2020年07月17日

えんがわだより2020年7月号 No.168「めぐる・つながる 『えんがわファンド』」

168 july.jpg

今月号の内容は!

☆市民活動支援センター公式Twitterはじめました!☆
https://twitter.com/chofu_engawa

★特集記事
めぐる・つながる 「えんがわファンド」

★お知らせ
「えんがわファンド申請団体募集」「新型コロナウイルス感染症に関するボランティア保険の保障拡大について」 など

★市民活動支援センターからの発信
「初めてのスマホ講座」「何とももったいない!」「今日を大切に」


えんがわだよりNo.168.pdf(8.16MB)





title.jpg

168号特集記事(PDF)

「えんがわファンド」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、申請団体の募集を休止していましたが、受付を再開しました。申 請 受 付 期 間 は 、令和2年8月31日(月)17時までです 。調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する「えんがわファンド」をどうぞご活用ください!

※申請を検討される団体の方は、必ずえんがわファンド募集要項(改正版)をご覧ください。
https://chofu-npo-supportcenter.jp/donation/donation4/

えんがわファンドとは…
調布のまちがより豊かになることを目指して、幅広い分野のボランティア・市民活動及び児童や生徒の体験活動を支援することを目的としています。えんがわファンドを通じて、団体同士、あるいは市民活動支援センターと団体の方々が相互に交流し、協力しあう関係構築を目指しています。

市民が支えるえんがわファンド
えんがわファンドは、市民の皆様が市民の団体を支える仕組みです。具体的には、サポーター会費やちょうふチャリティーウォーク参加費、
市民・企業・団体の方々からいただいた寄付金、書き損じはがきや使用済み切手等による益金を原資としています。

令和元年度 使用済み切手、カード、外国コイン等、売り上げ報告

使用済み切手
        57,700円
書き損じはがき
         82,059円
使用済みカード
        100円
外国コイン
         52,410円
その他
         500円
合計金額
         192,769円



■サポーター会員になって活動団体を一緒に応援しませんか?
サポーターの皆様からいただく会費(1口3,000円)は、市民の想いで市民を支える仕組み「えんがわファンド」の貴重な原資になります!
昨年度は、64の団体・企業の皆様と44名の個人の方々がサポーター登録してくださいました。調布のまちがより豊かになることを願って、
あなたも一緒に団体を応援しませんか?

■ご自宅にある書き損じはがきや使用済み切手を寄付して団体をサポートすることもできます!
緊急事態宣言下の自粛期間中に、ご自宅を整理していたら使用済み切手や書き損じはがき、旅行先で残った外国コインなどが見つかったという方はいませんか?実はそうした物も、ご寄付いただくと、団体を支える貴重な原資に姿を変えます。心当たりのある方はぜひ一度ご自宅をご確認ください!


【えんがわファンド助成団体インタビュー】
今回は過去に助成を受けた3団体の皆さんに以下4つの質問を行いました。

Q1.えんがわファンドを申請したきっかけと理由は?
Q2.活用してみて、助成金以外にも良かったことはありますか?
Q3.えんがわファンドを通じて、活動の広がりや深まりを感じましたか?
Q4.センター職員との関わりやはばたきスペースの利用について便利だと感じることはありますか?

申請をお考えの団体さんには参考になる話も多いと思いますので、ぜひご覧ください。


特定非営利活動法人子どもの未来を紡ぐ会

子どもたちのキャリア形成を支援することで、貧困の連鎖を断ち切ることを目的に活動する団体です。
基礎学力定着のための学習のサポートや将来への希望を育むための心理的サポートを行っています。

Q1.市民活動支援センターのはばたきスペースで活動を行っていて身近な存在であったこと、使途に関する条件が緩やかだったため申請しようと思いました。センター職員から案内してくださったので良かったです。

Q2.交流会などを通じて他の団体の方と知り合うことができたことが良かったと思います。発達障がいのある子どもの理解と支援の仕方について教えている団体さんの講座に参加させていただき、勉強することができました。

Q3.交流会などによって、地域での認知が増し、活動に拡がりが出たと思います。

Q4.他の団体やボランティア希望の方を積極的に紹介してもらえるのでありがたいです。


Global 調布!

グローバル化の時代に調布市民が英語コミュニケーション・スキルと国際感覚を身に着け、地域と世界を結び付けられるようになることを目的に活動しています。東京オリンピック・パラリンピックでも市民によるおもてなしや貢献の機会を設けられるように努めています。

Q1.活動を始めた頃に、「市民の活動を支援する素晴らしい仕組みがある」と知り合いに紹介され、活動の拡がりに期待して申請しました。このファンドは地元での活動を助成しているため、私たちの活動を評価していただけるのではと期待しました。

Q2.市民活動支援センター主催の色々なイベントに参加する機会があり、他の団体の方と知り合い、コラボ活動を行うなど、ネットワークが拡がりました。また、えんがわファンドを活用して実施した事業に、英語を話して学べる機会を求めている方や、高い英語力を活用できずにいた方々にもご参加いただけ、私たちの活動の意義をあらためて感じられました。

Q3.ゲストを招き、英語の公開講演会やワークショップを開催するなど、活動の幅が拡がり、関心を持ってくださる市民とつながることができました。その結果、定期活動の「英語カフェ」への参加者が増加しました。また、調布市国際交流協会や社協とのつながりもでき、今後も情報や意見を交換し、協力し合えると実感しています。

Q4.職員の皆さん熱意があり、地域の豊かなネットワークを駆使しながら、イベントの準備などをしてくださることに感謝しています。時々はばたきスペースを利用しますが、市民が使える場があることは素晴らしいと思います。


手づくり市

『つくるからひろがる』をスローガンに、手作りを通じて人と人との和を広げていきたいと思い活動しています。既に手作りを楽しんでいる方の交流の場や、手作りをやってみたいけど技術がないなどお困りの方に情報や活動の場を提供しています。

Q1.活動の内容を拡げるため、市民活動支援センターへ相談に来た際、職員の方から教えていただきました。

Q2.えんがわファンドの助成を受けたことで、市民活動団体として認められ、活動場所を貸していただけるところが増えたり、学校や幼稚園、保育園などにもチラシの配布ができるようになったりしました。また、他の団体の方々との交流も刺激になりました。

Q3.コロナの影響でイベントができなくなったとき、えんがわファンド助成先団体の方が場所を貸してくださり、入園や入学用品で困っている方に協力できました。飲食店の方なども興味を持ってくださり、打合せを重ね、交流が深まりました。

Q4.活動のことなど、いつも丁寧に相談にのってくださり、提案もしていただき、活動が拡がりました。引き続き、手作り市の活動や手作りの楽しさを知っていただくために今年も申請したいと考えています。たくさんの方とまた交流できることを楽しみにしています。






サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2020年度にお納めいただいたサポーター会費が、2021年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■「染地うたごえ広場」からのお知らせ

「染地うたごえ広場」はコロナウイルス拡大防止のため、しばらくお休みをいたします。
再開できる環境が整いましたら、染地地域福祉センターに再開をお知らせするチラシを掲示いたします。
スタッフ一同、再開できる日を楽しみに準備を進めてまいりたいと思います。ご理解、ご協力、よろしくお願いいたします。

【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ フラOHANA フラダンスメンバー募集

【内 容】高齢者施設などを訪問しているフラダンスのグループです
【日 時】毎週金曜日13:30〜16:00
【場 所】菊野台地域福祉センター
【対 象】どなたでも
【備考・費用】月会費 2,000円
【問合せ】電話:090-9806-3184 担当 野沢


■ 絵手紙「ももの会」メンバー募集

【内 容】筆を動かし、口も動かし、楽しく絵手紙を学びましょう!月1に回、元気で顔を合わせ、絵手紙を学ぶ。
【日 時】月1回 第1土曜日 10:00〜正午
【場 所】染地地域福祉センター 第1・2集会所
【対 象】絵手紙に興味のある方どなたでも
【備考・参加費】参加費として1ヵ月200円
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ こんぺいとう子育てひろば、やってます!

【内 容】子育て中の親子、遊びにきてください。気を付けながら、おしゃべりして交流しましょう。(大人はマスク着用でお願いします)
【日 時】毎週火曜日 13:30〜16:30
【住 所】富士見町ふれあいの家(富士見町3−3−17)
【対 象】主に0歳児〜2歳児 親子
【費 用】無料
【備 考】申し込みは不要ですが、先着順でご利用頂き、密な状況になる場合は入室をお断りすることもあることをご了承ください。
【問合せ】NPO法人 調布子育てを結ぶこんぺいとうの会 こんぺいとう子育てひろば
     Eメール:hiroba@conpeitou.org


■ 染地パソコン教室&相談生徒さん募集‼

パソコンに向かっていると、わからないことや質問したいことがでてきませんか?

【内 容】テキストは使用しません。パソコンを始めたい方、パソコンに関してのなんでも相談に先生が1人1人に丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第1・4金曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【備考・参加費】予約制(事前申込をお願いします)
【問合せ・申込】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ シニアが絵本を楽しむ会メンバー募集

高齢者にとって滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介しあったり、朗読しています。月に1回は講師の方の指導を受けています。
初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日13:30〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬

クラシックに興味のある方、どなたでもご参加ください
クラシックが好きな方、クラシックを気軽に楽しみたい方、これからクラシックを聴いてみたい方 
クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬に集合

【内 容】クラシックが大好きなスタッフがCDを持ち寄り、解説を加えたクラシック鑑賞会を開催しています
【日 時】月1回 第3水曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】どなたでも大歓迎
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ ボランティアガイダンス

あなたの想いを地域の力に!
ボランティアに興味がある、はじめたい、どうすればよいか、知りたい・・
という方のためのガイダンスです ※事前の申込をお願い致します。

7月開催
【日 時】7月27日(月) 10:00〜11:00
【場 所】市民活動支援センター 国領あくろす2F
【問合せ】042-443-1220 担当:上野・鈴木

8月開催
【日 時】8月25日(火) 15:00〜16:00
【場 所】菊野台コーナー
【問合せ】042-481-6500 担当:青木


■「えんがわファンド」申請団体募集

調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです

【対 象】(1)調布市内で活動するポランティアグループ・市民活動団体
     (2)市内小中高等学校
【助成金額】各団体に対する助成金額は、10万円を上限とします。
【応募期間】2020年6月22日(月)午前9時〜8月31日(月)午後5時 必着
【助成対象期間】2020年6月 1日(月)午前9時〜2021年5月31日(月)
【問合せ】042-443-1220 市民活動支援センター
※申込方法などの詳細は市民活動支援センターHPでご確認いただくか、お問合せください。
https://chofu-npo-supportcenter.jp/donation/donation4/


■ 新型コロナウイルス感染症に関するボランティア保険の保障拡大について

この度、以下の2特約について、従来の特定感染症に指定感染症(新型コロナウイルス感染症)が追加され、補償の対象となりました。

(1)補償内容
・特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金および通院保険金」補償特約
・特定感染症危険「葬祭費用」補償特約
※ボランティア活動中にボランティア自信が特定感染症に羅漢した場合に補償されます。
※ボランティア活動中の感染か否かは、感染前後の状況等を確認し保険会社にて判断します。
・この取り扱いは令和2年2月1日に遡って補償します。
【問合せ先】有限会社東京福祉企画 03-3268-0910


■ 調布九条の会「憲法ひろば」7月例会

【講 演】失敗したアベノミクスと「消費増税+コロナ」不況
【お 話】山家悠紀夫さん(経済学者)
【日 時】7月25日(土)13:30〜16:00
【場 所】たづくり8階 映像シアター
【費 用】参加費300円
【問合せ】042-487-7710(石川)






postjuly.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


今だからこそできる新しい形をさがして
市民活動支援センター

毎年夏休みには、多くの中学生、高校生の方がボランティア体験プログラム「調布サマーボランティア」に参加され、市内の団体・施設でボランティア体験をしています。
今年もたくさんの参加者の方とお会いするのを楽しみにしていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、受け入れ先団体・施設の体制や、参加者の方の安全の確保の観点から、今年は「調布サマーボランティア」の開催は断念することとなりました。

pic01.png

仕方ない、でも・・今だからできることは、何かないのかな?と思いました。
世界中が大きく変化した今だから、自分が行った活動の効果をよりいっそう実感してもらえる機会となるかもしれないと考え、この度「調布STAYHOMEボランティア」と題して、自宅で出来るボランティアや寄付を中心とし たプログラムを立ち上げました!
これをきっかけに、寄付をすることで得られる学びや、自分の地域で活動している様々な団体・施設、社会資源を学ぶ機会となってほしいと考えています。
お申込み、お問合せお待ちしています!

調布STAYHOMEボランティア2020
https://chofu-npo-supportcenter.jp/_event/02-24027.html

pic02.png

(うえの)


オンライン化?!
西部コーナー

Zoom会議、聞いたことがありますか?在宅勤務のビジネスマンが打 ち 合 わ せ や 会 議 に 利 用 し て い る 手 段 だ と 思 っ て い ま し た 。
ところがZoom飲み会が流行っていると話題に。自分の周辺でもオンライン化の波が押し寄せてきています。
友人たちは、ヨガ教室、合唱レッスンもZoomで受け始めました。
最初は「そんなの無理!」と拒否していたIT苦手な70歳代、「メールのここ(URL)をプッチと押すだけ」と説明され、繋がるまでハラハラドキドキ、画面に知った顔が映り、声が聞こえると、「あら出来たわ」と喜んでいます。
集うことが出来ない制限の中、今までの生活を少しでも取り戻すためにオンラインを利用する人がとても多くなりました。

pic03.png

コロナ禍の被災地支援は、今までとは違い、出来るだけ接触を避け、密にならないようにする必要があります。
オンラインを利用し、移動せずに遠く離れた地域から支援が可能になります。
勿論、実際の被災した現地には、人力が必要ですが、並んでいたボランティア登録はネットで現地入り前に。
必要な支援物資も瞬時に発信、情報が遅くて同じ物資が多く届き余剰になることも避けられます。
ただしIT弱者が取り残されないように配慮も必要です。
コロナ感染拡大予防の為、外出を控え、人が集うことが出来なくなり、一気にオンライン化が進みました。
全国、世界ともオンラインで繋がることが出来ます。
被災地支援をする側も支援される側も必要となり、西部コーナーでも必須の課題となっています。 

(わくい)


nogaya.png

月29日から2ヶ月半もお休みをして、

6月23日から再開しました。

待ちかまえたように大勢の方が来て下さって、

笑顔、笑顔、、、そして笑顔。

お互いの健康を喜び合う方達に励まされる日々です。

お茶も出せない、食べ物も持ち込めない場ですが、

温かい言葉をかけあう場になっています。

今日を大切にと思う毎日です。

smile.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第168号に掲載しています)
posted by スタッフ at 11:09| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする