーシャルビジネスと他事業との違い
zu01.jpg

さくらやの活動
 さくらやは、2010年にさくらや高松店から始まった活動で、今や全国に広がっており、さくらや調布店もその1つです。さくらやは、学生服が高価で購入や買い替えができないという方々の困りごとを解決しているだけではなく、和裁が得意な高齢者に名前の刺繍取りの仕事を提供したり、洗濯を地域の障がい者支援施設へ委託したりしている他、店舗スタッフに子育て中のお母さんを採用する等、様々な取組みをしています。また、収益の一部で、子ども食堂を開くなど、様々な地域貢献活動も積極的に行っています。

さくらやの活動例
zu02.jpg
zu03.jpg

制服リユースShopさくらや第1号店の高松店 代表馬場さん(中央)と平野さん(右)
全国のさくらやの活動をご紹介しています

さくらやHP
https://www.seifuku-sakuraya.com/

さくらや調布店のスタート
 平野さんもご自身の子育て期間中にはたくさんの苦労があったそうですが、子ども達が集うプレイパークでボランティア活動に携わる中、多くの人とふれあい、助け合いながら子育てに取り組むことで、地域での支え合いの大切さを強く感じたそうです。 そうした経験をきっかけに、子育てが一段落したら、次の子育て世代の手助けができる居場所を作りたいと考えるようになり、どうすれば実現できるかと模索し続けていました。そんな時、テレビで見たことがあったさくらや高松店の活動を思い出し、ホームページにアクセスしたことから、現在のさくらや調布店の活動がスタートしました。
zu04.jpg

今後の活動の広がりを願って
 現在、平野さんは調布市富士見町エリアを中心に、世代や立場を超えたみんなの居場所づくりを行っている「地域の居場所を考える会」の一員としても活動されています。この活動では、調布市社会福祉協議会の地域福祉コーディネーターや行政の住宅課、高齢者支援室、子育て支援を行う団体など、市民と機関が連携して、より良い地域づくりのためのアイディアを出し合っています。地域の誰もが利用しやすい居場所の実現と、平野さんの想い、さくらや調布店としての活動が相乗効果となり今後更なる発展が期待されています。

優しいバトンタッチ
わりと包み込むような優しい笑顔が印象的なさくらや調布店代表の平野さん。活動スタートから 1 年半が経過しましたが、平日は保育園での看護師のお仕事、週末・祝日はさくらや調布店の活動と忙しい日々です。お話をうかがっていく中で、第一印象とは違った、強く熱い活動への想いに心を動かされました。活動の注目度も高く、買い取りやご寄付の問合せもありますが、それ以上に購入希望の問合せが多く、まだまだ学生服は足りていない状況です。 学生服を通じて、バトンをつなぐ側もバトンを受けた側も、双方がうれしい気持ちになれる幸せのサイクルがさくらや調布店の活動です。地域に根差したソーシャルビジネスとして今後も活動が広がっていくといいですね。 自分の思い出のつまった学生服が誰かの役に立ち、しかも喜んでもらえる。また、その活動を通じて、新しいつながりや、新しい地域の居場所が増えていく、平野さんの活動を是非、応援してください。

学生服リユースShop さくらや調布店
調布市下石原 1-60-8 第二サイクル荘 1-E 号( 土日祝 対応可能 ご予約制 )
050-3704-2951 sakuraya.chofu@gmail.com

制服のご寄付を受け付けています!
卒園・卒業〜5年以内の幼稚園、保育園、子ども園小学校、中学校、高校の学生服破損、リメイクされたもの、カビ、虫食いがあるもの仕様変更された園・学校のものは受付できません。

調布店ブログ
https://www.seifuku-sakuraya.com/blog/chofu/

zu05.jpg





サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ・ボランティア・寄付募集

ouchi.jpg
市民活動支援センターでは、コロナ禍において自宅でもできるボランティア活動を提案しています。
お家でできる活動から、まずは始めてみませんか?

@子ども家庭支援センターで使用するウエスを切ってくださる方募集!
子ども達が施設内で安全に過ごすための消毒用ウエスです。
[ウエス]15p×15p程度
【詳細・問合せ】市民活動支援センター 042-443-1220
ウエスとは使い捨て雑巾のことです

A子ども達へ手作りマスクをプレゼント!
児童養護施設へ手作りマスクを送付する支援活動をしています。
ご希望の方には、マスクの型紙、資材(マスクキット)をお渡しします。
【詳細・問合せ】市民活動支援センター 上野 042-443-1220

Bフィリピンの子ども達へ!日本の絵本を送ります
山岳民族アエタ族の子供たちへ、日本の絵本をプレゼント。
ご自宅にある絵本のご寄付をお願いします。
【詳細・問合せ】市民活動支援センター 上野 042-443-1220


■ 4月から新高校2年男子生徒の送迎ボランティア募集@

「府中けやきの森学園」に通学する男子生徒を、最寄り駅から学校まで送るボランティア活動です。
飛田給駅から「府中けやきの森学園」までの送迎。1回20分程度の活動。
(月)〜(金)8時15分に飛田給駅お迎え。 1週間に1回の活動も可能。
【送迎先】府中けやきの森学園(府中市朝日町3-14-1)
初回は職員が同行して体験送迎から始めます。
お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 佐藤 


■ 4月から新高校2年男子生徒の送迎ボランティア募集A

放課後等デイサービスに通う男子生徒を、自宅まで送り届けるボランティア活動です。
放課後等デイサービス「ぴっころ」から自宅(国領町1丁目・国領駅から徒歩5分)までの送迎。
1回20分程度の活動。(水)17時30分に「ぴっころ」お迎え。 月に1回の活動も可能。
【集合場所】総合福祉センター内「ぴっころ」(小島町2-47-1)
初回は職員が同行して体験送迎から始めます。
お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 佐藤 


■ あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンスを開催します

【日時】 3月23日(火) 13:30〜14:30
【会場】 菊野台地域福祉センター 菊野台コーナー
【申込み・問合せ】 042-481-6500 青木 

【日時】 4月17日(土) 10:30〜11:30
【会場】 染地地域福祉センター 染地コーナー
【申込み・問合せ】 042-481-3790 渡邉 

・ご参加の際は、ご自宅での検温、マスク着用、手指の消毒にご協力ください。
・当日体調がすぐれない場合は、無理をせず参加をお控えください。


■ 看護師と一緒に 人生会議をしよう!

自分たちの希望する医療やケアを受けるために、人生会議を始めてみませんか?
人生会議とは簡単に言うと「もしもの時の準備」とそれを大切な人と共有することです。自分がどう生きたいのか、何を大切にしたいのか、こういった問題を一人で考えるのは意外と難しいものです。また、家族とこのような話し合いをしても「縁起でもない!」と敬遠された経験がおありかもしれません。
今回の会では、人生会議が大切だと思うことを看護師からの視点からお話させていただき人生会議を実際に進めて「きっかけ」を持ち帰っていただきたいと思っております。「私のたいせつなこと」ノートを使って自分のことを見つめなおし、自分らしい 最期の迎え方(=自分らしい生き方)を考えるきっかけにしてみませんか?
【日 時】4月13日(火)10:00〜12:00
【場 所】調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
【費 用】1000円(私に大切なことノート代含む) 2回目以降300円
【対 象】おおむね65歳以上の方
【定 員】先着3名程度(密にならないように少人数で行います)
【問合せ】高齢者支援ボランティア セルフエスティーム 新海智子
     080-5002-9289 Mail:kikuhito2020@gamil.com


■ 「憲法ひろば」例会のご案内

@福島第一原発事故から10年を迎えて気候危機と原発再稼働 (お話:増田善信さん)
【日 時】3月20日(土)13:30〜【場 所】たづくり1001室(市役所となり)
【費 用】参加費300円 【主 催】調布九条の会 憲法ひろば choufu9jou@yahoo.co.jp

A外環道陥没・空洞と憲法 安全に住み、生活する権利 
(報告:菊池春代・野村羊子・三木一彦さん コーディネーター:丸山重威さん)
【日 時】4月10日(土)13:30〜【場 所】調布市市民プラザあくろす ホール
【費 用】参加費300円【主 催】調布九条の会 憲法ひろば choufu9jou@yahoo.co.jp


■ 10筋木曜会 メンバー募集!

10年後も変わらず生活するために、一緒に体を動かしましょう!椅子を使った10種類の
体操です。スタートしたばかりのグループです。今は初級(1〜4まで)を行っています。
【日 時】毎週木曜日10:00〜11:00
【場 所】菊野台地域福祉センター 第1集会室【費 用】無料
【対 象】おおむね65歳以上の方
【問合せ】菊野台コーナー 青木 042−481−6500


ご寄付ありがとうごいました

売上金は、調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成するえんがわファンドの原資として活用されます!

通常切手・記念切手類  48,330円
書き損じはがき     68,330円
使用済みカード      1,250円
外国コイン       83,100円
その他           300円
合計    20,1310円

今年は、昨年を上回る売り上げとなりました。たくさんの方に支えられ、活動が広がっていきますう。いつもありがとうございます!





postyayoi.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


少しラクになる方法
小島町コーナー

ウィズ・コロナ時代を生きていく私達は、これから、より『折れない心』が求められるでしょう。心の中が無力感でいっぱいになると活力が
無くなる → 気持ちが沈む → 体も動かなくなってしまう…。

この状況が続くと病気になってしまうこともあるそうなので注意が必要です。無力感に苛まれた時は自分を責めないこと。どんな些細なことでもいいので、その日、自分が出来たことを数えてみると良いそうです。

例えば…
よく噛んでご飯を食べた、スマホを見るのを30分我慢した、離れて暮らす家族に電話した、スクワットを50回やった。

自分を励ましてあげることも心掛けてみましょう。頑張って歩いたね!仕事踏ん張ったね!今日も自分らしく生きられた!ちゃんとしなくても大丈夫!大丈夫!気持ちが少し軽くなる行動を取り入れてみませんか?ちょっと先の未来のために、少しだけ力を抜いて。

明日もよい一日になりますように。

relax.png
            
(あさみ)


食料品のご寄付、ご協力ありがとうございました!
西部コーナー

『フードバンク調布冬休み★子ども元気プロジェクト』、『学生応援‼フードパントリー調布』、西部コーナーの回収BOXは、皆様が持ち寄って下さった沢山の食料品でいっぱいになりました。
12月中旬フードバンクからひとり親のご家族269世帯に届いた食料品の段ボール箱、「サンタクロースからのプレゼントだ!」と大喜びしたお子さんがいらしたそうです。

2月6日に総合福祉センターで開催されたパントリーでは、事前予約された市内在学、在住の学生50名に食料品をお渡ししました。「コロナ禍、バイトが無くなり困っていました。助かりました」、「一人暮らしで地方の家族にも会えず、人の温かさを感じ嬉しかった」と感謝の声が沢山届いたそうです。食料品受け取りをきっかけに社協には相談の窓口があることをお知らせ出来ました。

チラシ100枚以上も持って帰って周知して下さった方、電話やラインでお友達に連絡して下さった方、ポスターはもっと大きな文字で目立つように手書きにしたらとアドバイスを下さった方、食料品の寄付以外のご協力も頂きました。

「TVで見て、食料品を寄付したいと思っていた。でも遠いと届けられない。コーナーで集めてくれてありがとう!」と逆にお礼を言われることもありました。地域の方々に近いコーナーならではの喜びを感じることが出来ました。ご寄付頂いた皆様、応援して下さった皆様、本当に有難うございました。

food.png
           
(わくい)


nogaya.png

ス路線が減便になってしまい、

スタッフは「地域交通ふれあい号」の活動に助けられ開所しています。

土曜日だけですが、前もってお願いすれば、

野ヶ谷の郷スタッフだけでなく、利用者さんも乗せていただけます。

ふれあい号のボランティアさんに元気をいただき、

私達もつかれを忘れます。

支えあいが生まれる場所です。

bus.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第175号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

えんがわだより2021年2月号 No.174「地域を支える、福祉有償運送」

174 February.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitter☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
地域を支える、福祉有償運送

★お知らせ・ボランティア・寄付
「お家でボランティア」「福祉有償運送」「愛着のある制服をバトンタッチ!制服の寄付」など

★市民活動支援センターからの発信
「手をつないだ20年」「中高生を応援しよう!」「笑顔でお逢いできる日を楽しみに」


えんがわだよりNo.174(8.44MB).pdf





地域を支える、福祉有償運送
夢を乗せて走り続ける、心を運ぶボランティア
1top_riji.jpg
「地域の人々が互いに助け合い、支え合って豊かな実りある生活が送れるように」を合言葉に、公共の交通機関の利用が困難な方の外出を、地域住民による支え合いによって支援し、車イス移動車での会員制の福祉有償運送サービスを行う、特定非営活動利法人「調布ハンディキャブ」の理事、中島健二さんに地域の支援の輪、運転ボランティアを始めたきっかけ、輝く魅力についてお話を伺いました。

温かな支援や協力に感謝
私たちの団体は、調布市、調布市社会福祉協議会からの補助金、助成金、市内法人、個人からの賛助会費や寄付金、利用会員の年会費、利用料金などで運営しています。
車両は各種福祉団体などの寄贈を受け、全てリフトまたはスロープを備え、車イスのまま乗降可能な福祉車両を4台揃えています。運転しているのは研修を受けたボランティアの人たちです。利用料はタクシー料金の概ね半額に設定しています。
「福祉の町 調布」の一翼を担い、これからの高齢社会の進行により、この活動の必要性は今後更に増すと思われます。NPOとして、調布市民の役に立つ、意義深い市民活動だと考えています。安全、安心、便利な福祉運送を行い、未来の利用者のためにも私たちは走り続けます。

2kensyu.jpg
団体内研修

3kensyu.jpg

地域で支える、豊かな生活
調布市在住で、公共の交通機関を単独で利用することが難しい方
(各種障害者手帳所持者、要介護・要支援認定者)の外出を支援しています。例えば、レジャーや買い物、通学、病気の治療やリハビリのための通院など制約はありません。

4kizou.png

幸せな気持ちになる理由
前職で訪問介護事業所、有料老人ホームの営繕業務(送迎含む)に従事し、同ホームを定年退職した後、市報で運転ボランティアを知り応募したのがきっかけで、2013年4月から活動を始めました。調布ハンディキャブの楽しい仲間と一緒に運転ボランティアとして誠実に外出移動のお手伝いをしながら、やりがいのある充実した日々を過ごしています。
利用者とボランティア仲間と地域で共に笑い福を呼び込む活動です。

6car.jpg
原則、付き添いの方が同乗することが利用条件です
7car.jpg
8car.jpg

嬉しい言葉で元気いっぱい
送迎目的地に到着した時に、利用者から「ありがとうございました。お気をつけてハンディキャブ事務局へお帰りください」とねぎらいの言葉を掛けていただくとモチベーションが上がります。また、「このサービスのおかげで、安価に移動できて、とても助かっています」と感謝されたり「安全な運転で、安心して今後もまたお願いできますね」と運転技術をお褒めいただいたりすると、元気が出て、心が熱くなります。

9noa.jpg
24時間テレビから寄贈された「ノア」

運転者、利用者、募集中!
今から42年前の1979年に調布市が福祉事務所で開始した事業が調布市社会福祉協議会に業務委託されました。その後、事業遂行上、法人格が必要となり、2006年に、特定非営利活動法人 調布ハンディキャブが設立され、現在まで続くサービスです。
ボランティアを通じて人と出会い、仲間ができ、経験、技術を身につけ、相手にも自分にもプラスになる、魅力ある市民活動です。
多くの方が運転ボランティアに協力することを期待しています。

富士見コーナー 岡澤


団体を応援、協力したい方、福祉有償運送サービスを利用したい方、詳細は下記連絡先へお問い合わせください。
福祉有償運送サービス 国土交通省許可 関東福第100号
〒182-0033  調布市富士見町3−15−14 さわハイツ101
☎ 042−440−3860 FAX 042−446−3856
メール chc@jcom.home.ne.jp ホームページ http://chc.sakura.ne.jp/

5riji.jpg

わずかですが謝礼金を差し上げます。
空いた時間、スキマ時間に、ご協力お願いします。

【資格】 要普通運転免許 30歳〜73歳 (定年75歳) 
過去2年間に免許停止処分を受けていない方。

福祉有償運送に必要な資格講座費用(2日間)は
当法人で全額負担します。
終了証授与で福祉有償運送の資格が得られます。






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ・ボランティア・寄付募集

ouchi.jpg
市民活動支援センターでは、コロナ禍において自宅でもできるボランティア活動を提案しています。
お家でできる活動から、まずは始めてみませんか?

@子ども家庭支援センターで使用するウエスを切ってくださる方募集!
子ども達が施設内で安全に過ごすための消毒用ウエスです。
[ウエス]15p×15p程度
【詳細・問合せ】市民活動支援センター 042-443-1220
ウエスとは使い捨て雑巾のことです

A高齢者施設で使用する清拭を縫ってくださる方募集!
【詳細問合せ】染地コーナー 渡邉 042-481-3790

資材のタオル類はお渡しできます

未使用のタオル、ウエスのご寄付も大募集です!
【受付】市民プラザあくろす市民活動支援センター
小島町コーナー・染地コーナー・富士見コーナー・菊野台コーナー
 西部コーナー・緑ヶ丘コーナー

B子ども達へ手作りマスクをプレゼント!
児童養護施設へ手作りマスクを送付する支援活動をしています。
感染症対策で、まだまだマスクは必要とされています。
ご希望の方には、マスクの型紙、資材(マスクキット)をお渡しします。
【詳細・問合せ】市民活動支援センター 上野 042-443-1220

Cフィリピンの子ども達へ!日本の絵本を送ります
山岳民族アエタ族の子供たちへ、日本の絵本をプレゼント。
ご自宅にある絵本のご寄付をお願いします。
子どもたちは、現地のボランティアから英語を学んでいます。
日本語で書いてあるお話を、英訳してくださる方も募集中!
【詳細・問合せ】市民活動支援センター 上野 042-443-1220


■ 調布ハンディキャブ ボランティア募集

調布ハンディキャブとは?
国土交通省・東京運輸支局の許可を受け、調布市および調布市社会福祉協議会の指導・支援のもと調布市で運行サービスを実施しています。

ボランティア内容
公共の交通機関の利用が困難な方に運転協力者が車両を運転し、外出を支援する地域住民による支えあいの活動です。現在、17名のボランティアの方々(50〜70代)が空いている時間に活動しています。
普通自動車運転免許が必要です。(過去2年に免許停止処分を受けていない方)
福祉有償運送に必要な資格講座費用(2日間)は当法人で全額負担します。
わずかですが謝礼を差し上げています。

お問合せ 042-440-3860
NPO調布ハンディキャブ事務局 富士見町3-15-14さわハイツ101


■ 高校1年男子生徒の送迎ボランティア募集

ボランティア内容
「府中けやきの森学園」に通学する男子生徒を、最寄り駅から学校まで送るボランティア活動です。
飛田給駅から「府中けやきの森学園」までの送迎。1回20分程度の活動。
(月)〜(金)8時15分に飛田給駅お迎え。 1週間に1回の活動も可能。

【送迎先】府中けやきの森学園(府中市朝日町3-14-1)
初回は職員が同行して体験送迎から始めます。

お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 佐藤  


■ あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンスを開催します

【日時】 2月16日(火)10:00〜11:00
【会場】 市民活動支援センター
【申込み・問合せ】042-443-1220 上野

【日時】 3月23日(火)13:30〜14:30
【会場】 菊野台地域福祉センター 菊野台コーナー
【申込み・問合せ】042-481-6500 青木(火・木・土9:00〜17:00)

・ご参加の際は、ご自宅での検温、マスク着用、手指の消毒にご協力ください。
・当日体調がすぐれない場合は、無理をせず参加をお控えください。

事前にお電話にてお問合せ・お申込をお願いします


■ 農園サロン ののはな 新規参加者募集

土いじりに興味のある方いませんか?
毎週楽しく交流しながら、農作物を育てています。
【日時】毎週火曜日(雨天中止) 9:00〜11:00
【場所】西つつじヶ丘3-4の畑
年齢問わず誰でも 初心者大歓迎!
見学や参加をご希望の際はお問い合わせください。
調布市社会福祉協議会ひだまりサロン担当 ☎042-481-7693


■ 愛着のある制服をバトンタッチ!制服のご寄付をお待ちしています

愛着のある制服のバトンタッチ!制服リユースショップさくらや調布店では、学生服、学用品のご寄付を受付けています。集まった学生服は、必要なお子さんに安価でお譲りし、売上を子育て支援等に活用されています。
【対象の制服】卒園・卒業〜5年以内の幼稚園・保育園・こども園・小学校
       中学校・高校の学生服
※破損、リメイクされたもの、カビ、虫食いがあるもの、仕様変更された園・学校のものは受付できません。
【受付先】市民プラザあくろす市民活動支援センター
     総合福祉センター1階 


ご寄付ありがとうございました
市民活動支援センター及び各コーナーでご案内していた「学生応援!!フードパントリー調布」が2月6日(土)に総合福祉センターで開催されました。当日は、事前予約された市内在学・在住の学生50名に、ご寄付いただいた食料品をお渡ししました。
学生達からは「一人暮らしで家族にも会えず過ごしている中で、人の温かさを感じることができてうれしかった」や「アルバイトが全くできず、困っていたためとても助かりました」といった感謝の声をたくさんいただいたそうです。
コロナ禍で、学生の生活環境も大きく変わり、日々の食事にまで影響は及んでいます。今回、未来を担う調布の学生支援に立ち上がった「学生応援フードパントリー調布実行委員会」の方々はもちろん、ご寄付にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

皆様のご協力のもと、2070個の食料品が集まりました。
food.jpg






postkisaragi.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


手をつないだ20年
小島町コーナー

小島町コーナーで受ける相談の中に、特別支援学校に通う児童・生徒たちの送迎依頼があります。朝の登校時の送迎だったり、放課後、学校から、放課後等デイサービスまでの送迎だったり…。

最初にこの相談を受けたのは、20年ほど前のことになりますが、今でも大勢のボランティアの方に支えていただいています。この活動を、ずっと20年間支え続けていただいている方がいらっしゃいます。

長く活動をしていると、最初の頃、送迎していた当時の小学生も、すでに社会人。大人になった彼らから、街中で『○〇さ〜ん‼』と声をかけられることも多いそうです。『外孫がたくさんできた』と、いつも嬉しそうにお話ししてくださいます。「調布の子どもはみんなで育てる」という思いなのでしょうか。みんなのお母さんのような方です。

外孫(笑)も通う作業所の通信には、「メンバーの安定を支えてくれる人」として、載っていました。
調布には素敵な方がたくさんいらっしゃいます。また、ご紹介していきたいです。

hs01.png
              
(さとう)


中高生を応援しよう!
市民活動支援センター(あくろす)

市民活動支援センターは、ボランティアを含む多様な市民活動を推進・支援するために設置された施設で、様々な相談をお受けしているほか、最大80名ほどが無料で利用できる活動スペース「はばたき」を備えています。そのため、日ごろから多くの団体や個人の方々の活動場所としてご利用いただいていますが、スペースの一部(現在は6席)は、自習を目的とした中高生にも開放しています。

しかしながら、特に受験シーズン前になると、少ない座席の争奪戦が繰り広げられ、泣く泣く利用をお断りすることも少なくありません。中高生からも「市内に勉強できる場所がない」と言われることもあり、「落ち着いて勉強できる場所は見つかったのかな」と心配になります。お断りする際はいつも断腸の思いです。

コロナの影響もあり、今まで以上にカフェやファミレス、ファストフード店等で勉強ができなくなっていることを考えると、安心して勉強できる場所は限られ、不足しているのかもしれません。

市民活動支援センターは自習をするための施設ではないため、スペースを増やすことは難しいですが、皆さんの知恵や力を借りて、中高生を応援することはできるかもしれないと考えています。センター主催の「えんがわフェスタ」(2/27開催)では、実際に皆さんと考える場を設けることになりました。詳細はHPでご案内中です。ぜひ一緒に考えましょう。

hs02.png
                         
(いけだ)


nogaya.png

ァイト」って唄いながら、

こぶしを小さく上にあげてみる。

トンネルはいつぬけだせるのでしょう・・・・。

申し訳ありませんが、2月17日までお休みの予定です。

もう少しの我慢ですね。

笑顔でお逢いできる日を楽しみにしましょう。

egao.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第174号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

えんがわだより2021年1月号 No.173「まちの『えんがわ』をめざして」

173 january.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitter☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
まちの「えんがわ」をめざして

★お知らせ・ボランティア・寄付
「市内小学校の消毒・清掃ボランティア」「ボランティアガイダンス」「「学生応援フードパントリー調布」への寄付のお願い」など

★市民活動支援センターからの発信
「遊び心(ゆとり)を大切に」「継続のちから」「出逢いふれあい支えあい」


えんがわだよりNo.173.pdf(7.39MB)





title.jpg

昨年11 月に実施しました利用者アンケートにご協力いただき、誠にありがとうございました。
おかげさまで、182 名の方にご回答いただき、貴重なご意見を聴くことができました。ご回答いただいた皆さんからは、「はばたき」が心地良い場所であり、仲間との活動や学びにおいて充実感を得られるなど、ありがたい声をたくさんいただきました。センターで過ごす時間や交流をとても大切にしてくださっていることが感じられ、私達も嬉しい気持ちになりました。
また、センターの課題や、その解決につながるアイデアやヒントもたくさんいただくことができました。ある学生さんのご要望から、消しゴムカス専用のゴミ箱を窓口に用意してみました。実際に消しカスが入っているのを見た時は、消しカスが宝物に見え、心が温まりました。皆さんも良かったら使ってくださいね!
この他にも、少しずつ改善を始めていますが、反応をいただくと、私たちも嬉しい気持ちになり一層やりがいを感じます。これからもセンターに関わる皆さんが喜び合える快適な場所にできるよう、努めたいと思います。

(利用者アンケート担当:鈴木)


アンケート中間報告!
※詳細は後日HPや館内掲示でご案内します

graph01.jpg

graph02.jpg

graph03.jpg

graph04.jpg

・どんな相談ができるか、 よく分からない
 相談できる機能の案内があれば分かりやすい

・印刷機と紙折り機を近くに置いてほしい

・職員の机が、 こちら向けになっていると気づいてもらえていいな、 と思う

・時計を増やして欲しい!

・えんがわだよりを知らなかった!
 えんがわだよりに興味ない・・・

・掲示物がカテゴリー別に分類されていれば見やすいと思う

・そもそも対面相談は気が引けるのでメールやLINE相談から入りたい人も多いかも


kaizen.png

kai01.jpg
センターの機能について入り口に掲示しました!

kai02.jpg
館内利用のご案内についてお知らせしています

kai03.jpg
自習スペース脇に時計を増やしました!

kai04.jpg
受け付けに消しゴムカスのゴミ箱を設置しました!

kai05.jpg
受付職員の座席を整理しました!


yotei.png

その1
yo01.jpg
リソグラフ印刷機は倉庫2へお引越し
紙折り機の隣でご利用できるようになります


その2
えんがわだよりの周知(モニター募集)

市民活動支援センターの機関紙えんがわだよりを一緒に創っていただけるモニターさんを募集します!

【活動内容】
月一回のモニター会議に参加いただき、スタッフと一緒にアイディア出しを行います

【活動期間】
R3年3月 〜 R3年12月まで(予定)
※新型コロナウイルス感染症の影響によって変更となる場合があります

【お問合せ・詳細】
042-443-1220
市民活動支援センター


その3
スタッフに話しかけやすい仕組みづくり


相談したいことがあっても、 スタッフに話しかけづらい・ ・というご意見がありました。
反省です。 そこで!私たちとご利用されるみなさんが、 自然に交流できる仕組みや企画を検討します!もちろん、 メールやLINEなどでも相談できます!

スタッフからも積極的にコミュニケーションをとります!
ik06.png
スタッフ池田


その4
掲示物を見やすく!


チラシや資料の分類を整理します
掲示方法を工夫して、 欲しい情報を探しやすい掲示にします



「えんがわだより」を手に取ってくださった皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年11月に実施いたしました「利用者アンケート」では、多くの皆様にご協力を賜り、心からお礼申し上げます。皆様からいただいたご意見の中で、少しでもセンターの利用がしやすくなるように、すぐに取り組めるものから順次改善を進めてまいります。今後もセンターが皆様にとって、より良いまちの「えんがわ」となれるよう、ご意見、ご要望等を遠慮なくお伝えください。

新型コロナウイルスの感染拡大も歯止めがかからず、緊急事態宣言も発出されました。従来ご協力いただいている感染拡大防止の内容に加えて、当センターも夜7時までの時短開館となり、ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

tk00.png
市民活動支援センター
センター長 木 直






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ・ボランティア・寄付募集


■ 調布ハンディキャブ ボランティア募集

調布ハンディキャブとは?
国土交通省・東京運輸支局の許可を受け、調布市および調布市社会福祉協議会の指導・支援のもと調布市で運行サービスを実施しています。

ボランティア内容
公共の交通機関の利用が困難な方に運転協力者が車両を運転し、外出を支援する地域住民による支えあいの活動です。現在、17名のボランティアの方々(50〜70代)が空いている時間に活動しています。
普通自動車運転免許が必要です。(過去2年に免許停止処分を受けていない方)
福祉有償運送に必要な資格講座費用(2日間)は当法人で全額負担します。
わずかですが謝礼を差し上げています。

お問合せ 042-440-3860
NPO調布ハンディキャブ事務局 富士見町3-15-14さわハイツ101


■ 市内小学校の消毒・清掃ボランティア募集中!

ボランティア内容
市内小学校 校内の蛇口や手すりなどのアルコール消毒作業が主になります
【活動場所】調布市立第三小学校 調布市上石原2丁目19−13
【活動日】週1回 1時間程度 平日(月-金)の15:00〜 ※基本、児童の下校後になります
【募集人数】1〜2名を予定しています

お問合せ 042-485-1251 第三小学校副校長 黒木美穂
メール chofu-3sho-gakosien@chofu-schools.jp 地域学校支援協働本部 塚松宛


■ 高校1年男子生徒の送迎ボランティア募集

ボランティア内容
「府中けやきの森学園」に通学する男子生徒を、最寄り駅から学校まで送るボランティア活動です。
飛田給駅から「府中けやきの森学園」までの送迎。1回20分程度の活動。
(月)〜(金)8時15分に飛田給駅お迎え。 1週間に1回の活動も可能。

【送迎先】府中けやきの森学園(府中市朝日町3-14-1)
初回は職員が同行して体験送迎から始めます。

お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 佐藤  


■ 調布市赤十字奉仕団 赤十字ボランティア募集

赤十字奉仕団とは?
赤十字奉仕団は、赤十字の「人道・博愛」の精神に基づき、明るく住みよい社会を築き上げていくために奉仕することを目的にしています。

ボランティア内容
献血のお手伝いや、防災訓練での炊き出し、施設へ提供する雑巾等の裁縫、青少年の救急法講習のお手伝い、刊行物の編集など、様々な活
動をしています。赤十字ボランティアとして、自分に合った活動を見つけてみませんか?

お問合せ 042-481-7101
調布市福祉健康部福祉総務課地域福祉係
(調布市赤十字奉仕団事務局) 

vo01.jpg


■ あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンスを開催します

【日時】 1月23日(土)14:00〜15:00
【会場】 西部地域福祉センター西部コーナー
【申込み・問合せ】042-426-4335 (涌井)

【日時】 2月16日(火)10:00〜11:00
【会場】 市民活動支援センター
【申込み・問合せ】042-443-1220 (上野)
    
・ご参加の際は、ご自宅での検温、マスク着用、手指の消毒にご協力ください。
・当日体調がすぐれない場合は、無理をせず参加をお控えください。

事前にお電話にてお問合せ・お申込をお願いします


■ 学習会 調布九条の会『憲法ひろば』

調布『憲法ひろば』第163回(2月)例会  菅政権下の新しい情勢と九条の会のこれから
お話:小森陽一さん (九条の会事務局長)

【日時】 令和3年2月7日(日)13:30
【会場】 調布市市民プラザあくろす あくろすホール
【費用】 参加費300円
【問合せ】042-487-7710 石川


■ 「学生応援フードパントリー調布」への寄付のお願い

コロナ禍で学生も大変な状況に直面しているなか、その影響を受けている調布市在住・在学の専門学生、大学生、大学院生を対象にフードパントリーを実施いたします。

食品の寄付によるご支援をお待ちしています
未開封で賞味期限が1ヶ月以上ある常温保存食品
(注)米以外の生鮮食品・酒類・サプリメント・冷蔵・冷凍食品の受付はしておりません。

【受付期間】 1月14日(木)〜2月1日(月)
【受付場所】
・市民活動支援センター 国領町2-5-15コクティー2階 (042-443-1220)
・菊野台コーナー    菊野台1-38-1 (042-481-6500)
・富士見コーナー    富士見町4-15-6 (042-481-8719)
・染地コーナー     染地3-3-1 (042-481-3790)
・緑ヶ丘コーナー    緑ヶ丘2-18-49 (03-3326-4088)
・西部コーナー     上石原2-15-6 (042-426-4335)

【主 催】学生応援フードパントリー調布実行委員会
【問合せ】
社会福祉法人調布市社会福祉協議会 地域福祉推進課 地域福祉係 地域支援担当
〒182-0026 小島町2-47-1総合福祉センター1階
✉ chofu-co@ccsw.or.jp ☎ 042-481-7693(平日8:30〜17:30)


■ 未使用のタオル、清掃用ウエスのご寄付をお待ちしています

高齢者施設・児童館・障がい者施設などへ清拭用タオル・ぞうきん用タオルの寄付を募集しています。
小島町コーナー・菊野台コーナー・富士見コーナー・染地コーナー・緑ヶ丘コーナー・西部コーナー
各コーナーにて受付をしています。

子ども家庭支援センターすこやかへ清掃用ウエスの寄付を募集しています
15p×15pのサイズにカットをお願いします。市民活動支援センターで受付をしています。





postmutsuki.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


遊び心(ゆとり)を大切に
市民活動支援センター(あくろす)

コロナ禍での新年、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
忘年会や新年会も行うことができず、帰省することもままならない状況で、多かれ、少なかれ様々なストレスを抱えてお過ごしのことと思います。

そのような状況の中、皆様、自分の心の中のゆとりをなくしていませんか?
学生のころから続けている地域でのレクリエーション支援の大先輩(故人)から、「車のハンドルに遊びが必要なように、人生にも遊び(ゆとり)は必要だ。」という言葉を当時いただきました。

今、皆様の中に遊び心(ゆとり)は、ありますか?レクリエーションの仲間達とオンラインで、「一文字漢字創作ゲーム」をやっています。
例えば、「デート」を一文字の漢字で表すと「人♡人」(これを一文字と見ます)となります。もちろん、他の書き方もありますが…。
では、「サイクリング」「ウーバーイーツ」の一文字漢字の創作してみませんか?
他のカタカナ言葉でも一文字漢字をぜひ考えてみてください。こんな遊び心も大切にしたいですね。面白い一文字ができたらぜひ教えてください。

pic01.png
              
(たかぎ)


継続のちから
市民活動支援センター(あくろす)

心あらたな気持ちになる1月です。新しいことを始めたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
市民活動支援センター、各地域のブランチでは様々な物品の「寄付」を長年皆さまにお願いしています。
ここで、あらためてご紹介致します。

使用済み切手、書き損じの葉書、使用済みプリペイドカード(テレフォンカード等)、外国コイン、不要の入れ歯、については、市民活動支援センターで回収し、専門業者で換金され、調布市のボランティア、市民活動団体への助成金の原資となっています。

他にも市民活動団体による寄付品の回収として、食品(未開封賞味期限が1ヶ月以上の食品)、使用済のわりばし(ゴミの削減にも貢献)、未使用タオル、ベルマーク、清潔な布で作った15p×15pのウエス、不要の学生服、等もあります。

捨ててしまえばそれまでですが、ご寄付頂くことで誰かの役にたつ立派なボランティアです。小さなボランティア始めてみませんか。

pic02.png
                         
(なりた)


nogaya.png

れやかな気持ちではありませんが、

2021年をむかえました。

楽しい場、いこいの場でありたいと願いながら、

ソーシャルディスタンスを守りながら、

いつも変らない、

出逢いふれあい支えあい

野ヶ谷の郷です。

また皆さまにお会いできる日を楽しみにしています。

pic03.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第173号に掲載しています)
posted by スタッフ at 15:40| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

えんがわだより2020年11・12月号 No.172「聞いてる? それとも 聴いてる?」

172 november.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitterはじめました!☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
聞いてる? それとも 聴いてる?
思いやりを持って聴く力

★お知らせ・ボランティア・寄付
「初めてのスマホ体験」「送迎ボランティア」「石油ストーブ・石油ファンヒーターの寄付」など

★2020年度えんがわファンド
助成先団体決定‼

★市民活動支援センターからの発信
「じぶんにやさしく」「ホッとできる居場所」「心やすまる場所」


えんがわだよりNo.172.pdf(7.00MB)




10月2日・9日、西部公民館主催の「傾聴入門講座〜温かな聴き手を目指して〜」を受講しました。講師:澤村直樹氏
title.png
職場で、家庭で、地域で、より良いコミュニケーションに欠かせない
「思いやりを持って聴く力」


コロナ禍のSTAY HOMEで、配偶者やお子さんと過ごす時間が増え、コミュニケーションの頻度や時間が増えた方も多いのではないでしょうか。一緒に過ごす時間が増えて嬉しいこともあれば、身近な存在だからこそ些細なことでぶつかってしまうことがあるかもしれません。頭では分かっているのに難しい「傾聴」について、基本のエッセンスをわかりやすく教えていただきました。


傾聴とは?

傾聴とは、相手の話したいことに対して深く丁寧に耳を傾け、相手に肯定的な関心を寄せ、内容の真意をはっきりとさせながら、共感的理解を示すコミュニケーションの技法です。
pic4,5.png


良い聴き手の3条件【受容】【共感】【関心】

juyo.png
自分の価値観ではなく、ありのまま相手を受けとめる姿勢
感じ方や考え方は人それぞれ違うということを意識して、まずは相手の話を受けとめるようにすると安心感が生まれ、『心地よく語る』ことができます。

kyokan.png
共に感じようとする姿勢
「大変でしたね」「悲しかったのですね」と話し手の言葉を繰り返すことで、共感してくれていると感じ、「うんうん」「そうですよねぇ」等のあいづちやうなずきは、話を聴いてもらえている安心感を生み出します。 共感してもらうことで、話して良かったという満足感にもつながります。

kanshin.png
興味を持って関わる姿勢
気持ちの入ったあいづち+質問により、話し手の気持ちを汲み取ることができます。話し手は、話の内容そのものではなく、自分の気持ちに関心を持って聴いてもらいたいのです。

そして「傾聴」で大切にしたいことがもう1つ。
話し手のペースに合わせることです。同じ速度で相手の歩調に合わせることが大事。
ペーシングと呼ばれています。
pic06.png



傾聴が生む温かな雰囲気

澤村先生の穏やかな口調、皆さんへの気遣いの言葉で、会場には温かい雰囲気が広がっていたせいでしょうか。グループワークでは初めて会った人とも自由に発言でき、講座終了時には質問も次々と出ました。講座のサブタイトル『温かな聴き手』を先生ご自身が示して下さっていると感じられる素敵な雰囲気でした。
良い聴き手になるためには、話し手が笑顔で話せるように思いやりを持った姿勢や雰囲気で話を聴くことが大切です。話を聴いていると、つい自分の言いたいことから先に言いたくなりますが、否定的な返事や反応があると話したい気持ちがなくなってしまいます。受けとめてくれているという安心感があってこそ「この人に話したい」という気持ちになります。
「受けとめてくれている=自分を大切にしてくれている」傾聴は「会話における思いやりの心」。講座でのグループワークの目標は「全員が心地よく語れる。全員が笑顔で終れるように」でした。

pic07.png


市民活動支援センター(各コーナー)でお待ちしています

市民活動支援センター及び各コーナーでは、ボランティアの相談や市民活動の相談はもちろん。いろいろな方がお見えになり、様々なお話をうかがっています。今回の講座で教えていただいたことを大切に、私たちコーディネーターは、皆さんが安心してお話しできる雰囲気づくりや、また訪れたいと思っていただけるような「温かな聴き手」を目指して、皆さんをお待ちしています。

市民活動支援センター西部コーナー 涌井


澤村先生よりコメントをいただきました

「現在は福祉や医療の現場で注目される傾聴ですが、実は傾聴には毎日の会話を穏やかにしていくためのヒントがたくさん詰まっています。否定でも肯定でもなく『そうなんだ』と受けとめる傾聴の心を、ぜひ身近な方との会話に活用してみてください」

pic09.png

講師紹介 澤村直樹氏
アクティヴリッスン代表 http://active-listen.net/
NHK学園「傾聴講座」の総監修などを務めている






「2020年度えんがわファンド」助成先団体決定‼

調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラム『えんがわファンド』の 助成先団体が決定しました。
9月17日に選考委員会を開催し、選考を行った結果、4つの団体(新規3団体)に助成金の交付が決定しました。

西部うたごえ広場の会
高齢者の孤独化防止と集いの場づくりを目的に音楽療法の手法を取り入れて活動しています。

調布ひきこもり家族会「やまぼうし」
ひきこもりで悩む当事者や家族が、何でも話し学べる場を提供し、安心して生活できることを目的に活動しています。

Withgrow
調布に縁の深い若年世代のメンバーが、YouTubeを活用して調布のまちを盛り上げる動画づくりを行って情報発信しています。

ミューズ
障がいのある子どもたちが市の制度(音楽療法)卒業後、活動の場を提供しながら、地域との関わりづくりを行っています。


えんがわファンドとは
えんがわファンドは、調布のまちが暮らしやすくなるための活動や、社会の課題を解決するための活動、先進的な活動などをしている調布のボランティアグループ・市民活動団体等へ助成しています。
このファンドをきっかけに、助成団体が新しい活動にチャレンジすること、他の団体と出会い新たなつながりが生まれることを意図しています。

サポーター会員募集中
サポーター会員になるには
年額:1口3,000円
サポーター会員が得られる6つの特典
・年に1度開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます
・機関紙「えんがわだより」が毎月1回届きます
・センターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%offになります
・センター内にあるフリースペース「はばたき」が2か月前から予約できます
・センター内にあるサポーター会員専用の広報スペースが使用できます
・ボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ・ボランティア・寄付募集


■ 調布ハンディキャブ ボランティア募集

調布ハンディキャブとは?
国土交通省・東京運輸支局の許可を受け、調布市および調布市社会福祉協議会の指導・支援のもと調布市で運行サービスを実施しています。

ボランティア内容
公共の交通機関の利用が困難な方に運転協力者が車両を運転し、外出を支援する地域住民による支えあいの活動です。現在、17名のボランティアの方々(50〜70代)が空いている時間に活動しています。
普通自動車運転免許が必要です。(過去2年に免許停止処分を受けていない方)
福祉有償運送に必要な資格講座費用(2日間)は当法人で全額負担します。
わずかですが謝礼を差し上げています。

お問合せ 042-440-3860
NPO調布ハンディキャブ事務局 富士見町3-15-14さわハイツ101


■ 高校1年男子生徒の送迎ボランティア募集

ボランティア内容
「府中けやきの森学園」に通学する男子生徒を、最寄り駅から学校まで送るボランティア活動です。
飛田給駅から「府中けやきの森学園」までの送迎。1回20分程度の活動。
(月)〜(金) 8時15分に飛田給駅お迎え。1週間に1回の活動も可能。
【送迎先】府中けやきの森学園(府中市朝日町3-14-1)    
初回は職員が同行して体験送迎から始めます。

お問合せ 042-481-7695 小島町コーナー 佐藤 


■ 「グループたんぽぽ」メンバー募集中

寄付されたタオルで、手縫いの雑巾を一緒に縫いませんか? 初心者でも、運針の基本から、学べます。

ボランティア内容
縫製ボランティア・手縫いで雑巾を作成します。ご自宅での検温とマスク着用でお参加ください。
活動日 毎月第1・第3土曜日 10:00〜12:00
活動場所 緑ヶ丘地域福祉センター緑ヶ丘コーナー (緑ヶ丘2-18-49)

お問合せ 緑ヶ丘コーナー(火・木・土) 03-3326-4088 


■ さわって覚える「初めてのスマホ体験」!

スマホを持っている人、いない人、どなたでも使えるように、楽しく、わかりやすくお教えします。
スマホの基本的な機能の使い方〜さらにもう一つステップアップしてみましょう。
【日時】1回目:令和3年1月16日(土) 1回目:1月30日(土) いずれも10時〜12時  
【会場】緑ヶ丘地域福祉センター 大集会室  
【対象】スマホをもっと使いこなしたいという初心者
    スマホをお持ちでない方でもこちらでご用意します。  
【定員】先着20人   
【問合せ】緑ヶ丘コーナー 折原(火・木・土) TEL/FAX 03-3326-4088 
     ※申込開始 令和3年1月5日から お電話またはFAXでお申し込みください。


■ 調布九条の会『憲法ひろば』学習会の開催

『学術会議会員任命拒否問題』田崎耕次さん(元共同通信科学部長)
【日時】 令和2年12月5日(土)13:30〜16:00
【会場】 調布市文化会館たづくり8階映像シアター
【定員】 先着50名
【費用】 参加費300円
【問合せ】042-487-7710 石川


■ こんぺいとう子育てひろば、やってます!

子育て中の親子さん、遊びにきてください!3密に気を付けながら、おしゃべりして交流しましょう
【日時】毎週火曜日 午後1時半〜4時半 富士見町ふれあいの家(富士見町3-3-17)  
【対象・定員】主に0歳児〜2歳児の親子 事前申込は不要ですが、密な状況になる場合は入室を
お断りする場合があります
【費用】参加費無料
【問合せ】NPO法人 調布子育てを結ぶこんぺいとうの会 こんぺいとう子育てひろば
     Mail:hiroba@conpeitou.org


■ 未使用のタオルの寄付お待ちしています

高齢者施設・児童館・障がい者施設などに清拭用タオル、ぞうきんを寄付する活動をしています。

小島町コーナー・菊野台コーナー・富士見コーナー
染地コーナー・緑ヶ丘コーナー・西部コーナー

各コーナーにて受付をしています。


■ 石油ストーブ、石油ファンヒーターの寄付をお願いします

しばさき彩ステーションは空き家を利用した、多世代交流スペースです。
交流スペースになっている土間は冬場はとっても冷えてしまいます・・
ご不要な石油ストーブ、石油ファンヒーターがありましたら、ご寄付をお待ちしています。

12月13日(日)10:00〜15:00 ガレージセールを開催します!
ガレージセールで販売するおもちゃ、新品のタオル、食器などのご寄付大歓迎です。
手作り作品を出店されたい方もブースを用意しますのでお問合せください。
【問合せ・受付先】しばさき彩ステーション 大木 042-444-5504


■ 子ども家庭支援センターすこやかへウエスの寄付をお願いします

子ども家庭支援センターすこやかは、子育てに関する総合施設です。
子ども達が安全に遊ぶことができるように、消毒用ウエスの寄付を募集しています。
・ウエス(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)
☆約15p×15pのサイズにカットをお願いします。
☆洗濯済のバスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルに限ります。
消毒用に使用するため清潔なタオルの提供を希望しています。
【受付先】市民活動支援センター 042-443-1220 国領町2-5-15コクティー2階


■ あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンスを開催します

【日時】12月9日(水)10:00〜11:00
【会場】総合福祉センター 小島町コーナー
【問合せ】042-481-7695 (佐藤・浅見)
※事前にお電話にてお申込ください

【日時】令和3年1月23日(土)14:00〜15:00
【会場】西部地域福祉センター西部コーナー
【問合せ】042-426-4335 (涌井)
※事前にお電話にてお申込ください





postnovember.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


じぶんにやさしく 季節の変わり目
市民活動支援センター(あくろす)

すっかり秋が深まりましたね。
夜はすっかり寒くて暖房と温かい布団が欠かせません。日中は薄着で過ごせる日もありますが、寒暖差もあり体調を崩しやすい時期ですね。新型コロナウイルスに加えて、インフルエンザが流行する季節も近づいてきました。

今一度、感染症予防の対策や生活習慣の見直しをしてみませんか?
『手洗い』、『マスク着用』、『3密を避ける』・・おなじみの対策に加えて、『疲れたときは無理をせず、ゆっくり休む!』を加えてみるのがおすすめです。感染症対策の3原則は、
@持ち込まないA持ち出さないB広げないです。
体調が万全じゃないときにお休みすることは、自分の為だけじゃなくまわりの為にもなります。

今のじぶんは元気かな?じぶんにやさしく聞いて、疲れたときはおうちでゆっくり過ごしましょう♪秋は食べ物もおいしいですし!

pic10.png
              
(うえの)


ホッとできる居場所
〜コロナ禍だがらこそ気づいたボランティアする意義〜
染地コーナー

染地コーナーでは、コロナ禍で活動を再開するにあたり、感染予防対策を話し合い、活動団体の9割にあたる16団体が再開することができました。再開の判断が難しかった「染地うたごえ広場」も12月再開に向け、リハーサルまで辿りつきました。

染地コーナーの開所から24年、活動を継続してきたボランティアさんは、高齢化が進み、再開しても元気に戻ってこられるのかと気がかりでしたが、連絡をすると皆さんから「活動再開を待ってたよ〜 みんなに逢いたい!!」「施設は活動がお休みになって困ってないかしら・・」と、意欲的な声が聞かれホッとしました。

振り返れば、施設からの依頼がきっかけでスタートしたボランティア活動でしたが、ボランティアを継続する中で、出会い、つながり、仲間ができ、今では活動者にとってもホッとできる居場所になっていることをあらためて感じました。

息苦しさを感じることの多い日々でしたが、活動再開の場面に接するたびに、これからもボランティアさんたちの活動を一層支援していきたいと感じられた時間となりました。

pic11.png
                         
(わたなべ)


nogaya.png

11月1日は

17回目の開所記念日でした。

室内を消毒したり、

来て下さった方の体温をはかったり、

加湿したりと

今までの雰囲気とはちょっとちがうけど、

地域の方々にとって

お茶でも飲みながら

心やすまる場所であってほしい願いは

ずっと変わらない。

pic12.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第172号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

えんがわだより2020年10月号 No.171「未来に向かって一歩ずつ」

171 october.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitterはじめました!☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
未来に向かって一歩ずつ
コロナ機の調布STAYHOMEボランティア

★お知らせ・ボランティア・寄付
「大正琴体験会」「調理ボランティア」「ウエス寄付」など

★2020年度えんがわファンド
助成先団体決定‼

★市民活動支援センターからの発信
「四半世紀これまでとこれから」「自分にあった活動を見つけよう!」「野ヶ谷の郷はそんな場」


えんがわだよりNo.171.pdf(8.55MB)





title.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでの日常は大きく変わってしまいました。
緊急事態宣言中、メディアは医療のひっ迫、施設内クラスターなど、新型コロナウイルスに関するニュースで埋め尽くされ、暗く、先の見えない不安に襲われたことを覚えています。
おしゃべりを楽しむこと、会食をすること、旅行やお出かけ、これまでの『当たり前』はいとも簡単に失われ、このままでは世の中にとてつもない変化が起こるのではないか、という危機感を強く感じました。コロナ機は、自分の生活、人としての在り方を考え、変化させていく必要性を考えるきっかけとなりました。

『困っている人の力になりたい』そう思っている人もきっといるはず----
その気持ちをを繋ぎたい、自分にできる一歩を踏み出すきっかけが作りたい、その想いから『調布STAYHOMEボランティア』をスタートさせました。
調布STAYHOMEボランティアを通じて、多くの新しい発見がありました。それは一歩踏み出してみないと気づけなかったことです。
今回はSTAYHOMEボランティアの活動を、ほんの一部ですがご紹介します。


手作りのフェイスシールド30個を
調布市PCRセンターへ寄付


手作りのフェイスシールドを医療機関で使ってほしい、とご相談をいただきました。
高校の休校期間、新聞記事で日本赤十字病院が文房具のクリアファイルを使ったフェイスシールドを作り、その設計図を公開していることを知ったことがきっかけとなり、『医療の最前線で感染症と闘う医療従事者の皆さんの力になりたい』と、3Dプリンターを使いフェイスシールドを30個作ってくださいました。
1つのフェイスシールドを出力するのに1時間以上の時間がかかったそう。とても大変だっとと思いますが、医療を支えてくれる方々への感謝が伝わってきました。
調布市医師会を通じて、調布市PCRセンターでご活用いただけました。
pic01.jpg

qr01.jpg
武蔵野赤十字病院公開データ


グッドモーニング調布!の地域清掃活動に
高校生2名が参加


調布STAYHOMEボランティアを通じて、グッドモーニング調布!の地域清掃活動活動を知ってくれたお二人。
グッドモーニング調布!はいろんな年齢層の方々が、調布の街をより良くするために、仙川エリアの地域清掃、お花を植える緑化活動、養蜂など様々な活動を行っています。お二人はボランティアや地域のための清掃活動に興味を持ってくれたそう。
さっそく8月から地域清掃に参加してくれました。活動後には、ボランティアを続けていきたい!と言ってくれてうれしかったです。
pic02.jpg
クリーンアップ仙川!の様子


調布WAT ⇒ 特定非営利活動法人きもの笑福へ
七五三のお着物を寄付

団体同士の新しいつながりが生まれました。


特定非営利活動法人きもの笑福は、児童養護施設の子ども達の晴れの日のお祝いをお手伝いするボランティア活動をされています。今年もたくさんの子ども達が七五三の晴着を着るのを楽しみに待っています。
『子ども達のためにぜひ使ってほしい』と、調布WATのボランティアさんより、七五三用のお着物をご寄付くださいました。ご家族で大切に引き継いできたお着物とのこと。
団体同士がつながり、お互いの活動を応援できるつながりが生まれました。
pic03.jpg
七五三のお祝い 着付けの様子


STAYHOMEボランティアを終えて・・

このプログラム中、模索しながらも色々な葛藤がありました。
『会わないのに、繋がりなんてできるのかな?』これまでの価値観とは違うボランティア活動に対して疑問が浮かぶこともありました。しかし実際には、多くの参加者の方が『自分にできること』の気持ちを込めた寄付をしてくださいました。申込書のわたしのきもち欄には、医療従事者の方への感謝の言葉や、誰かの役に立ちたい、というメッセージが沢山書かれていました。中には、寄付先へのお手紙を添えて持ってきてくださった方もいます。
参加者のみなさんにとっても、コロナ機はこれまでの生活を見直し『私たちは今何ができるか』を見つめ直す機会となったのではないでしょうか。
調布STAYHOMEボランティアをきっかけに、地域の様々な団体・施設を知り、その活動に興味をもち、『ボランティアをやってみよう』そう思ってくれたらうれしいです。

新型コロナウイルスは世の中に大きな変化をもたらしました。この変化を悲劇で終わらせないために、まずは自分のできることから始めてみませんか?
市民活動支援センターはこれからも、地域とボランティアを繋いでいきます!
『ボランティアしてみたい』そんな時はお気軽にご相談にいらしてくださいね♡

市民活動支援センター 上野






「2020年度えんがわファンド」助成先団体決定‼

調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラム『えんがわファンド』の 助成先団体が決定しました。
9月17日に選考委員会を開催し、選考を行った結果、4つの団体(新規3団体)に助成金の交付が決定しました。

西部うたごえ広場の会
高齢者の孤独化防止と集いの場づくりを目的に音楽療法の手法を取り入れて活動しています。

調布ひきこもり家族会「やまぼうし」
ひきこもりで悩む当事者や家族が、何でも話し学べる場を提供し、安心して生活できることを目的に活動しています。

Withgrow
調布に縁の深い若年世代のメンバーが、YouTubeを活用して調布のまちを盛り上げる動画づくりを行って情報発信しています。

ミューズ
障がいのある子どもたちが市の制度(音楽療法)卒業後、活動の場を提供しながら、地域との関わりづくりを行っています。


えんがわファンドとは
えんがわファンドは、調布のまちが暮らしやすくなるための活動や、社会の課題を解決するための活動、先進的な活動などをしている調布のボランティアグループ・市民活動団体等へ助成しています。
このファンドをきっかけに、助成団体が新しい活動にチャレンジすること、他の団体と出会い新たなつながりが生まれることを意図しています。

サポーター会員募集中
サポーター会員になるには
年額:1口3,000円
サポーター会員が得られる6つの特典
・年に1度開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます
・機関紙「えんがわだより」が毎月1回届きます
・センターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%offになります
・センター内にあるフリースペース「はばたき」が2か月前から予約できます
・センター内にあるサポーター会員専用の広報スペースが使用できます
・ボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ・ボランティア・寄付募集

■ 大正琴体験会

大正琴を弾いてみませんか?
【日 時】第2、第3月曜日、第1木曜日 いずれも10:00〜12:00
【場 所】菊野台地域福祉センター 第2集会室
【対 象】どなたでも
【備 考】大正琴はお貸しします。ご都合の良い日にちをご連絡ください。
【問合せ】琴望会     池田080-1288-5616
     菊野台コーナー 青木042-481-6500(火・木・土)


■ 「いきいきクラブ」調理ボランティア募集

総合福祉センター内にある介護保険デイサービス「アイビー」の
昼食作りに参加しませんか。
【内 容】献立、買物、調理、後片付け(5人グループで行います)
【日 時】月1回以上で9時から15時
【場 所】総合福祉センター(調布市小島町2-47-1)
【備 考】ボランティア初体験の方もお気軽にご連絡ください。
【問合せ】調布市社会福祉協議会 通所介護サービス係 042-481-7660


■ 子ども家庭支援センターすこやかへ寄付をお願いします!

子ども家庭支援センターすこやかは、子育てに関する総合施設です。
アクセスが便利なこともあり、毎日たくさんの親子でにぎわっています。
子どもたちが安全に遊ぶことができるように消毒用のウエスを募集しています。
・ウエス(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)
※サイズ・・・約15p×15pにカットしてください
※素材・・・・洗濯済みのバスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルに限ります。
       消毒用に使用するため、清潔なタオルの提供を希望します。
【ウエス受付先】市民活動支援センターで受付ています。 
        042-443-1220


■ 未使用のタオルの寄付をお待ちしています!

【内 容】高齢者施設、児童館、障がい者施設などに寄付する活動をしています。
【受付先】各コーナーまでお願いします。


■ あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンスを開催します

※事前のお申込みをお願いします

【日 時】10月24日(土)14:00〜15:00
【場 所】富士見コーナー
【問合せ】042-481-8719  担当:岡澤

【日 時】11月21日(土)13:30〜14:30
【場 所】緑ヶ丘コーナー
【問合せ】03-3326-4088  担当:折原


■ ボランティア保険の保障拡大について

新型コロナウイルス感染症に関するボランティア保険の保障拡大について

この度、以下の2特約について、従来の特定感染症に指定感染症
(新型コロナウイルス感染症)が追加され、補償の対象となりました。

(1)補償内容
・特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金および通院保険金」補償特約
・特定感染症危険「葬祭費用」補償特約
※ボランティア活動中にボランティア自信が特定感染症に羅漢した場合に補償
 されます。

※ボランティア活動中の感染か否かは、感染前後の状況等を確認し保険会社にて
 判断します。

・この取り扱いは令和2年2月1日に遡って補償します。
【問合せ先】 有限会社東京福祉企画 03-3268-0910





postoctober.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


四半世紀これまでとこれから
富士見コーナー

富士見コーナーは今年開所25周年を迎えました。開所した1995年は阪神・淡路大震災が発生し、「ボランティア元年」と呼ばれた年です。当時より、さまざまな分野で活躍をみせるボランティアのみなさんは心強い存在です。

2019年10月には、味の素スタジアムまで徒歩圏にある富士見地域福祉センターがラグビーワールドカップのボランティアの拠点となりました。翌11月から2020年3月まで、富士見地域福祉センターの改修工事による全面休館を経て、気持ち新たに再び開所しました。

今夏はオリンピック・パラリンピックのボランティアが集う予定でしたが、コロナ禍で状況が一変しました。
四半世紀にわたり地域の縁側として、人と人、人と活動、人と地域がゆるやかにつながってきた富士見コーナーがこれからも更に進化できるように尽力いたします。

pic04.png
              
(おかざわ)


自分にあった活動を見つけよう!
〜WITHコロナでもできることから〜
市民活動支援センター(あくろす)

夜ごと虫の音に深まりゆく秋を感じます。日暮れが早くなり、風が冷たくなるこれからは、心なしか寂しくどこかに温もりを求めたくなりますねー。
このところ、「続けられるかどうかわからないけれど、ボランティアをしてみたい」という相談が増えてきています。

お話を聞いてみると、「コロナでこもることが多く、家族以外と話をしていないので、外に出るきっかけを作りたい」、「引っ越してきて近所付き合いがなく、活動をして人の役に立ちたい」など、思いはさまざまです。人は役に立っていると感じたい生き物らしいです。

当センターではそんな思いに応える相談を受け付けています。
興味のあることや、不安に思っていることなどをお聞きして皆さまのお気持ちをつなぎます。活動することで社会への関心が広がり、新たな発見や気持ちの変化があるかもしれません。
焦らずのんびりした気持ちで、WITHコロナでもできることを見つけてみませんか?私もはじめの一歩を後押しできるよう頑張ります。

pic05.png
                         
(すずき)



nogaya.png

近何人かの友人が持ち家を売って

マンション暮らしをはじめている。

年をとると近所付き合いもめんどうでその道をえらぶのも判るが、

人生の最後まで地域で生きるには

近くに息ぬきの場があれば・・・

同じような仲間が居れば・・・

何とかなる 気がしている。

野ヶ谷の郷はそんな場だと

思っていただけたら嬉しい。

pic06.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第171号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

えんがわだより2020年9月号 No.170「香りのある豊かな生活」

170 september.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitterはじめました!☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
香りのある豊かな生活

★お知らせ
「みんなのシェアBOOKえんがわ文庫」「ボランティア保険の保障拡大について」 など

★市民活動支援センターからの発信
「おうちにいながらボランティア!」「
コロナの時代と地域活動の再開」「ステキな作品に」



えんがわだよりNo.170.pdf(8.33MB)





title.png

自宅や屋外で“ふと”こんな香りがあったのだと気づく瞬間がありませんか。例えるなら香りに気持ちを傾けるというところでしょうか。「香りを嗅いで心がほっとしたり体がリラックスすること、それもアロマテラピー(芳香療法)の一つです」。
香りに興味があるけれど学ぶまでに至らない人にも受講しやすい工夫を心掛け、香りのことをぜひ知ってほしいと、柔らかい語り口でアロマテラピーの魅力と効果を話してくれる坂田さん。
今回の特集では、調布市在住で、公益財団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定アロマテラピーインストラクターの坂田幸江さんにお話をお聞きしました。


★アロマテラピー(芳香療法)とは、植物の香りや様々な働きの力をかりて、心や身体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法。使用するのは、植物から抽出した天然の「精油(エッセンシャルオイル)」
(公益社団法人 日本アロマ環境協会 冊子より)


坂田さんとアロマテラピー(芳香療法)

坂田さんがアロマに出会ったきっかけは2006年。心身の疲労が強く身動きが取れなくなった時期に、花やハーブの香りが好きな自分に気づきます。
香りの学校を知り、アロマテラピーインストラクターの資格を取得。2007年より個人レッスンや公立小学校、近隣地域、企業内での研修など「堅苦しくない楽しい講座+共に新しいことを学んでいく」という姿勢でアロマテラピーの普及活動を始めます。Withコロナの時代になり、坂田さんの活動も縮小せざるを得ず、新しい生活様式を踏まえた活動と色々な可能性を模索しています。

「今の活動はオンライン講座が中心です。月に一回程度オンラインで手作りをサポートしています。緊急事態宣言で動けなくなった時に、このままでは気持ちも潰れてしまうと危機感が生まれ、何か行動して喜びを得たいと考えました。キットという形を思いつき、とにかくやってみようと思いました。キットを用意し受講者に事前に提供して、当日それぞれの場所で同じ時間を共有します。一緒に作るのは楽しいです」

緊急事態宣言解除後、6月から自宅でオンライン講座を始め、「虫よけスプレー」「ボディパウダー」「マスク用スプレー」の手作り教室を開催。7月には地域福祉センターで「虫よけスプレー講座」の講師も務めています。この時は対面方式で講座時間を短縮し、人数も抑えた中で行いました。
会場では作り方の説明のみで作業はせず、各自キットを持ち帰るスタイルになりました。現状仕方のない事ではあるものの、同じ場所でみんなと一緒にしたかったという参加者の声もあったそうです。
「共通の作業をみんなで取り組む、アロマテラピーに関する知識を深めてもらい一緒に作り喜びを分かち合える、オンラインでは味わえない一体感。改めて直接会える事の有りがたさを思うようになりましたね」

apic01.png


香りは健康につながる

「五感の中で脳にダイレクトに伝わるのが「嗅覚」です。香りを嗅ぐと「大脳辺縁系」や「自律神経系」をつかさどる「視床下部」に情報が伝わり、体温や睡眠、ホルモンの分泌、免疫機能等のバランスを整えてくれます。香り成分を鼻から吸い込むことで呼吸器から、精油を希釈した物を塗布することで皮膚から取り入れることもできます。部屋に香らせたり、スキンケアに活用したり。アロマテラピーの楽しみ方はいろいろあります。
香りをもっとみんなが楽しみ、親しんでくれると嬉しいですね。香りを焚くだけで気分が変わります。一般的な作用にとらわれず、その時好きだと思う香りを手にして下さいと伝えるようにしています。その日その時の自分の状態に合わせて、体がそれを求めている事に気づいて体調を整えてください。
毎日の生活に気楽に取り入れてもらえると良いなと思います。自然療法という位置付けのアロマテラピーを上手に取り入れて、皆が元気にこの時期を乗り越えてほしいと願っています」

apic02.png
お話を伺った坂田幸江さん


★精油の目的別選びかた 例 
気持ちを落ちつけたい時 ・・・ ラベンダー、ベルガモット
リフレッシュしたい時 ・・・ レモン、ミント
明るく前向きな気持ちに ・・・ オレンジ、グレープフルーツ
※精油の使用に関して注意点があります。
まずはアロマオイル専門店などでお尋ねください。

apic03.png


おわりに

新型コロナウイルス感染症の流行に加え、これからの季節はインフルエンザの流行も気になります。
これから私達の暮らしは常にウイルスと隣り合わせになるかもしれません。「新しい日常生活」を受け止め日々を整えようとしても、笑顔ばかりではいられない毎日。そのような時は無理をせず、ちょっと呼吸を整え心に耳を傾けて香りに助けてもらう。今の暮らしが変わるヒントが見つかるかもしれません。あなたも早速好きな香りを見つけて取り入れてみませんか。

小島町コーナー 浅見


★坂田幸江さんは現在オンラインを中心に活動しています。
講座やスキンケア(トリートメントは休止中)などの問い合わせ先はこちらまでお願いします。
Email:spika_mbb@hotmail.com

★公益社団法人 日本アロマ環境協会
https://www.aromakankyo.or.jp/






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■ みんなのシェアBOOKえんがわ文庫

未来を変える小さな図書館
えんがわ文庫プロジェクトに参加しませんか?"

【内 容】
@えんがわカフェ(オンライン座談会)
Aえんがわ文庫説明会
プロジェクトのメンバー募集にあたり、主旨説明や誰もが楽しめる場づくりのアイデア出しなどを行います。

【日 時】@9月26日(土)14:00〜15:30
     A10月10日(土)16:30〜17:30
【場 所】@ZOOMを活用しオンラインで開催します
     A市民活動支援センター(市民プラザあくろす2階)
【応募方法】電話またはメール
【問合せ】市民活動支援センター 042-443-1220
     MAIL:npo-center@ccsw.or.jp


■ ボランティアガイダンス

あなたの想いを地域の力に!
ボランティアガイダンスを開催します

※事前予約の申込をお願い致します。
ボランティアに興味がある、はじめたい、どうすればよいか知りたい・・という方のためのガイダンスです。

9月開催
【日 時】9月26日(土) 10:30〜11:30
【場 所】染地地域福祉センター 染地コーナー
【定 員】3名
【問合せ】042-481-3790 担当:渡邉

10月開催
【日 時】10月24日(土) 14:00〜15:00
【場 所】富士見地域福祉センター 富士見コーナー
【定 員】3名
【問合せ】042-481-8719 担当:岡澤



■ 染地パソコン教室 & 相談 生徒さん募集

パソコンに向かっていると、わからない事や質問したい事がでてきませんか?

【内 容】 テキストは使用しません。パソコンを始めたい方、パソコンに関しての何でも相談に先生が一人一人丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第1・4金曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【備考・参加費】予約制(事前申込をお願いします)
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ シニアが絵本を楽しむ会メンバー募集

高齢者にとって滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介しあったり、朗読しています。月に1回は講師の方の指導を受けています。
初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日13:30〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 絵手紙「ももの会」メンバー募集

筆を動かし、口も動かし、楽しく絵手紙を学びましょう!

【内 容】月に1回、元気で顔を合わせ絵手紙を学ぶ
【日 時】月1回 第1土曜日 10:00〜正午
【場 所】染地地域福祉センター 第1・2集会室
【対 象】絵手紙に興味のある方どなたでも
【備考・参加費】参加費として1ヵ月200円
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 「染地うたごえ広場」からのお知らせ

「染地うたごえ広場」はコロナウイルス拡大防止のため、
しばらくお休みをいたします。
再開できる時、染地地域福祉センターに「再開のお知らせ」を掲示します。ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ こんぺいとう 子育てひろば やってます!

子育て中のママ、パパ親子で遊びにきてください

【内 容】3密に気を付けながら、 おしゃべりして交流しましょう。(大人はマスク着用でお願いします)
【日 時】毎週火曜日 13:30〜16:30
【場 所】富士見町ふれあいの家(富士見町3-3-17)
【対 象】主に 0歳児〜2歳児 親子
【費 用】無料
【備 考】申込み不要ですが、先着順でご利用頂き密な状況になる場合は入室をお断りする場合があります。
【問合せ】NPO法人 調布子育てを結ぶこんぺいとうの会
     こんぺいとう子育てひろば      
Eメール: hiroba@conpeitou.org


■ クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬

クラシックに興味のある方、どなたでもご参加ください
クラシックが好きな方、クラシックを気軽に楽しみたい方、これからクラシックを聴いてみたい方 
クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬に集合

【内 容】クラシックが大好きなスタッフがCDを持ち寄り、解説を加えたクラシック鑑賞会を開催しています
【日 時】月1回 第3水曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】どなたでも大歓迎
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ ボランティア保険の保障拡大について

新型コロナウイルス感染症に関する
ボランティア保険の保障拡大について

この度、以下の2特約について、従来の特定感染症に指定感染症
(新型コロナウイルス感染症)が追加され、補償の対象となりました。

(1)補償内容
・特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金および通院保険金」補償特約
・特定感染症危険「葬祭費用」補償特約
※ボランティア活動中にボランティア自信が特定感染症に羅漢した場合に補償
 されます。

※ボランティア活動中の感染か否かは、感染前後の状況等を確認し保険会社にて
 判断します。

・この取り扱いは令和2年2月1日に遡って補償します。
【問合せ先】 有限会社東京福祉企画 03-3268-0910






postseptember.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


おうちにいながらボランティア!
菊野台コーナー

なかなか収束しない新型コロナウイルス。外出を控える日々が続いて、ご自宅で過ごす時間が長くなっていませんか?そんな時間を利用して、ご自分のペースで出来るボランティア活動があります。

つつじヶ丘児童館では、毎日の消毒作業にたくさんの台ふきが使われます。遊具のブロックを一つ一つ拭くなど、大変な作業です。そんなときに使う台ふきを、ご自宅で縫いませんか?タオルは菊野台コーナーでご用意しています。
針仕事はチョッと苦手という方も、ご自宅で眠っている、新品だけれども古くなってしまったタオルがありましたら、ぜひお持ちください。
タオルの寄付は各コーナーでもお待ちしています。

その他のおうちにいながらボランティア!は「調布STAYHOMEボランティア」をご参照ください。

bpic01.png
              
(あおき)


コロナの時代と地域活動の再開
緑ヶ丘コーナー

コロナウイルス感染症は、私たちの生活を変えてしまい、先の見えない中、自宅にこもりがちになった方も多く、特に高齢者の心身の衰えが懸念されます。集まっておしゃべりし歌を歌い、手づくりの食事を提供するなど、地域で活動していた団体からも、元の形に戻すのではなく、違う型でどうやって再開しようかと、ご相談をお受けします。これまでの、人と人との関り方が変わってしまうという、まさかの時代を迎え、地域活動の縮小を止めるためには、感染予防と孤立予防の両面から考えなければなりません。この中で、手探りで始めている活動があります。

先月から再開した、認知症カフェ「仙川オレンジカフェ」もその一つです。カフェが大切にしてきたことが、参加者が人との絆を感じあい、心と身体を開放していただける場をつくること。8月は、検温、フェイスシールド、マスク装着で始まったのは「盆踊り」。自然に踊りの輪が広がり、参加者に笑顔が戻りました。安心できる環境を整えて、少しずつ始める勇気が必要なのかもしれません。

bpic02.png
                         
(おりはら)



nogaya.png

月から新しい活動がはじまります。

地域にお住いの方で、ズボンやスカートのサイズがあわなくなってしまったので、

お直しをどなたかにしてもらいたいけど・・・、

気に入ってるブラウスなので、何かにならないかなあ・・・、

という方。

一緒に考えながら、ステキな作品にしませんか?

着られなかった服をよみがえらせましょう。

のぞいてみて下さい。

第2、第4土曜日、10時30分ごろから15時ごろまで。

(マスクも作れますよ)

bpic03.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第170号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

えんがわだより2020年8月号 No.169「活動20年、つながりが生み出したもの」

169 august.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitterはじめました!☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
活動20年、つながりが生み出したもの

★お知らせ
「ボランティアガイダンス」「10の筋肉トレーニング」 など

★市民活動支援センターからの発信
「『はばたき』をもっと使いやすく!」「みんなのシェアBOOKえんがわ文庫」「大切な場所」


えんがわだよりNo.169.pdf(9.97MB)






『活動20年、つながりが生み出したもの』

「高齢者にこそパソコンが必要な時代が来る」と確信し、情報社会において中高年齢者が社会から取り残されないよう、デジタルデバイド(※)を解消する目的として創立された市民活動団体、調布パソコンサークル(CPC)。現在はさまざまな年齢層の市民にパソコンを教えています。20年を超える活動の中で、見えてきたこととは?コロナ禍において、インターネットを利用したサービスが見直される中、IT団体の強みを生かしながら今後の活動を率先して模索していく様子を、調布パソコンサークル代表の野澤茂さんにお話ししていただきました。

※パソコンやインターネット等の情報技術を利用する能力、およびアクセスする機会を持つ者と持たない者との間に、情報格差が生じるとされる問題

その活動は、市民と行政の協働戦略から始まった!
1998年の秋、後にCPCの初代代表となる矢嶋崇志氏が「高齢者や障碍者こそパソコンが必要」そして「市民と行政が一体となり協働することにより地域が活性化する」との考えで調布市に働きかけ、その努力が実って2000年1月にCPCを創立しました。同年2月には「第一回中高年のための初心者パソコン教室」が第六中学校のパソコン室をお借りして開催されることになりました。

以降、この教室は定期的に開催されることになりますが、募集人数に対し、およそ10倍の応募があり、毎回抽選漏れの方々が出てしまうことが問題になりました。一方、受講者の皆さんからは「もう少し教室を続けさせてください」、「見放さないでください」などの声が上がり、その対策として、2001年に、教室を受講した方に限って利用できる「パソまるクラブ」を発足させ、郵便局の一室をお借りし、パソコン相談室を開始しました。

また国レベルでは、平成13(2001)年度末までに約550万人のパソコン初心者の人たちに受講してもらい、IT技能を身につけてもらおうという目的で「IT講習会」が計画され、各自治体を介して実施されることになりました。
調布市においても、プロの先生を招き、市内の小中学校のパソコン教室を借りて講習が始まりますが、同時にそれをサポートするボランティアとして一般の市民と共にCPCも手を挙げ、サポート人員の配置計画、教室の準備、先生のアシスタントなどで活躍しました。全国展開されたその「IT講習会」は、約2年の活動予算であったため終了しましたが、活動を終えた一般市民の中からCPCの活動に賛同し、CPCに入会したメンバーもいました。こうして同じ目的を持った人たちにより、一段と強力になったCPCの活動が始まったのです。

pic01.png
パソコン講習会


パソコンを教える上での環境との戦い
サークル活動を行うにあたり、ボランティア組織ではパソコンなどの機材の確保が難しくまた講習する場所もありませんでした。CPC創設に先立ち、矢嶋氏は市内の小中学校を借りて講習をできないかと奔走したわけですが、これには市の生涯学習推進室(当時)のご理解とご協力があったから実現できたのです。

こうして春と秋にそれぞれ12時間を講習する「中高年のための初心者パソコン教室」が中学校のパソコン教室で開催されるようになりました。講習内容は、パソコンの取り扱い、インターネットの使い方、メールの打ち方などのパソコンの基本操作や文字入力、ワードを使ったはがきの作成といったものが中心でしたが、そのうち、受講生の中にはもう少し上級のことも教えてくれないかという要望を持つ方も出てきたので、2009年からは「初めてのエクセル」講座も開設するようになり、そして後年にはタブレットやスマホの普及に伴い、iPadなどのタブレット教室も開催するようになりました。

pic02.png
タブレット講習会


しかし、講習を重ねていく中、一方でこんな悩みも抱えていました。会場となる学校のパソコンには、なかなか予算がつかないこともあり、パソコン自体の更新が世の中のパソコン環境に追いつかないのです。例えば講習を受けた人が、家でも勉強したいと思って新しいパソコンを購入すると、そのパソコンは概ね最新版なのです。そのため中に入っているMicrosoft OfficeのバージョンやOSそのもののバージョンが違っていたり、教室で教わった内容と噛み合わない場合が出てきてしまうのです。教える立場からいえば、やはり「基本的には最新の情報を教えたい」と思っていましたが、それが叶わないというのはなかなかつらい状況でした。
この状況を乗り越えるために、パソコン機材はCPCが既に保有していたものに加え、不足する分はメンバーが資金を出し合って揃えました。この結果、常に最新のバージョンが備わった環境で講習ができるようになりました。

20年の活動を経て、近年さまざまな活用をしていただくようになりました
サークルの活動方針としては、これからのIT社会についていけない中高年齢層等をそのままにせずお手伝いしたい、デジタルデバイド(※)の解消をしていきたいというのが基本的なものですが、年齢制限を設けているわけではありません。
最近では、スマホの時代背景というのもあって、若い年齢層でもパソコンを会社で十分に使いこなせていない人も多く、就職前に講習を受けて
おきたいという人も増えています。また、ある程度の子育てが終わり再就職を考えているお母さん方にも注目されるようになってきました。
そして教える側にとっても、教えながら自分も学ぶことができるし、人と触れ合うことによって自分の存在を再確認でき、生きる上での活力になっているように思います。
また、CPCには若い人もいますが、若い世代の感覚に基づいた提案には触発されることも多く、中高年のメンバーには良い意味で刺激を与えています。

インターネットを利用した新しい取り組みを率先して模索しています
新型コロナウイルスの発生により世界的に大きな社会問題となっていますが、この問題に対してどのように乗り越えていくのか、この先どんな運営をしていったら良いのか、その課題に悩み考えるのも、活動のひとつだと思っています。運営に対する話し合いの中で、オンライン会議をやろうと声が上がり、現在はZoom(ズーム)やSkype(スカイプ)を使い、テレワークをしています。

テレワークでは、会議だけでなく勉強会などもしていて、最近では、義務教育過程の学校授業でも取り入れられるというプログラミングの一つである「スクラッチプログラミング」にも挑戦したり、ホームページの作成や動画を作ってYouTubeにアップロードするなど、お爺ちゃんお婆ちゃんもやってみよう!という感じで新たな取り組みが始まっています。

あくろす15周年のイベント向けに披露しようとしていたタブレット端末を使ったオーケストラミュージックも2月から練習していましたが、コロナの影響でイベントが中止になってしまったため、それぞれの自宅で演奏したものを編集者に送り、集約してYouTubeで配信しました。

すぐにコロナの状況が良い方向に傾くイメージのない中ですが、会員の皆さんには、自分から何かをやりたいという想いを大切にしていただき、声があがれば、それを積極的に取り入れていきたいと思います。地域の活動団体としても、この先交流イベントがあれば参加させていただくなど、できることを探りながら活動を進めていければ良いかなと考えています。
また、新会員も常に募集していますので、一緒に活動してみても良いなと思われたなら声をかけてください。


調布パソコンサークルiPadチームで制作した動画です。
私たちがお手伝いしているパソコン相談室(パソまるクラブ)の生徒さん向けに、コロナ自粛中でも元気でいて欲しいとの想いで作りました。メンバー各自の自宅から、iPadのGarageBandアプリを使って演奏し、Zoomを介して撮影しました。





市民の要望から始まった活動の様子や、困難を乗り越え現在に至るまでのお話をたくさん聴くことができ、改めて人のつながりが活動を支えていると感じました。また今回、私の初取材のきっかけを作ってくださった前代表の荒井さん、取材に丁寧に向き合ってくださった現代表の野澤さん、そしてYouTubeの掲載を了承してくださった会員の皆様に、大変感謝しております。
CPCさんは現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止しておりますが、9月より講習の再開をいたします。感染防止に努めるため、利用施設の基本ルールを守り、団体独自のルールを作成し対策を考えて臨まれる予定だそうです。パソコン操作でお困りの方、是非チャレンジしてみませんか。

市民活動支援センター 鈴木






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■ こんぺいとう 子育てひろば やってます!

子育て中のママ、パパ親子で遊びにきてください

【内 容】3密に気を付けながら、 おしゃべりして交流しましょう。(大人はマスク着用でお願いします)
【日 時】毎週火曜日 13:30〜16:30
【場 所】富士見町ふれあいの家(富士見町3-3-17)
【対 象】主に 0歳児〜2歳児 親子
【費 用】無料
【備 考】申込み不要ですが、先着順でご利用頂き密な状況になる場合は入室をお断りする場合があります。
【問合せ】NPO法人 調布子育てを結ぶこんぺいとうの会
     こんぺいとう子育てひろば      
Eメール: hiroba@conpeitou.org


■ 「筋トレグループの会」(自主サークルになりました!)集

【内 容】10の筋肉トレーニング
【日 時】9月3日(木)17日(木)、 9月8日(火)22日(火)
     10:30〜12:00 ※毎月第1・3木曜日 第2・4火曜日
【場 所】緑ヶ丘地域福祉センター 第2集会室
【対 象】ゆるやかな体操です。初めての方でも安心してご参加いただけます。
【参加費】無料
【問合せ】03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー
【持ち物】水分補給用飲み物、タオル、マスク着用
 
※サンダル以外の動きやすい靴がお勧めです。
※3密を避けるため、事前にお問合せください。


■ 染地パソコン教室 & 相談 生徒さん募集

パソコンに向かっていると、わからない事や質問したい事がでてきませんか?

【内 容】 テキストは使用しません。パソコンを始めたい方、パソコンに関しての何でも相談に先生が一人一人丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第1・4金曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【備考・参加費】予約制(事前申込をお願いします)
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ スポーツウエルネス吹矢

ご一緒に、楽しみませんか?

【内 容】スポーツウエルネス吹矢体験会
【日 時】8月24日(月)・31日(月) 13:00〜 16:00
【場 所】調布市市民プラザあくろすホール(3F)
【対 象】高齢者
【費 用】無料
【問合せ】当日、直接会場へお越しください


■ ボランティアガイダンス

あなたの想いを地域の力に!

事前のお申込みをお願いします

【日 時】8月25日(火) 15:00〜16:00 
【場 所】菊野台地域福祉センター
【問合せ】042-481-6500 担当:青木

【日 時】9月16日(水) 10:00〜11:00 
【場 所】総合福祉センター 小島町コーナー 
【問合せ】042-481-7695 担当:佐藤

【日 時】9月26日(土) 10:30〜11:30 
【場 所】染地地域福祉センター
【問合せ】042-481-3790 担当:渡邉


■ シニアが絵本を楽しむ会メンバー募集

高齢者にとって滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介しあったり、朗読しています。月に1回は講師の方の指導を受けています。
初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日13:30〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 絵手紙「ももの会」メンバー募集

筆を動かし、口も動かし、楽しく絵手紙を学びましょう!

【内 容】月に1回、元気で顔を合わせ絵手紙を学ぶ
【日 時】月1回 第1土曜日 10:00〜正午
【場 所】染地地域福祉センター 第1・2集会室
【対 象】絵手紙に興味のある方どなたでも
【備考・参加費】参加費として1ヵ月200円
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 「染地うたごえ広場」からのお知らせ

「染地うたごえ広場」はコロナウイルス拡大防止のため、
しばらくお休みをいたします。
再開できる時、染地地域福祉センターに「再開のお知らせ」を掲示します。ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■「えんがわファンド」申請団体募集

調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです

【対 象】(1)調布市内で活動するポランティアグループ・市民活動団体
     (2)市内小中高等学校
【助成金額】各団体に対する助成金額は、10万円を上限とします。
【応募期間】2020年6月22日(月)午前9時〜8月31日(月)午後5時 必着
【助成対象期間】2020年6月 1日(月)午前9時〜2021年5月31日(月)
【問合せ】042-443-1220 市民活動支援センター

※申込方法などの詳細は市民活動支援センターHPでご確認いただくか、お問合せください。申請についてご相談がある場合はお早目にご連絡ください。
https://chofu-npo-supportcenter.jp/donation/donation4/






postaugust.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


活動スペース「はばたき」をもっと使いやすく!
市民活動支援センター(あくろす)

調布市市民プラザあくろす市民活動支援センターの活動スペース「はばたき」は、日々多くの市民が(市外の方も利用可)活動や情報収集の為に集って利用されている場所です。ここを使って下さる3000人〜4000人(月間数)の方々は「はばたき」の使い勝手をどの様に感じているのだろう、有意義に活用してもらえているだろうか、改善を望まれる点はどのような所なのか、スタッフの接遇に対してはどう感じているのだろうか…。

私達スタッフはここを利用される皆様の声を定期的にお聞きし、皆様が大切にしている部分を守りながら、改善できることは積極的に取り組み、センターの機能を更に高めていきたいと考えています。

この秋、「はばたき」を利用される皆様に向けて満足度調査(アンケート)の実施を予定しています。皆さんの率直な声をたくさん聞かせて下さい!ご協力の程よろしくお願いします。

pic04.png
              
(あさみ)


みんなのシェアBOOK「えんがわ文庫」
市民活動支援センター(あくろす)

「やっぱり会って話すのって大事だよね」
最近、いろいろな場面でこんな言葉を耳にすることが増えました。

感染拡大を防ぐためには3密を避けるなど、新しい生活様式に取り組むことが重要です。オンラインで繋がる気軽さ便利さを感じる一方で、なんとなく物足りない」顔も見えているし話すこともできているのに、実際会って話すのと画面越しで話すのとでは何かが違う。コミュニケーションは取れているはずなのに、どこか満足できない。意外と多くの方がそんな風に感じ始めているのかもしれません。きっと会って話すということの中には、会わなければ補えない安心感や温かさなど、目に見えないたくさんの不思議な力があるんだなと感じています。

市民活動支援センターでは、「市民がつながるまちのえんがわを目指して」様々な活動団体の皆さんやボランティアさんの活動をサポートしていますが、新しく「みんなのシェアBOOKえんがわ文庫〜地域につながるおすそ分け図書〜」をスタートします。
この取り組みは、新しいつながりや誰でも気軽に話せる楽しい場所作りを目的として、皆さんのオススメ図書をご寄付(おすそ分け)いただき、本をきっかけにしたコミュニティを拡げていく活動です。あなたのオススメの一冊をきっかけに、調布のまちをより良くする活動の種が芽生えるかもしれません!

今はまだ会って話すことにためらいを感じる方が多いと思いますが、センターでは誰でもいつでも気軽に交流できる場所を準備していきますので、今後のご案内にご期待ください。
現在はオススメ図書のおすそ分けのみ(ご寄付)センター窓口にて受付中です。あなたの感動や発見を次の人に繋いでみませんか?

pic05.png
https://chofu-npo-supportcenter.jp/news/#news1769
                         
(いけだ)



nogaya.png


  生きていてよかった あなたに逢いたくて
    広島の街から あるいてきたの、、、


この歌は「折鶴」という歌です。

8月には、あちこちでこの歌がうたわれます。

8月6日の記念式典をテレビで見ていて、

ふっと口ずさんでいました。

野ヶ谷の郷も

みんなに逢える大切な場所です。

picheart.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第169号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:49| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

えんがわだより2020年7月号 No.168「めぐる・つながる 『えんがわファンド』」

168 july.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitterはじめました!☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
めぐる・つながる 「えんがわファンド」

★お知らせ
「えんがわファンド申請団体募集」「新型コロナウイルス感染症に関するボランティア保険の保障拡大について」 など

★市民活動支援センターからの発信
「初めてのスマホ講座」「何とももったいない!」「今日を大切に」


えんがわだよりNo.168.pdf(8.16MB)





title.jpg

168号特集記事(PDF)

「えんがわファンド」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、申請団体の募集を休止していましたが、受付を再開しました。申 請 受 付 期 間 は 、令和2年8月31日(月)17時までです 。調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する「えんがわファンド」をどうぞご活用ください!

※申請を検討される団体の方は、必ずえんがわファンド募集要項(改正版)をご覧ください。
https://chofu-npo-supportcenter.jp/donation/donation4/

えんがわファンドとは…
調布のまちがより豊かになることを目指して、幅広い分野のボランティア・市民活動及び児童や生徒の体験活動を支援することを目的としています。えんがわファンドを通じて、団体同士、あるいは市民活動支援センターと団体の方々が相互に交流し、協力しあう関係構築を目指しています。

市民が支えるえんがわファンド
えんがわファンドは、市民の皆様が市民の団体を支える仕組みです。具体的には、サポーター会費やちょうふチャリティーウォーク参加費、
市民・企業・団体の方々からいただいた寄付金、書き損じはがきや使用済み切手等による益金を原資としています。

令和元年度 使用済み切手、カード、外国コイン等、売り上げ報告

使用済み切手
        57,700円
書き損じはがき
         82,059円
使用済みカード
        100円
外国コイン
         52,410円
その他
         500円
合計金額
         192,769円



■サポーター会員になって活動団体を一緒に応援しませんか?
サポーターの皆様からいただく会費(1口3,000円)は、市民の想いで市民を支える仕組み「えんがわファンド」の貴重な原資になります!
昨年度は、64の団体・企業の皆様と44名の個人の方々がサポーター登録してくださいました。調布のまちがより豊かになることを願って、
あなたも一緒に団体を応援しませんか?

■ご自宅にある書き損じはがきや使用済み切手を寄付して団体をサポートすることもできます!
緊急事態宣言下の自粛期間中に、ご自宅を整理していたら使用済み切手や書き損じはがき、旅行先で残った外国コインなどが見つかったという方はいませんか?実はそうした物も、ご寄付いただくと、団体を支える貴重な原資に姿を変えます。心当たりのある方はぜひ一度ご自宅をご確認ください!


【えんがわファンド助成団体インタビュー】
今回は過去に助成を受けた3団体の皆さんに以下4つの質問を行いました。

Q1.えんがわファンドを申請したきっかけと理由は?
Q2.活用してみて、助成金以外にも良かったことはありますか?
Q3.えんがわファンドを通じて、活動の広がりや深まりを感じましたか?
Q4.センター職員との関わりやはばたきスペースの利用について便利だと感じることはありますか?

申請をお考えの団体さんには参考になる話も多いと思いますので、ぜひご覧ください。


特定非営利活動法人子どもの未来を紡ぐ会

子どもたちのキャリア形成を支援することで、貧困の連鎖を断ち切ることを目的に活動する団体です。
基礎学力定着のための学習のサポートや将来への希望を育むための心理的サポートを行っています。

Q1.市民活動支援センターのはばたきスペースで活動を行っていて身近な存在であったこと、使途に関する条件が緩やかだったため申請しようと思いました。センター職員から案内してくださったので良かったです。

Q2.交流会などを通じて他の団体の方と知り合うことができたことが良かったと思います。発達障がいのある子どもの理解と支援の仕方について教えている団体さんの講座に参加させていただき、勉強することができました。

Q3.交流会などによって、地域での認知が増し、活動に拡がりが出たと思います。

Q4.他の団体やボランティア希望の方を積極的に紹介してもらえるのでありがたいです。


Global 調布!

グローバル化の時代に調布市民が英語コミュニケーション・スキルと国際感覚を身に着け、地域と世界を結び付けられるようになることを目的に活動しています。東京オリンピック・パラリンピックでも市民によるおもてなしや貢献の機会を設けられるように努めています。

Q1.活動を始めた頃に、「市民の活動を支援する素晴らしい仕組みがある」と知り合いに紹介され、活動の拡がりに期待して申請しました。このファンドは地元での活動を助成しているため、私たちの活動を評価していただけるのではと期待しました。

Q2.市民活動支援センター主催の色々なイベントに参加する機会があり、他の団体の方と知り合い、コラボ活動を行うなど、ネットワークが拡がりました。また、えんがわファンドを活用して実施した事業に、英語を話して学べる機会を求めている方や、高い英語力を活用できずにいた方々にもご参加いただけ、私たちの活動の意義をあらためて感じられました。

Q3.ゲストを招き、英語の公開講演会やワークショップを開催するなど、活動の幅が拡がり、関心を持ってくださる市民とつながることができました。その結果、定期活動の「英語カフェ」への参加者が増加しました。また、調布市国際交流協会や社協とのつながりもでき、今後も情報や意見を交換し、協力し合えると実感しています。

Q4.職員の皆さん熱意があり、地域の豊かなネットワークを駆使しながら、イベントの準備などをしてくださることに感謝しています。時々はばたきスペースを利用しますが、市民が使える場があることは素晴らしいと思います。


手づくり市

『つくるからひろがる』をスローガンに、手作りを通じて人と人との和を広げていきたいと思い活動しています。既に手作りを楽しんでいる方の交流の場や、手作りをやってみたいけど技術がないなどお困りの方に情報や活動の場を提供しています。

Q1.活動の内容を拡げるため、市民活動支援センターへ相談に来た際、職員の方から教えていただきました。

Q2.えんがわファンドの助成を受けたことで、市民活動団体として認められ、活動場所を貸していただけるところが増えたり、学校や幼稚園、保育園などにもチラシの配布ができるようになったりしました。また、他の団体の方々との交流も刺激になりました。

Q3.コロナの影響でイベントができなくなったとき、えんがわファンド助成先団体の方が場所を貸してくださり、入園や入学用品で困っている方に協力できました。飲食店の方なども興味を持ってくださり、打合せを重ね、交流が深まりました。

Q4.活動のことなど、いつも丁寧に相談にのってくださり、提案もしていただき、活動が拡がりました。引き続き、手作り市の活動や手作りの楽しさを知っていただくために今年も申請したいと考えています。たくさんの方とまた交流できることを楽しみにしています。






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■「染地うたごえ広場」からのお知らせ

「染地うたごえ広場」はコロナウイルス拡大防止のため、しばらくお休みをいたします。
再開できる環境が整いましたら、染地地域福祉センターに再開をお知らせするチラシを掲示いたします。
スタッフ一同、再開できる日を楽しみに準備を進めてまいりたいと思います。ご理解、ご協力、よろしくお願いいたします。

【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ フラOHANA フラダンスメンバー募集

【内 容】高齢者施設などを訪問しているフラダンスのグループです
【日 時】毎週金曜日13:30〜16:00
【場 所】菊野台地域福祉センター
【対 象】どなたでも
【備考・費用】月会費 2,000円
【問合せ】電話:090-9806-3184 担当 野沢


■ 絵手紙「ももの会」メンバー募集

【内 容】筆を動かし、口も動かし、楽しく絵手紙を学びましょう!月1に回、元気で顔を合わせ、絵手紙を学ぶ。
【日 時】月1回 第1土曜日 10:00〜正午
【場 所】染地地域福祉センター 第1・2集会所
【対 象】絵手紙に興味のある方どなたでも
【備考・参加費】参加費として1ヵ月200円
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ こんぺいとう子育てひろば、やってます!

【内 容】子育て中の親子、遊びにきてください。気を付けながら、おしゃべりして交流しましょう。(大人はマスク着用でお願いします)
【日 時】毎週火曜日 13:30〜16:30
【住 所】富士見町ふれあいの家(富士見町3−3−17)
【対 象】主に0歳児〜2歳児 親子
【費 用】無料
【備 考】申し込みは不要ですが、先着順でご利用頂き、密な状況になる場合は入室をお断りすることもあることをご了承ください。
【問合せ】NPO法人 調布子育てを結ぶこんぺいとうの会 こんぺいとう子育てひろば
     Eメール:hiroba@conpeitou.org


■ 染地パソコン教室&相談生徒さん募集‼

パソコンに向かっていると、わからないことや質問したいことがでてきませんか?

【内 容】テキストは使用しません。パソコンを始めたい方、パソコンに関してのなんでも相談に先生が1人1人に丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第1・4金曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【備考・参加費】予約制(事前申込をお願いします)
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ シニアが絵本を楽しむ会メンバー募集

高齢者にとって滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介しあったり、朗読しています。月に1回は講師の方の指導を受けています。
初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日13:30〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬

クラシックに興味のある方、どなたでもご参加ください
クラシックが好きな方、クラシックを気軽に楽しみたい方、これからクラシックを聴いてみたい方 
クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬に集合

【内 容】クラシックが大好きなスタッフがCDを持ち寄り、解説を加えたクラシック鑑賞会を開催しています
【日 時】月1回 第3水曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】どなたでも大歓迎
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ ボランティアガイダンス

あなたの想いを地域の力に!
ボランティアに興味がある、はじめたい、どうすればよいか、知りたい・・
という方のためのガイダンスです ※事前の申込をお願い致します。

7月開催
【日 時】7月27日(月) 10:00〜11:00
【場 所】市民活動支援センター 国領あくろす2F
【問合せ】042-443-1220 担当:上野・鈴木

8月開催
【日 時】8月25日(火) 15:00〜16:00
【場 所】菊野台コーナー
【問合せ】042-481-6500 担当:青木


■「えんがわファンド」申請団体募集

調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです

【対 象】(1)調布市内で活動するポランティアグループ・市民活動団体
     (2)市内小中高等学校
【助成金額】各団体に対する助成金額は、10万円を上限とします。
【応募期間】2020年6月22日(月)午前9時〜8月31日(月)午後5時 必着
【助成対象期間】2020年6月 1日(月)午前9時〜2021年5月31日(月)
【問合せ】042-443-1220 市民活動支援センター
※申込方法などの詳細は市民活動支援センターHPでご確認いただくか、お問合せください。
https://chofu-npo-supportcenter.jp/donation/donation4/


■ 新型コロナウイルス感染症に関するボランティア保険の保障拡大について

この度、以下の2特約について、従来の特定感染症に指定感染症(新型コロナウイルス感染症)が追加され、補償の対象となりました。

(1)補償内容
・特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金および通院保険金」補償特約
・特定感染症危険「葬祭費用」補償特約
※ボランティア活動中にボランティア自信が特定感染症に羅漢した場合に補償されます。
※ボランティア活動中の感染か否かは、感染前後の状況等を確認し保険会社にて判断します。
・この取り扱いは令和2年2月1日に遡って補償します。
【問合せ先】有限会社東京福祉企画 03-3268-0910


■ 調布九条の会「憲法ひろば」7月例会

【講 演】失敗したアベノミクスと「消費増税+コロナ」不況
【お 話】山家悠紀夫さん(経済学者)
【日 時】7月25日(土)13:30〜16:00
【場 所】たづくり8階 映像シアター
【費 用】参加費300円
【問合せ】042-487-7710(石川)






postjuly.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


今だからこそできる新しい形をさがして
市民活動支援センター

毎年夏休みには、多くの中学生、高校生の方がボランティア体験プログラム「調布サマーボランティア」に参加され、市内の団体・施設でボランティア体験をしています。
今年もたくさんの参加者の方とお会いするのを楽しみにしていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、受け入れ先団体・施設の体制や、参加者の方の安全の確保の観点から、今年は「調布サマーボランティア」の開催は断念することとなりました。

pic01.png

仕方ない、でも・・今だからできることは、何かないのかな?と思いました。
世界中が大きく変化した今だから、自分が行った活動の効果をよりいっそう実感してもらえる機会となるかもしれないと考え、この度「調布STAYHOMEボランティア」と題して、自宅で出来るボランティアや寄付を中心とし たプログラムを立ち上げました!
これをきっかけに、寄付をすることで得られる学びや、自分の地域で活動している様々な団体・施設、社会資源を学ぶ機会となってほしいと考えています。
お申込み、お問合せお待ちしています!

調布STAYHOMEボランティア2020
https://chofu-npo-supportcenter.jp/_event/02-24027.html

pic02.png

(うえの)


オンライン化?!
西部コーナー

Zoom会議、聞いたことがありますか?在宅勤務のビジネスマンが打 ち 合 わ せ や 会 議 に 利 用 し て い る 手 段 だ と 思 っ て い ま し た 。
ところがZoom飲み会が流行っていると話題に。自分の周辺でもオンライン化の波が押し寄せてきています。
友人たちは、ヨガ教室、合唱レッスンもZoomで受け始めました。
最初は「そんなの無理!」と拒否していたIT苦手な70歳代、「メールのここ(URL)をプッチと押すだけ」と説明され、繋がるまでハラハラドキドキ、画面に知った顔が映り、声が聞こえると、「あら出来たわ」と喜んでいます。
集うことが出来ない制限の中、今までの生活を少しでも取り戻すためにオンラインを利用する人がとても多くなりました。

pic03.png

コロナ禍の被災地支援は、今までとは違い、出来るだけ接触を避け、密にならないようにする必要があります。
オンラインを利用し、移動せずに遠く離れた地域から支援が可能になります。
勿論、実際の被災した現地には、人力が必要ですが、並んでいたボランティア登録はネットで現地入り前に。
必要な支援物資も瞬時に発信、情報が遅くて同じ物資が多く届き余剰になることも避けられます。
ただしIT弱者が取り残されないように配慮も必要です。
コロナ感染拡大予防の為、外出を控え、人が集うことが出来なくなり、一気にオンライン化が進みました。
全国、世界ともオンラインで繋がることが出来ます。
被災地支援をする側も支援される側も必要となり、西部コーナーでも必須の課題となっています。 

(わくい)


nogaya.png

月29日から2ヶ月半もお休みをして、

6月23日から再開しました。

待ちかまえたように大勢の方が来て下さって、

笑顔、笑顔、、、そして笑顔。

お互いの健康を喜び合う方達に励まされる日々です。

お茶も出せない、食べ物も持ち込めない場ですが、

温かい言葉をかけあう場になっています。

今日を大切にと思う毎日です。

smile.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第168号に掲載しています)
posted by スタッフ at 11:09| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

えんがわだより2020年6月号 No.167「また、これから、共に!市民活動再開に向けて」

167 june.jpg

今月号の内容は!

また、これから、共に!市民活動再開に向けて

★ボランティア募集・お知らせ
「子ども用マスクの作成者を募集します!」「寄付をお待ちしております!」 など

★野ヶ谷の郷から
「じ〜んとしたんだから」






また、これから、共に!市民活動再開に向けて

167号(PDF)

緊急事態宣言の解除に伴い、調布のまちも新しい生活様式のもと様々な取り組みが再開され始めています。それぞれのフィールドで、皆さんの活動はどのような場面を迎えていますか。
私たちの日常に当たり前のようにあった市民活動やボランティア活動から、一旦離れなければならない状況が続きましたが、人と人との「ふれあい」「つながり」「支え合い」を共に考え行動できる機会は少しずつ戻ってきています。

今後、新しい生活様式を上手く取り入れて、これからできる「地域のつながり・支えあい」を皆さんで一緒に作り出していきましょう。
市民主体の力はこれまで以上に、これからの時代に様々な形で必要とされていくことと思います。
皆さんの活動再開においても、まずは健康と安全を守る努力を続けていただき、それぞれ無理のない形で進めていきましょう。

市民活動支援センターは、これからも変わらず市民活動に携わる皆さんに寄り添い応援いたします!

pic01.png

市民活動支援センター利用再開しました!

開館時間 8:30〜22:00
休 館 日 毎月第3月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌平日)
ご利用にあたっては、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、
下記の「感染防止対策のお願い」にご協力をお願いします。

◎感染防止対策のお願い

〇体調管理
  館内のご利用前に各自で体温測定を行い、普段より体温が高い場合や、
体調が優れない場合はご利用をお控えください。
〇感染予防のための館内利用ルール
  @入館時に手指の消毒をしてください
  Aマスクを着用してご利用ください
  B食事(おやつを含む)はご遠慮ください
  C館内ご利用後は、机や椅子を消毒してからお帰りください

◎館内利用票の記入にご協力ください

事前予約された団体や個人の方も、来館時の利用票記入が必須になりました。
ご利用される皆さんの健康と安全に配慮しての対応となりますので、ご協力をお願いします。

◎館内の座席数を減らしています
館内での密集・密接を避けるため、座席数を減らしていますので、ご予約やご利用の際はご注意ください。 
〈はばたきスペース〉 118席から48席
〈パソコンコーナー〉 5台から3台(Word・Exel:2台 インターネット:1台)
〈印刷機・紙折り機〉 2名以下でご利用ください

はばたきレイアウト_200613_blog.png

引き続きご不便をおかけしますが、一人ひとりの命と健康を守るため、ご理解とご協力をよろしくお願いします。ご不明な点などありましたら、お気軽に市民活動支援センターまでお問合せください。







サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2019年度にお納めいただいたサポーター会費が、2020年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■ 子ども用マスクの作成者を募集します!

【内  容】児童養護施設の子どもたちに寄付するマスクの作成
【活動時間】随時
【活動場所】自宅でお一人で出来る作業です
【問 合 せ】090-8598-4117(鎌田)
       調布市布田4-23-1 コスモ調布弐番館902
【詳細・備考】 特定非営利活動法人 きもの笑福(わふく)で所有しているきもの反物(未使用品)等材料一式を提供します


■ マスクプロジェクトにご協力ください

【内 容】 新型コロナウイルス感染症の影響により、医療・保育・介護施設等でマスクが不足している状況を受けて、調布市商工会青年部で、マスクバンクプロジェクトを始めました。政府から支給されたマスクや、購入したマスクで余剰となったものを、市民の皆様から寄付していただき、必要としている業態に配布するプロジェクトです。
【送付先】〒182-0026東京都調布市小島町2-36-21 調布市商工会館 調布市商工会青年部 マスクバンクプロジェクト事務局
【問合せ】042-485-2214 Email yuusuke.kunii@shokokai-tokyo.or.jp
【その他窓口】 市民活動支援センター及び各コーナーでも専用BOXを用意しています。詳しい詳細はHPをご覧ください。


■ 子ども食堂での簡単な調理やおしゃべりなどのボランティア

【日 時】毎月1回 10時30分〜14時★都合の良い日だけで可
【活動先】富士見あおぞら子ども食堂
【住 所】富士見町2-13-5 コープ調布B棟2F集会室A
【備 考】見学大歓迎です!
【持ち物】エプロン 三角巾
【問合せ】Email aozorafujimi@gmail.com
      富士見あおぞら子ども食堂プロジェクト(上田)


■ ボランティアガイダンス

あなたの想いを地域の力に!
ボランティアに興味のある初心者の方、地域とのつながりを求めているあなたのための講座です!

【日 時】6月26日(金) 14:00〜15:00
【場 所】西部コーナー
【問合せ】042-426-4335 西部コーナー 涌井


外出支援

公共交通機関の利用が困難な方のために福祉車両を運転し、外出を支援
【活動分類】車の運転 ※要普通自動車運転免許
【活動時間】ご都合の良い日時で応相談
【活動場所】NPO調布ハンディキャブ事務局
【住  所】富士見町3-15-14さわハイツ101
【問 合 せ】NPO調布ハンディキャブ事務局 042-440-3860
【詳細・備考】
・過去2年間に免許停止を受けていない30〜73歳までの方
・福祉有償運送に必要な資格講座費用(2日間)は当法人で全額負担します
・わずかですが謝礼金を差し上げます


食品大募集!

フードバンク調布では、寄付して頂いた食品を、食事に困っている方へ無償でお届けする活動を行っています
【お願いしたい食品】未開封で賞味期限が1か月以上ある加工食品
          米、レトルト食品、インスタント食品、調味料、缶詰など
【収集場所】総合福祉センター、あくろす、コープみらい柴崎店など
【問合せ】フードバンク調布 Email:info@foodbank-chofu.org
              電話:070-4447-3054(月・木10〜15時)


音声ガイド、字幕つき映画体験会【中止のお知らせ】

毎月、第1・4(水)に、目や耳の不自由な方及び高齢者と共に音声ガイド・字幕付き映画を楽んでいただいていましたが、6月の月例会は、中止することに致しました。今後については、6月の状況を注視しながら、検討します。
【問合せ】 電話&FAX 042-482-6581
      DEMAE調布 代表 石川 嗣郎


寄付をお待ちしております!

☆富士見あおぞら子ども食堂で使用するための調理器具の寄付をお願いします
●直径30cm以上の鍋(寸胴鍋、土鍋は不可 美品希望)
●直径30cm以上のザル
●直径30cm以上のボウル
●玉じゃくし
●トング
●さいばし
(食事を取り分ける物は新品希望)
【問合せ】Email aozorafujimi@gmail.com
    富士見あおぞら子ども食堂プロジェクト(上田)

☆未使用のタオルの寄付をお願いします
【問合せ】小島町コーナー・染地コーナー・緑ヶ丘コーナー

☆使用済み切手を回収しています
【内 容】
届いたお手紙に貼ってある、消印が捺印された切手を募っています。使用済み切手のほか、書き損じハガキや、換金しなかった外国コイン、不要になった入れ歯も募っています。
使用済み切手は、切手整理ボランティアの手により商品に生まれ変わります。ご寄付いただいた品は換金し、調布のまちのために活動するボランティア・市民活動団体を応援する助成金「えんがわファンド」の原資となります。
【回収場所】総合福祉センター
【問合せ】小島町コーナー(担当:佐藤・倉田) 042-481-7695






nogaya.png

本全国50ヶ所の夜空に

花火が打ち上がったらしい。

花火師さん達のやさしさは

医療関係者の方達に届いたことだろう。

花火を見た誰もがうれしかったでしょうね。

ニュースで知った私も胸がじ〜んとしたんだから

すばらしい日本人、

バンザイ、やさしさを、

すべての人に、、、

hanabi.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第167号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする