2018年11月16日

えんがわだより2018年11・12月号 No.150「市民活動の相談 承ります!」

november december thank.jpg

今月号の内容は!

★特集記事
市民活動の相談 承ります!

★お知らせ
平成最後だ!笑って過ごそう染地忘年会 / ひだまりサロン「ひまわりベビー👶」 など

★今月のつぶやき
「おかげさまで150号」「なんてったって『忘年会』」ほか






<特集記事>

市民活動の相談 承ります!

150号特集記事.pdf
150号特集記事.jpg

えんがわだよりの第1号を発行したのは2005年4月です。そこから13年以上の月日がたち、ついに今号で150号に到達しました。
今号では、市民活動支援センター及び各コーナーで日々寄せられているご相談の一例を紹介します。以下に記載の例のように、多彩な相談をいただいています。お気軽に市民活動支援センター及び各コーナーに足を運んでみてください。

団体の設立や運営に関する相談

普段、音楽教室で働いています。音楽で地域のみなさんに元気になってほしいのですが、音楽療法を活かした交流会をどこかで開けませんか。


piano_girl_200.png

将来、枠組みのない居場所を作りたいです。特に子どもがのびのびと成長できるような、地域の大人と自然に触れあったり、創作活動や食の交流ができる場となるのが夢です。どんなことから考え始めればいいでしょうか?


kids_jidou_club_200.png

滑舌を良くすることが認知症予防につながると聞いたのですが、活動をしている団体はありますか。なければ地域の人に伝えるための講座を企画したいです。


hirameki_man_200.png

地区協議会として、自分たちが住む地域の防災意識を高め、住民同士の交流も図れるプログラムを作りたいです。企画から携わってもらえませんか。


saigai_hinan2_200.png

NPOの運営について悩んでいます。寄付の募り方、メンバー拡大、規約改正、広報の工夫、総会の進め方などについて相談に乗ってほしい。


kaisya_komaru_man_200.png


助成金や寄付など、資金に関する相談

団体の活動を広く知ってもらうためにパンフレットを作りたいのですが、資金面で困っています。えんがわファンド(※)の申請方法を教えてください。


computer_side_woman_200.png
※えんがわファンド…調布のボランティア・市民活動を応援する市民活動支援センターの助成金プログラム

外部の助成金を申請するにあたり、申請書の書き方や推薦コメントの協力など相談に乗ってくれませんか。


writing06_businessman_200.png

熊本の被災地へ軽トラックを寄付したい。寄付先があれば直接自分で運転して運びます。


car_kei_truck_200.png


情報提供・団体紹介の相談

小学校の夏休みの調べ学習で防災について学びたいです。何か情報はありませんか。


syukudai_natsuyasumi_boy_200.png

保育園で保護者主催のバザーをします。子どもたちに楽しんでもらうために、人形劇や紙芝居などをしてもらえる団体を紹介してもらえませんか。


ningyougeki_200.png


スタッフ派遣の相談

NPOで代表をしているのですが、メンバーの活動意義が高まるようNPOの勉強会で話題提供をしてもらえませんか。


job_seijika_youngman_200.png

ボランティアガイダンスを出張でやってもらえませんか。


benkyoukai_kunrenkou_international_200.png

ボランティア活動したい人と、ボランティアを探している人からの相談

冬休みで時間があって、サマーボランティアで体験した施設が楽しかったのでまた行きたいです。


kaigo_students_200.png

調布の自宅から市外の特別支援学校に通う、障がいのある児童の登下校の付き添いボランティア。応募がなさそうなので、私が力になりたいと思います。


tsugaku_boy_200.png

定年退職し時間が出来たので、社会とかかわりを持つためにボランティア活動がしたいです。


teinen_slowlife_200.png

自宅が近いので寄ってみました。何もないと家から出なくなってしまうので、何か自分にもできることはないでしょうか。ちなみに手仕事が好きです。


amimono_200.png

調布に引っ越してきたばかりで、知り合いがまだいません。休日に時間があるので、ボランティアを通して知り合いを増やしたいです。


aisatsu_sayounara_200.png

日本語を学びたいです。ボランティアで教えてくれる人はいませんか。


study_nihongo_200.png


活動場所などの相談

市民活動支援センターのフリースペースはばたきで活動を行っているNPOです。毎回使用する学習支援の教材や会議の資料、パソコンなどを保管できる場所はありませんか。


nimotsu_hakobu_woman_200.png

認知症カフェを作りたいのですが、この地域で活動内容に適した場所はありますか。


zatsudan_obaasan_200.png

企業からの相談

企業の周年事業として、社会貢献や地域貢献活動を行いたいです。どのようなプログラムがあるか教えてほしいです。


kaisya_kaiwa_communication_200.png

会社の防災備蓄倉庫の更新にあたり、備蓄食料を寄付したいです。


bousai_goods_200.png

ご覧いただきましたように、市民活動支援センターや各コーナーでは、さまざまなご相談をお受けしています。その相談から、新しい活動が生まれたり、団体が設立されることもあります。地域での防災の取り組みの相談から、センターと地域が連携した「防災まち歩き」が企画、実施された事例もあります。
私たち職員は、相談される方々と共に考え、寄り添いながら、次の一歩への支援を進めてまいります。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
センター及び各コーナーの所在地、連絡先は「えんがわだより」最終ページにございます。

市民活動支援センター センター長 木 直





サポーター募集「調布のまちをあなたが変える」●

えんがわファンドとは、調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです。調布のまちが暮らしやすくなるための活動や、社会課題解決のための活動、先進的な活動などをしている調布のボランティアグループ・市民活動団体へ助成しています。

調布のまちがより豊かになるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるよう応援しませんか?

●サポーター会費
年額:1口 3,000円
会員期間:ご加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

納入方法
窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
     ※毎月第3月曜日及び年末年始は休み
郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者明:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
     ※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください

webでご覧になりたい方はこちら↓

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5

えんがわだより2018年5月号 No.144「もったいないと助けたい / 助成団体レポート FINAL」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/459468014.html
レポートFINAL





お知らせ

■ シニアが絵本を楽しむ会 メンバー募集

高齢者にとって、滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介し合って、朗読しています。月に1回は講師の方に指導を受けています。初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日 13:30〜15:00
【場 所】染地地域福祉センター 第3・4集会室
【備 考】参加費:1ヵ月 300円
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも
【問合せ】☎042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 下石原手芸同好会 メンバー募集〜ほっこり・にっこり・小物づくり〜

【内 容】手芸好きなシニアが集まり、裁縫、編み物お茶を楽しんでいます。ふじみ児童館や、地域のまつり、富士見ふれあいのつどいではお手玉づくりボランティア活動を通じて、子どもたちと楽しく交流しています。
【日 時】月2回第1・3木曜日 13:00〜16:00 
【場 所】富士見地域福祉センター 併用室
【備 考】手芸の好きな方・どなたでも
【申込み・問合せ】☎042-481-8719 富士見コーナー 岡澤


■ こんぺいとう 子育てひろば やってます!

こんぺいとう 子育てひろば やってます!自由にのんびり楽しい時間を過ごしましょう♪

【内 容】子育て中の親子、遊びに来てください。 おしゃべりして交流しましょう。
【日 時】毎週火曜日 13:30〜16:30
【場 所】富士見町ふれあいの家(富士見町3-3-17)
【対 象】主に 0歳児〜2歳児 親子
【費 用】無料
【備 考】申込み不要。当日直接お越しください。
【問合せ】NPO法人調布子育てを結ぶこんぺいとうの会
     こんぺいとう子育てひろば ✉:hiroba@conpeitou.org 横山


■ 染地パソコン教室 生徒さん募集

パソコンに向かっていると、わからないことや質問したいことがでてきませんか? 是非ご参加下さい。

【内 容】テキストは使用しません。先生が1人1人の質問に丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第2・4土曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【会 費】なし
【問合せ】☎042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 小地域交流事業パートU みんなおいでよ!〜友達になろう〜『平成最後だ!笑って過ごそう染地忘年会 』

染地で活動するボランティアの皆さま、地域の皆さま、ご一緒に笑って、踊って平成最後の忘年会を楽しみましょう。

【内 容】成瀬わさび バルーンアートショー&エイサー体験
     先着100名限定、豚汁とおにぎり🍙100円
【日 時】12月16日(日) 11:30〜14:00
【場 所】染地地域福祉センター    
【問合せ】☎042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ ひだまりサロン「ひまわりベビー👶」ご案内

子育てで悩みを抱え、疲れている、お母さん方にリラックスしていただける場を、ちょっぴり子育ての先輩やおばあちゃんがご用意し、お待ちしています💛

【内 容】 クリスマスの飾りつくり、うた、手遊びなど&小さなパーティー
【日 時】 12月20日(木) 10:30〜12:00 今後も毎月第3木曜日同じ時間で開催
【場 所】 緑ヶ丘地域福祉センター 和室
【費 用】 200円(お菓子代)
【対 象】 お子さんの年齢問いません。ご一緒に直接どうぞ。
【問合せ】 ☎03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原


■ 音声ガイド、字幕つき映画体験会

目や耳の不自由な方及び高齢者と共に音声ガイド・字幕付き映画を楽しみます。

【内 容】@ラストレシピ Aしゃぼん玉
【日 時】@11月28日(水) 13:30〜15:30
     A12月5日(水) 13:30〜15:30
【場 所】@総合福祉センター2F ボランティア活動室
     A総合福祉センター4F 視聴覚室
【備 考】 無料 ※事前に申込みが必要です。一緒に活動してくださるメンバー募集中!
【対 象】 どなたでもご参加ください
【申込み・問合せ】 ☎&fax 042-482-6581 DEMAE調布 代表 石川嗣郎


■ 寄付のお願い

未使用のタオルのご寄付をお願いします
清拭のタオルや雑巾を縫って、高齢者施設に寄付する活動をしているボランティア団体があります。 ご家庭に不要のタオルがありましたら
ご寄付ください。

【タオル受付】以下の3コーナー
【問 合 せ】
☎042-481-7695 小島町コーナー 佐藤・津留
☎042-481-3790 染地コーナー 渡邉
☎03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原

外国コイン・紙幣、入れ歯、使用済み切手、書き損じはがき(私製はがきは除く)の寄付をお願いします。
いただいた品は換金し、調布のまちのための市民活動を応援する助成金「えんがわファンド」の原資となります。

総合福祉センター2階で回収しています。小島町コーナー 042-481-7695


■ ボランティアガイダンス

これからボランティアを始めたい方のための講座です。お気軽にご参加ください。

・12月12日(水) 10:30 〜11:30 西部コーナー 042-426-4335





tweetnovemberdecember.jpg

●市民活動支援センター(たかぎ)
choku.png

んがわだより」も

おかげさまで150号


を迎えることができました。

これもひとえにセンターを支えてくださる

多くの皆様のおかげと感謝申し上げます。

この「えんがわだより」を通じて、

さまざまな情報提供や活動紹介を行ってきたことで、

多くの個人や団体と“つながり”を持てたことが

センターにとって、とても大きな財産になっていると感じています。

センターからの情報発信として、ホームページ等の充実も図っていきますが、

この「えんがわだより」も皆様に読んでいただけるよう

工夫を重ねていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


●染地コーナー(わたなべ)
party.png

日から11月。

今年も残すところ2ヶ月となりました。

皆さんは、年末と聞いて何を思い浮かべますか?

なんてったって「忘年会」ではありませんか?

染地では、12月16日(日)

小地域交流事業パートU

「みんなおいでよ!友達になろう『平成最後だ!笑って過ごそう染地忘年会』

を開催します。

「バルーンアートショウ」を楽しんだり、

「沖縄エイサー」を鑑賞したり、

太鼓や踊りを体験したり。

ボランティアさん手作りの「あったか豚汁」もご用意しています。

平成最後の年の瀬を、

いつも染地コーナーを支えてくださるボランティアさん、

地域のみなさんと一緒に

笑って踊って。笑って食べて。

大いに盛り上がりましょう!(^^)!


●西部コーナー(くらしげ)
friend.png

生時代の友人たちと

約2年ぶりに会いました。

ちょっと豪華なランチを食べ、

さらに場所を変えてのおしゃべり。

「そろそろ…」と時計を見たら、なんと5時半。

6時間も経っていました。

仕事、年金、家族…話は尽きません。

「会えるときに会っておこう」


と半年後の再会を約束しました。

“高齢者”の仲間入りはしましたが、

みんなバリバリ?の現役!

それぞれの職場で頑張っています。

泣いたり笑ったり至福のひとときでした。


●小島町コーナー(つる)
!!!.png

っと待っていたマンガの新刊が

1年ぶりに発売!

昔は買ってすぐに読めたんですが…。

今は前の巻、下手すると1巻から読み直さないと

前回までの内容が思い出せません。

いつも新鮮でいいですけどね。


●緑ヶ丘コーナー(おりはら)
wreath.png

近思うのは、

子どもが安心して遊べる場所が減っていることです。

同時に、地域の中での繋がりも薄くなる中、

近所のおばちゃんやおとなりのお爺ちゃんといった、

子どもを何気なく見守ってきた

“地域のおせっかいさん”がいなくなりました。

緑ヶ丘の地域でも昨年から“おせっかい広場”の名で、

子どもたちが遊びを通して、

地域の大人たちとも知り合うきっかけを作る活動が始まりました。

11月23日には、クリスマスリースづくりを企画しており、

誰でも参加できます。

このような、子どもから高齢者まで、

誰でもが一緒に居る、温かい居場所が当たり前に

地域にあればいいなと日々感じています。


●富士見コーナー(おかざわ)
karuta.png

路(あはぢ)島 かよふ千鳥の 鳴く声に

いく夜寝覚めぬ 須磨の関守(せきもり)」

百人一首の解説本を読みながら、情景を思い浮かべます。

私も須磨の近くで暮らしていた時、

明石海峡の向いに見える淡路島を眺めて思いを馳せました。

震源地に近い地域です。

災害のさまざまなケースに備え、注意し、行動する

防災の知識と知恵を百人一首形式のかるたにまとめた

「防災百人一首」ができたそうです。

また、無償でダウンロードできる「防災かるた」もあります。

楽しみながら防災に関する知識を学ぶことができますよ。


●野ヶ谷の郷(よつや)
mareep.png

11月27日(木)〜12月27日(木)まで

ぬいもの好きが集まって作った品を展示します。

壁いっぱいにかざった手作り作品は、

どれも皆さんの思いがこめられています。

ぜひ見ていただきたいです。

一部の品を12月27日10時から12時まで販売します。

売り上げは社協への寄付になります。

毎月第4木曜日10時〜14時(パッチワークの日)開催。

12月はお休みです。


●菊野台コーナー(あおき)
think.png

野台地域福祉センター改修工事に伴い、

9月から市民活動支援センターに勤務するようになりました。

菊野台コーナーを離れて2か月が過ぎ、

改めてコーナーの役割を考えています。

コーナーはとても地域に密着していて、

訪れてくださる皆さんとの距離を近くに感じます。

地域包括支援センターなどいろいろな機関と連絡を取りながら、

皆さんに信頼していただける

場所でありたいと思っています。


(今回の記事は「えんがわだより」第150号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:02| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする