2019年09月15日

えんがわだより2019年9月号 No.159「ボランティアっておもしろい」

159 nagatsuki.jpg

今月号の内容は!

★特集記事
調布サマーボランティア2019
ボランティアっておもしろい

★お知らせ
第3回 道に迷ったお年よりをみんなで守ろう! In 上ノ原 / あなたの想いを地域の力に!ボランティアガイダンス など

★市民活動支援センターからの発信
「使用済み切手」「ボランティアの皆さんに感謝!」





<特集記事>
調布サマーボランティア2019
ボランティアっておもしろい

159号特集記事(PDF)

令和に入り初めての夏が終わり、秋の気配を感じる季節となりました。
市民活動支援センターでは、7月20日〜8月31日を体験期間とした調布サマーボランティアを実施いたしました。
調布サマーボランティアは、夏休み期間に様々な分野のボランティア活動を体験できるプログラムとして1993年にスタートして以来、今年で27回目を迎えました。今年は、近年では最多の参加者からお申し込みをいただき、多くの方がボランティアに触れるきっかけづくりができたと感じることができました。


サマーボランティアの流れ

@申込み期間
 7月1日(月)〜7月13日(土)
 個別相談は7月31日(水)まで対応
individually.png
Aサマーボランティア事前ガイダンス
 7月20日(土)10:30〜12:00
 ガイダンスゲストスピーカー
 NPO法人 にこにこの会ふくふく 大畑様
 社会福祉法人 桐仁会ちょうふ花園 江口様
 NPO法人 ちょうふこどもネット 小林様

Bボランティア体験期間
 7月20日(土)〜8月31日(土)

Cサマーボランティア報告会
 8月23日(金)16:00〜17:00
 8月28日(水)17:00〜18:00
 報告会ゲスト講師 
 ちょうふチャリティーウォーク実行委員長 水田様


協力団体・施設 66団体・76プログラム
ご協力ありがとうございました!

障がい分野
調布市知的障害者援護施設すまいる
調布市子ども発達センター通園事業あゆみ
旭出調布福祉作業所
DEMAE調布
さるすべり
NPO法人 にこにこの会 にこにこキッズルーム
NPO法人 ポコポコ・ホッピング(神代団地)
NPO法人 ポコポコ・ホッピング(富士見町)
調布市希望の家(本場)
調布市希望の家(分場)
TEAM COBRA
NPO法人えるぶ こども教室えるぶ
NPO法人えるぶ スペースえるぶ
調布市知的障害者援護施設 そよかぜ
放課後等デイサービス わかば
NPO法人 にこにこの会 ふくふく
放課後等デイサービス ちょうふの風

高齢分野
介護老人保健施設 フロリール調布
デイサービス ちょうふ花園
ときわぎ国領
さるすべりシニア調布(老人クラブ連合会)
SOMPOケア調布柴崎
調布八雲苑
介護老人保健施設 花水木
調布市ちょうふの里
至誠ホーム調布若葉ケアセンター
調布市社会福祉協議会 高齢者会食(市内10小学校)
調布市社会福祉協議会 ふれあい給食(市内4小学校) 

児童分野
調布市立上石原保育園
調布市立宮ノ下保育園
調布市立富士見保育園
調布市立上布田保育園
調布市立下布田保育園
オリンピア保育園
調布クオレ保育園
調布市立第五保育園
レオ保育園
調布市立神代保育園
調布市立金子保育園
調布市立東部保育園
調布市立仙川保育園
緑ヶ丘保育園
調布市立深大寺保育園
調布市立ひまわり保育園
西部児童館
調布ヶ丘児童館
つつじヶ丘児童館
富士見児童館
緑ヶ丘児童館
国領児童館
佐須児童館
染地児童館
東部児童館
深大寺児童館
調布市子ども家庭支援センターすこやか
青少年ステーションCAPS

その他
(地域のイベントや公共施設)
老人クラブ緑ヶ丘緑風会
調布市立中央図書館
調布市せんがわ劇場
野ヶ谷の郷運営員会
調布から!復興支援プロジェクト
深大寺そば組合
緑ヶ丘コーナー 2019夏休み親子体験!
こくりょう子ども食堂わいわい
こども食堂かくしょうじ
フードバンク調布


参加申し込み162名
たくさんの方にお申込みいただきました

世代の違い
世代の違い2.png

参加のきっかけは?
参加のきっかけは?2.png

man.png

分野
分野2.png

男女比
男女比2.png

サマーボランティアを何で知りましたか?
サマーボランティアを何で知りましたか?2.png

woman.png

サマーボランティアの参加は何回目ですか?
サマーボランティアの参加は何回目ですか?2.png


報告会を終えて

pic01.png

活動の報告会を8月23日・8月28日で開催しました。グループに分かれ、自身の体験を振り返りながら、参加者同士、お互いの体験内容や感じたことを伝えあいました。
後半は、市民ボランティアの水田征吾さんより、学生に向けた講話をしていただきました。ボランティアを日常の中に自然に取り入れ、いきいきと活動されている水田さんのお話を聞く皆さんの表情は真剣そのものでした!

pic02.png

活動報告より
・これからの進路を決める上でのヒントになりました。
・人との関わりや、仕事の大変さ、コミュニケーションの大切さを知ることができました。
・ボランティアは活動先のみでなく自分自身にもメリットがあり、学ぶことが多かったです。
・世代の違う人たちとのコミュニケーションは難しかったです。
・障がいをもっている方と関わるのは初めてでしたが、自分とあまり変わらないんだってわかりました。
・障がいの有無は関係なく、人が集える「場所」の大切さを学んだ。楽しいは共有できる、そして対等な存在であるということを改めて学ぶことができた。
などなど


プログラムを終えて〜アンケートから〜

ボランティアへの関心度の変化

グラフ01.png


今後もボランティア活動をしてみたいですか?

グラフ02.png

engawakun.png


センターから見た調布サマーボランティア2019

 今年は、例年より多くの方から参加申し込みをいただきました。
学校課題で参加された方もいらっしゃいましたが、自主的に体験してみたい、興味があるから参加したいという理由で参加された方が半数以上を上回ったことにとても驚いています。ボランティアというものは、自主性の原則にある通り、活動する本人が意義や意味を決めるものであり、その理解や感じ方には差異があり、人それぞれの理解があっていいと思います。
自主的に参加することを選択した場合でなくとも、経験したことがきっかけとなり、ボランティアやその他の社会課題に目を向けること、視野を広げることは可能であると思っています。
 実際、学校課題で参加された方のボランティア体験先をスタッフが見学した際、その方が真剣に取り組みながらも、地域の方々や、同じ体験者同士で楽しそうに活動する情景を見て、ボランティアとしてその団体の一員となっていることが伝わり、とても嬉しく感じました。
報告会に参加された方からは、今回の体験に意味をもってボランティア活動ができたという声をたくさん聞くことができました。
これも、ボランティアを受け入れてくださった団体・施設の皆様のご尽力のおかげだと思っております。感謝とともにお礼申し上げます。

 サマーボランティアは、【社会のため・他者のために行う活動】【自分の学びのため、価値観を広げ、強み・関心を知ること】を経験するということが目的でしたが、それはボランティアや、自分の時間を使って活動することに限られません。
社会についての知識を身につけること、その知識を周りに伝えていくこと、寄付をすること、公益的な活動をしている団体の商品を購入して応援していくこと、など生活の中にたくさんあり、それはほんの少しの意識の変化で行動に変わっていくものだと思います。
サマーボランティアに参加したことで、自分自身の視野を広げ、社会の見方が変わる、小さなきっかけとなってくれていることを願っています。
ボランティアはおもしろい!そんな魅力に気づいてもらえたら嬉しいと思っています!

 市民活動支援センターでは、非営利活動団体の活動支援や、ボランティアと市民をつなぐコーディネートだけでなく、知識を深めるための様々な講座や、地域をつなげるイベントなども開催しており、小さなことからでも、一緒に参加していただける方を募集しています。10月より公式SNSにて、ボランティアに興味が出てきた人・活動を知りたい・始めたい人に向けた情報を配信できるよう準備中です。市民活動支援センターホームページより登録が可能となっています。
皆さんの登録をお待ちしています\(^^)/

市民活動支援センター 上野


Vo Qr.png

アクセス待ってます★





サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2018年度にお納めいただいたサポーター会費が、2019年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■ 第3回 道に迷ったお年よりをみんなで守ろう! In 上ノ原

【内 容】@上ノ原小学校ダンスクラブによるダンス
A小学生向け認知症講座
 (参加した小学生にはオレンジリング進呈)
Bゆくえ不明のお年寄りをみんなで探そう!
 (グループを組んで認知症役の人を探す屋外活動)
【日 時】9月21日(土) 13:00〜16:10(12:30受付開始)
【場 所】上ノ原小学校体育館 周辺地域
【備 考】持ち物 室内履き、外履きを入れる袋、飲み物、動きやすい服装"
【問合せ】042-483-1350 西田医院 庄司


■ うたごえサロン菊野台

【内 容】@ギターの演奏に合わせて歌います
     Aスクリーンを見ながら歌います
【日 時】@9月21日(土) 13:30〜15:00
     A10月13日(日) 13:30〜15:00
【場 所】菊野台地域福祉センター
【問合せ】042-481-6500 菊野台コーナー 青木


■ スクエアステップ運動体験会

【内 容】ゲーム感覚でできるとっても楽しい軽運動です。 
【日 時】10月10日(木)・10月17日(木)
     14:00〜15:30
【場 所】西部地域福祉センター 大集会室
【対 象】運動制限のない方
【備考(費用等)】体験無料 定員20名(先着順) 運動のできる服装 飲み物持参
【問合せ】042-426-4335 西部コーナー 涌井 (火〜土 9:00〜17:00)


■ アロマ入門 アルガンオイルハンドクリーム

【内 容】オーガニックアルガンオイル、シアバターで高保湿のハンドクリームを作ります
【日 時】@10月15日(火) 13:30〜15:00 
     A10月19日(土) 13:30〜15:00 
【場 所】@緑ヶ丘地域福祉センター 
     A菊野台地域福祉センター
【備 考】800円(材料費)
【問合せ】@03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原(火・木・土) 
     A042-481-6500 菊野台コーナー 青木(火・木・土)


■ シニアが絵本を楽しむ会 メンバー募集

【内 容】絵本好き高齢者が集まり、好きな作品を紹介しあったり、朗読しています。月に1回は講師の方に指導を受けています。初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・第3水曜日 13:30〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室・第3集会室
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 調布桜いきいきクラブ 会員募集!!

【内 容】明るく楽しく健康にスポーツウェルネス吹矢をやってみませんか?
【日 時】毎週木曜日 13:00〜16:00
【場 所】調布市民プラザ「あくろす」3F
【備 考】入部金2,000円、月会費3,000円(月4回分)
【問合せ】03-3326-9229 半田
     留守番に伝言をいれてください。折り返し連絡します。


■ 音声ガイド、字幕つき映画体験会

【内 容】目や耳の不自由な方及び高齢者と共に音声ガイド・字幕付き映画を楽しみます。
     @嘘を愛する女
     A散り椿
【日 時】@9月25日(水) 13:30〜15:30
     A10月2日(水) 13:30〜15:30
【場 所】@総合福祉センター2F ボランティア活動室
     A総合福祉センター4F 視聴覚室
【対 象】どなたでもご参加ください
【備考(費用等)】無料 ※事前に申込みが必要です
        一緒に活動してくださるメンバー募集中!
【問合せ】電話&FAX 042-482-6581
     DEMAE調布 代表 石川嗣郎


■ 絵手紙「ももの会」メンバー募集

筆を動かし、口も動かし楽しく絵手紙を学びましょう!!

【内 容】月に1回、元気で顔を合わせ、絵手紙を学ぶ
【日 時】月1回 第1土曜日 10:00〜正午
【場 所】染地地域福祉センター 第1・2集会室
【対 象】絵手紙に興味のある方どなたでも
【備 考】参加費として1か月200円
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ "染地パソコン教室 生徒さん募集!!

パソコンに向かっているとわからないこと質問したいことがでてきませんか?そんな時は、是非ご参加ください

【内 容】テキストは使用しません。パソコンを始めたい方、パソコンのことでわからないことがありましたらご参加ください。先生が1人1人の質問に丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第2・4土曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ クラシックサロン♪なんてったってクラシック♪

クラシックが好きな方、クラシックを気軽に楽しみたい方、これからクラシックを聴いてみたい方、クラシックサロン♪なんてったってクラシック♪に集合‼

【内 容】クラシック大好きのスタッフがCDを持ち寄り、解説を交えたクラシック鑑賞会を開催しています。
【日 時】月1回 第3水曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【備 考】無料
【対 象】どなたでも大歓迎
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ ボランティアガイダンス

あなたの想いを地域の力に!
ボランティアに興味のある初心者の方、地域とのつながりを求めているあなたのための講座です!

【日 時】10月26日(土) 13:30〜14:30
【問合せ】03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原(火・木・土)
【場 所】緑ヶ丘地域福祉センター

【日 時】11月16日(土) 14:00〜15:00
【問合せ】042-426-4335 西部コーナー 涌井(火〜土)
【場 所】西部地域福祉センター 

【日 時】12月5日(木) 13:00〜14:00
【問合せ】TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221
     MAIL:npo-center@ccsw.or.jp (担当 上野)
【場 所】調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター はばたき





postseptember.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


使用済み切手 小島町コーナー

届いたお手紙に貼ってあるスタンプ済みの切手、この切手を集めて仕分け、整理すると、また商品として価値のあるものになるってご存知ですか?整理済み切手を専門業者へ買い取ってもらい、その収益を寄付します。昨年は、45,796円になりました。切手整理の活動を続けてもう20年以上になる「切手かわせみ」というボランティア団体があります。最初の頃は、時間がある人が好きな時にふらっと来所、切手を仕分けるなどの作業をしていました。その後メンバーが増え、現在のように活動室で定期的な活動をするようになりました。

pic01.png
切手の種類仕分けの様子

活動の魅力の一つは、切手の素敵な絵柄に触れることでしょうか?!一つひとつ、じっくり絵柄を見ていると飽きることがありません。あとは、やはりお仲間との会話。手を動かしながら、口も動かす…。元気になる源です。
小島町の他にも、染地、菊野台や国領でも同じ活動をしている団体があります。また、会社で仲間に声かけて切手を集めて届けて下さる方、テレビ見ながら手を動かせるから…と、自宅で整理して下さる方など、個人的に支援して下さる方も大勢います。どんな形でも、この活動に携わって下さる方を随時募集しています。

pic02.png
切手整理(束ね)の様子

(さとう)


ボランティアの皆さんに感謝! 西部コーナー

西部コーナーがある西部地域福祉センターに歌声が響き渡っています♪地域の音楽療法士の方がお仲間と「西部うたごえ広場」を開催。えんがわファンド助成金で購入したプロジェクターをフルに活用、歌詞や歌にまつわる写真が映し出されると、参加者の皆さんから子どもの頃や青春時代のお話が次から次と。画面のイラストを見ながら歌って楽器を鳴らして脳トレも。

pic03.png
脳トレ

近くの小学校の図書サークルメンバー有志による「けやきぶんこ」。生後4か月から2歳前後の乳幼児達。真剣な顔つきで絵本を覗き込み、手作りキャラクターが登場するおはなしに夢中。センターの部屋はメンバーの方々が作成した可愛らしい作品に飾られ別世界。ママ達にとってはリフレッシュの場になっています。高齢者会食では、皆さんのテーブルの真ん中に季節の花が。ボランティアの皆さんの工夫と熱意で0歳から90歳代の参加者は笑顔になっています。

pic04.png
歌詞を見ながら

(わくい)



nogaya.png

きなかぼちゃが届きました。

高級な稲庭うどんやゆで玉子も

ふれあいランチで皆さんに食べていただくために、

うでをふるいます

多勢の方々の善意に感謝しながら、

楽しいランチの時間をすごします。

pumpkin.png

(よつや)


(今回の記事は「えんがわだより」第159号に掲載しています)
posted by スタッフ at 08:30| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする