2019年06月15日

えんがわだより2019年6月号 No.156「街のW出演者Wになる方法」

156 minazuki.jpg

今月号の内容は!

★特集記事
グッドモーニング調布!
街のW出演者Wになる方法

★お知らせ
調布ぷれジョブ!サポーター募集 / 多摩いのちの電話・支援ボランティア講座 など

☆新コーナー☆
★市民活動支援センターからの発信
「最近思うこと」「つながり」





<特集記事>
グッドモーニング調布!
街のW出演者Wになる方法

156号特集記事(PDF)

 あなたは“自分の住む街がこうだったらいいのに”、“もっとこういうことがあったらいいのに”と思ったことはありませんか?
でも、日々の仕事や子育てなどが忙しくできなかったり、ゆっくり考える余裕がなかったりと簡単ではありません。
 今回えんがわだよりで取り上げるのは、そうした想いで実際に行動された方のお話です。ちょっとしたことから、住んでいる
街に関わっていくことができることをお伝えします。

 5月の下旬、もう初夏の香りが漂う中、調布の地域プロジェクトとして活動している団体『グッドモーニング調布!』の活動に参加しました。
 この団体の活動コンセプトは「誰もが自分の街のキャストになろう!住みたい街は創ることができる」です。
 まずは仙川駅周辺の掃除活動から始まります。その後、駅前の公園に植えられた草花の水遣り、手入れ、そして養蜂の現場を見学させてもらいました。その後は、仙川の街から採れたはちみつの瓶詰めと試食。そのはちみつは「仙川の街の味が凝縮されている」ものでした。

pic1,2.png

これらの活動に対する想いを、代表の児島秀樹さんに伺いました。

住みたい街の「第一歩」はゴミ拾いから

 この活動を始めたのは、私が仙川に住みはじめて10 年経った40歳のときからです。地方出身の私は、東京で就職してから、家庭と仕事の往復だけの生活を送ってきました。そのため、自分の住む地域のことを知る機会もなければ、街に知り合いもいません。しかし、そんな生活をしていた私は自分の人生を振り返ってみたとき、そしてこれからの人生を見通してみたときに、何か違うのではないかと疑問を感じるようになったのです。でも、何をしたらいいのかなんて何も分かりません。

 出社前に朝の5時半から30分間だけ、駅前掃除を取り敢えず半年間、何も考えず毎日やってみました。すると毎朝会う街の人たちが私に声を掛けてくれるようになりました。「おはよう、ご苦労様!」これを毎朝繰り返した結果、街に知り合いが増えました。さらには、同じマンションの住民にも声を掛けたところ、同じ気持ちの住民が一緒に街でゴミ拾いをしてくれるようになりました。その後、数ヶ月間ゴミ拾いを続けていく中で、今度は何か街に物足りなさを感じるようになりました。それは、この街には花がないということです。そこから、駅前や公園の緑化活動をしようと考えました。特別に花が好きという訳ではなかったのですが、住みたいと思う街には花が咲いているイメージがありました。それが仙川にはなかったのです。
 掃除メンバーに声掛けをして、一緒に花植えを行いました。ある日公園にラベンダーを植えたときでした。みつばちが飛んできて蜜を吸っていたのです。自分の植えた花に蜜を吸いにくるなんて、そんなはちみつが採れる街に住めたら楽しいよね!と純粋に心の中で感じました。そのことをマンション住民にも話すと、皆興味を持ってくれて、1年後にはなんとマンションのゴミ置場の屋上でみつばちを飼うことになるのです。これも、ゴミ拾いと緑化活動からのつながりで、みんなの住みたい街のイメージと重なったからなんだと考えています。

pic3.png

街の“出演者”になる

先ほどもお話ししたとおり、私はこの街に住んでいるという実感がほとんどありませんでした。なぜなら、自分が街の“ゲスト(お客様)”である限り、スーパーやコンビニ、カフェなどで買い物をするだけの通りすがりの“消費者”の一人でしかなく、街の中に自分がいなくても誰も困らず、何の存在感もない住民に過ぎないからです。結果として、この街には自分の“出番”なんてありません。
 そのような中で街のゴミ拾いを始めた私は、人との繋がりができたことをきっかけに、少しずつ街の中での自分の存在感を感じることができようになりました。

夢も希望も地域にある

 テーマパークの従業員の人たちは“キャスト”と呼ばれることがあります。パレードの出演者や受付、販売員、清掃の人も含めた誰もが、夢の舞台の“キャスト”なんですよね。テーマパークはどうして楽しい街なのかというと、全ての“キャスト”が一緒になって夢の街を創っているからだと思うのです。
 また、日本人がヨーロッパへ海外旅行に行って花が咲き乱れる街並みや風景を見て、素敵な街並みだったと感想を聞いたりしますが、ヨーロッパの人たちも皆自分たちでその花のお世話をしているのです。なぜ、日本ではそんな街並みにならないのか?それはみんながやらないからです。忙しいは言い訳になりません。本当に住みたい街のためだったら、できるはずですが、どうしたらよいのかが分からないのだと思います。なぜなら、街の中で主体的に動いてみるという教育を受けていないからです。私の活動を地域の方に話すと、多くの方から「夢があるね」といっていただきます。だから私は「夢も希望も地域にある」と考えているのです。

pic4,5.png

まずは「こうなったらいいな」から始めよう

 私は最近人前で話をするときには、必ずこう切り出します。「皆さんは自分の住んでいる街に友だちはいますか?」と。特に男性はほぼ9割の方がいないと答えます。多くの男性は会社での人間関係を唯一のコミュニティとして生きています。ましてや、自分の街のコミュニティなんか持っているはずがありません。趣味の仲間はいるかもしれませんが。それが地域活動に繋がると街も良くなり、友達も増え、暮らしが一変するのです。私はそれを実践することで、自分の街に暮らしていることの実感を持つことができるようになりました。

 児島さんは今回の体験会の中で、このようなことをおっしゃっていました。
 「自分の活動は街への奉仕だと思ってやっている訳ではない。気負わずに自分が楽しいと思えることで活動しているだけ。住みたい街は誰も創ってくれない。自分で創るしかない」と。そこには「誰かのためにとか、街のためにという使命という高いハードル設定をしている訳ではなく自分ができること、やりたいことから始めればいい」と気づかせてもらいました。「他の人から強制されるものは受け身でつまらないもの。でも自分がやりたいことで他の人が喜んでくれれば、もっと嬉しいですよね」
 「街の“出演者”になることは身近なことからできる」ということを気づかせてくれた素敵な出会いでした。

(取材:市民活動支援センター 簾尾)

pic6.png
(略歴)
児島秀樹さん
グッドモーニング調布!代表
2014 年に「グッドモーニング仙川!プロジェクト」を始動。
仙川駅前のゴミ拾いや緑化活動のほか、マンション養蜂へと活動を広げる。平日は会社勤め、週末は地域活動を行っている。2019年4月よりグッドモーニング仙川!プロジェクトは、活動を調布市全体に広げるため、「グッドモーニング調布!」として新たにスタート。







サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

「調布で活動する団体を資金面から応援しよう」
皆様、市民活動支援センターでは、サポーター会員を引き続き募集しています。2018年度にお納めいただいたサポーター会費が、2019年度の「えんがわファンド」助成金の原資として活用されます。調布のまちがよりよくなるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるように、あなたも、サポーター会費を納める(資金提供)という形で、「よりよいまちへの循環」の輪に参加していただけませんか?

市民活動支援センター センター長 木 直

よりよいまちへの循環.png

えんがわファンドの流れ

市民
「サポーター会員になって地域を支える1人になろう」


サポーター会費としていただいたお金が、
えんがわファンドの主な財源となります


えんがわファンド
「調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです」


「えんがわファンド」を通して、調布の
まちをよくする活動をしているボランティア
グループ・市民活動団体に助成されます


NPO・ボランティア団体

「2006年 〜2018年まで延べ200以上の団体に総額1,100万円以上を助成してきました」


助成先団体は、このファンドによって
地域がより豊かになるよう、活動成果
でまちに還元しています


市民



サポーター会員になるには

●サポーター会費●
年額:1口3,000円
会員期間:加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

●納入方法●

窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
※休館日:毎月第3月曜日 月曜日が祝日の場合は、翌平日

郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者名:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください。

サポーター会員が得られる6つの特典

@年に1回開催する「えんがわファンド交流会」の招待状が届きます

A機関誌「えんがわだより」が毎月1回届きます

Bセンターが主催する講座の参加費、電話代行サービスの利用料が20%OFFになります

Cセンター内にあるフリースペース「はばたき」を2ヶ月前から予約できます

Dセンター内にあるサポーター会員専用の広報スペースを使用できます

Eボランティアや市民活動情報の提供を定期的に受けられます(希望者のみ)

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2019年2月号 No.152「よりよいまちへの循環」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/464157051.html
これまでにえんがわファンドの助成を受けた団体の方からコメントをいただきました

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ


■ 調布ぷれジョブ!ジョブサポーター募集!

【内 容】支援を必要とする子どもたちと一緒に、地域の企業などで、お仕事体験に付き添います。
     ※必要に応じてボランティア保険(300円)に加入していただく場合があります。
【日 時】定例会:月1回、支援を必要とする子どもたち(チャレンジド)と、サポーター、保護者、地域の協力企業や店舗の方が集まり活動予定や内容について話し合っています。詳細についてはお問い合わせください。
     ジョブサポーター:週に1回1時間(14時〜15時もしくは15時45分〜16時45分)、約半年間。
※複数の人数で日程調整を行いますので月1回でも大丈夫です。
【場 所】主に調布市内の企業や施設など。  
【問合せ】都立調布特別支援学校 (担当:沖谷・人見)
     TEL:042-487-7221 FAX:042-481-9401
✉:S1000254@section.metro.tokyo.jp
     ※メールの場合、件名に「ぷれジョブ」と入力してください。


■ 音声ガイド・字幕付き映画体験会

目や耳の不自由な方及び高齢者と共に音声ガイド・字幕付き映画を楽しみます

【内 容】 @ペコロスの母に会いに行く
      A5パーセントの奇跡
【日 時】 @6/26(水)13:30〜15:30
      A7/3(水)13:30〜15:30
【場 所】 @総合福祉センター 2F ボランティア活動室
      A総合福祉センター 4F 視聴覚室
【対 象】 どなたでもご参加ください
【備 考】 参加費無料 ※事前に申し込みが必要です
       一緒に活動してくださるメンバーを募集中!
【問合せ】 DEMAE調布 代表 石川嗣郎 TEL&FAX:042-482-6581


■ なんてったってクラシック

クラシックが好きな方、クラシックを気軽に楽しみたい方、これからクラシックを聴いてみたい方、クラシックサロン♬なんてったってクラシック♬に集合‼

【内 容】クラシック大好きなスタッフがCD持ち寄り、解説を加えたクラシック鑑賞会を開催しています。
【日 時】月1回 第3水曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】どなたでも大歓迎
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 多摩いのちの電話・支援ボランティア講座

【内 容】「いのちの電話と支援ボランティアの役割」
     「支援ボランティアの活動」
【日 時】7/20(土)13時30〜16時30分
【場 所】ボランティア活動センターこくぶんじ(国分寺市東元町3-17-2)
【対 象】東京多摩いのちの電話のイベント・バザー・広報
     手作り・グループ等の活動を積極的に支援してくださる方(電話相談には関わりません)
【費 用】参加費:1000円
【備 考】7/12(金)迄に申込み
【問合せ】TEL:042-328-4441 FAX:042-328-4440
     認定NPO法人 東京多摩いのちの電話事務局


■ 大人の塗り絵を一度体験しませんか?

【内 容】 山根 貞代 氏 指導
【日 時】 6月20日(木) 7月18日(木) 10時〜12時
【場 所】 緑ヶ丘地域福祉センター
【対 象】 初心者から
【備 考】 体験は無料 持ち物不要
【問合せ】 03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原


■ 絵手紙「ももの会」メンバー募集

筆を動かし、口も動かし楽しく絵手紙を学びましょう!!

【内 容】月1回、元気で顔を合わせ、絵手紙を学ぶ
【日 時】月1回 第1土曜日 10:00〜正午
【場 所】染地地域福祉センター 第1・2集会室
【対 象】絵手紙に興味のある方どなたでも
【備 考】参加費として1か月200円
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 染地パソコン教室 生徒さん募集!!

パソコンに向かっていると、わからないことや質問したいことがでてきませんか?そんな時は、是非ご参加ください

【内 容】テキストは使用しません。パソコンを始めたい方、パソコンのことでわからないことがありましたらご参加ください。先生が1人1人の質問に丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第2・4土曜日 14:00〜16:00

【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 食べられるのにもったいない!フードバンクちょうふ

フードバンク調布は、まだ食べられるのに家庭で眠っている食品を集めて、必要としている施設や家庭にお渡しします。
助け合いにもエコにも役立つフードバンク!ご連絡をお待ちしています。"

家庭で眠っている食品がある方
食品を寄贈してください

未開封で賞味期限が1ヶ月以上ある食品(開封したもの、生鮮食品、酒類、サプリメント冷蔵・冷凍食品は取り扱っておりません)

食べ物を必要としている団体・個人の方
まずはフードバンク調布に連絡をしてください

様々な事情で食べ物を必要としている方、フードバンク調布または調布市社会福祉協議会(042-481-7693)にご連絡ください。困ったときはお互い様です!

連絡先
≪事務所・倉庫≫サレジオ修道院ユースセンター2階
〒182-0033 調布市富士見町3-21-12 
TEL:070-4447-3054 Email : info@foodbank-chofu.org
(月・木 10:00〜15:00)

■ ご寄付をお願いします

浴衣地の反物の寄付をお願いします
総合福祉センターの通所介護事業「アイビー」では、デイ サービスの作業で、浴衣地を裂いて行う裂き織を行う予定 です。そのため浴衣生地の反物の寄付を募っています。 総合福祉センター3階アイビーで集めています。
【問合せ】042-481-7660 担当 通所介護サービス係

古い着物の寄付をお願いします
古い着物を使って、裂き織(さきおり)のバッグやポーチ など、雑貨商品を作っています。ご家庭に不要になった古い 着物がありましたら、ご寄付をお願いいたします。
【問合せ】社会福祉法人新の会 はあと・ふる・えりあ
     042-490-8625 担当 高木 浅野

外国コイン等の寄付をお願いします
換金しなかった外国コイン、お手元にありませんか? 他にも、書き損じのハガキ(私製はがきは除く)や、不要になった入れ歯や、使用済み切手も募っています。ご寄付いただいた品は換金し、調布のまちのために活動するボランティア・市民活動団体を応援する助成金えんがわファンドの原資となります。 総合福祉センター2階で回収しています。
【問合せ】042-481-7695 小島町コーナー 佐藤・津留

未使用のタオルの寄付もお待ちしています
❀小島町・西部・染地・緑ヶ丘各コーナーまで❀





postjune.jpg

私たちは、日々いろいろな方々と共に、ボランティア・市民活動に関する取り組みを行っています。その中で、センター・コーナーのコーディネーターが感じたことや、みなさんに知ってほしい活動をご紹介します。


緑ヶ丘コーナー  最近思うこと

コーナーの入っている緑ヶ丘地域福祉センターは、調布の東北部にあります。周辺には、緑ヶ丘小学校、幼稚園、保育園、すぐ隣に児童館など集中していて、窓辺にはいつも子どもたちの元気な声が聞こえています。仙川や「みんなの森」で親しまれている雑木林など、自然が残る、緑豊かな町でもあります。

pic7.png
緑ヶ丘地域福祉センター入り口 学校帰りの子どもたち

ただ近年、55年以上が経つ都営緑ヶ丘団地の建て替えに伴い、高齢者の孤立、引きこもりなどの問題が浮き彫りになってきました。
これまであっても見えなかったことが、引っ越しという変化によって見えてきただけだと思われます。比率の高い高齢者と、若い世代のとくに子どもたちが、日頃から自然にふれあいができる居場所が求められているのではないでしょうか。
W人生100年時代Wが到来し、高齢者も皆、元気で住み慣れた町で暮らしたいと願っています。コーナーはこのような問題にも、皆さまと一緒に考え、気楽に話し合いいただける場になりたいと思っています。

pic8.png
緑ヶ丘団地と、その先に緑ヶ丘のまち

(おりはら)


染地コーナー つながり

ポツンとドアの前に立ち、ちょっと照れくさそうに入ってくる高齢の男性や、なかなか集団に入っていけない方など、さまざまな事情や心配事を抱えた方達が、話を聞いて欲しくてコーナーを訪ねて見えます。
一人一人の話に耳を傾け、思いに寄り添いながら、少しでも地域とつながって欲しいと、染地コーナーでは地域の方々のお力をいただき、いろいろな活動やサロンを紹介しています。

pic9.png
染地コーナー おしゃべりしにきてください

おしゃべりが苦手な方でも参加できる「クラシックサロン」や、介護保険を使うまでではないが、ちょっと見守りが必要な方々にお声かけをして「男はつらいよシリーズを全巻観よう!」をテーマにバリアフリー映画体験会を開催したり、
「一人暮らしで声の出し方を忘れそう・・」なんて話しかけてくる方には、高齢者を対象に滑舌を良くする「シニアが絵本を楽しむ会」を立ち上げ、地域とのつながる居場所づくりに試行錯誤の毎日です。
染地コーナーは、ひとりでも多くの方が出会い、地域とつながる居場所でありたいと思っています。

pic10.png
なんてったってクラシック おしゃべりしなくても

(わたなべ)


(今回の記事は「えんがわだより」第156号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする