2018年04月15日

えんがわだより2018年4月号 No.143「自分に合った社会的投資」

4月号-カラー.jpg

今月号の内容は!

★特集記事
自分に合った社会的投資

★お知らせ
ボランティアガイダンス など
4月24日(火) 10:00〜11:00 染地コーナー
5月12日(土) 13:30〜14:30 西部コーナー
お気軽にご参加ください(詳細はお知らせ参照)

★今月のつぶやき
「緑ヶ丘コーナーへも是非」「待って、自信をもたせてください」「今年も花を咲かせました」ほか




<特集記事>

自分に合った社会的投資

4月号特集記事PDF
March.jpg

えんがわフェスタ2018とは
3月4日(日)に市民活動支援センターにて「えんがわフェスタ2018」が実施されました。
 本イベントは、市民の方が「社会的投資」に関する学びと体験の機会を得ることで、実際に社会に役立つアクションを起こしてもらうことを目指して、市民活動支援センター運営委員会にて企画されました。実施したプログラムは次の二つです。
 一つ目は「チャレンジ!ちょうふこども協力隊」。調布市在住または在校の小学2年生以上の児童とその保護者を対象に、班行動でバラエティ豊かな市民活動体験をし、児童はそのミッションをクリアすることで、ちょうふこども協力隊になることを目指すプログラムです。あわせて、保護者の方々にとっても社会的投資、ボランティア、寄付・募金などについての学びや交流のできるプログラムとして実施しました。
 二つ目は「ファンドレイジング・カフェ」。誰でも気軽に入れる雰囲気のオープンカフェでありながら、自分なりの社会貢献の仕方を見て、知ることのできる空間で「忙しくてもできるファンドレイジング」「社会への投資!ファンドレイジング」をテーマに、ミニセミナーも行いました。
それぞれの参加者にとって、一日の体験や交流がどのような機会となったかを考えたいと思います。

5つのミッション
5つのミッション.jpg

タイム・スケジュール
10:00 入隊式
10:30 班ごとに5つのミッションにチャレンジ!
12:30 ランチタイム
子ども:手帳に気づいたことをまとめ、班ごとに食べます。
大 人:班ごとに食べながら、ミッション協力団体の皆さんのプレゼンを聞きます。
14:00 修了式
14:30 終了

プレゼンは「市民活動を行うようになったきっかけ」について聞きました。その後、班ごとに保護者同士でその日の気づきなどを話し、交流する「おしゃべりタイム」の時間もありました。

保護者の声
終了後の保護者アンケートの中に、「様々な団体を知ることができ、私たち親もとても勉強になりました」「いろいろな体験を通じてつながりを感じてくれたと思います。一人ではできないこともグループでならできることを知ってくれたと思います」とあり、子どもの体験を見守る中で、保護者の方にも感じることがあったようです。
また、「皆さんとお話しできたのがよかったです」「地域のなかでこのような活動を行っていることを知り、自分にも出来ることを探し、実行したいと思いました」と保護者の方同士の交流のことや、子どもとは切り離して自身の社会的投資についての考えをコメントしてくれた方もいました。

ファンドレイジング・カフェ参加者の声
カフェには、「寄付や投資について詳しく学びたい」との思いの方やフラっと立ち寄られた方などの一般来場者のほか、こども隊員の保護者も来店され、立ち見も出る中でミニセミナーが行われました。
 セミナーでは「寄付という形で団体に投資をすることで、団体と継続的につながることができる」「一年に一時間でもごみ拾いなどでまちに関わることで、自分のまちに責任をもつことができる」といったお話がありました。     
セミナー後のアンケート回答には「自分が地域社会で何ができるのか、考えることが出来ました」「知人に説明したくなるような分かりやすい内容でした」「二十分間とは思えない深い内容でした。何か行動します!」とさまざまな回答があり、それぞれに得られたものがあったようです。
カフェ.png

ミッション協力団体の声
本イベントに協力いただいた団体のひとつ、「スポーツ吹矢大会」の方から「今まで大人向けのプログラムだけを行っていたが、子どもたちがこんなに喜んでくれるとは思ってもいなかった。これから小学生を対象とした活動を始めてみるよ」と後日お話があり、実際に体験会を月に二回行うことが決まったようです。他にも「今回のイベントで使用する隊員手帳に掲載するためにロゴを作りました。団体パンフレット等で活用していきます」という団体もありました。
ロゴ.jpg

まとめ
下記の通り、「来年のえんがわフェスタ2019運営ボランティアに興味がありますか?」というアンケートに対して、保護者は52%が、カフェ来場者は76%が興味を示す結果となり、大変うれしく思います。
グラフ1.png
グラフ2.png
こども隊員の体験を見て、ミッション協力団体のプレゼンを聞き、さらにおしゃべりタイムで保護者同士が感じたことを話し交流したことで、またセミナーで学んだことで、社会的投資への意欲が高まったように見受けられました。
 本イベントの目的である「実際にアクションを起こしてもらうことのきっかけ」を多くの方が得られたのではないでしょうか。
 私たちは今回の出会いを大切に、きっかけを得られた方の次なる一歩へのお手伝いをしていきます。

社会的投資には「実際に参加する」、「寄付」、「情報を調べる」というようにいろいろな形があります。自分にできそうなスタイルを探してみてはどうでしょうか。

市民活動支援センター 小宮


サポーター募集キャンペーン「調布のまちをあなたが変える」●

えんがわファンドとは、調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです。調布のまちが暮らしやすくなるための活動や、社会課題解決のための活動、先進的な活動などをしている調布のボランティアグループ・市民活動団体へ助成しています。

現在、えんがわファンドのサポーター募集キャンペーンを行っています。
調布のまちがより豊かになるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるよう応援しませんか?

市民活動支援センターに入ってすぐのところに、特設コーナーを設けています。
助成団体レポートが載ったえんがわだより、新しくできあがったパンフレットなどを置いていますので、是非見にきてください。

●サポーター会費
年額:1口 3,000円
会員期間:ご加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

納入方法
窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
     ※毎月第3月曜日及び年末年始は休み
郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者明:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
     ※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください


webでご覧になりたい方はこちら↓

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5




お知らせ

■ 染地パソコン教室 生徒さん募集

パソコンに向かっていると、わからないことや質問したいことがでてきませんか?是非ご参加下さい。
【内容】テキストは使用しません。先生が1人1人の質問に丁寧に答えます。
【日時】月2回 第2・4土曜日14:00〜16:00
【場所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対象】パソコン初心者
【会費】なし
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ シニアが絵本を楽しむ会 メンバー募集

高齢者にとって、滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介し合って、朗読しています。月に1回は講師の方に指導を受けています。初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日 13:30〜15:00
【場 所】染地地域福祉センター 第3・4集会室
【備 考】参加費:1ヵ月 300円
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも   
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 音声ガイド、字幕つき映画体験会

目や耳の不自由な方及び高齢者と共に音声ガイド・字幕付き映画を楽しみます。

【内 容】@家族はつらいよ2
     A光
【日 時】@4月25日(水) 13:30〜15:30
     A5月 2日(水) 13:30〜15:30
【場 所】@総合福祉センター2F 203号室
     A総合福祉センター4F 視聴覚室
【備 考】無料 ※事前に申込みが必要です
     一緒に活動してくださるメンバー募集中!
【対 象】どなたでもご参加ください
【問合せ】電話&FAX 042-482-6581
     DEMAE調布 代表 石川嗣郎


■ うたごえサロン菊野台

なつかしい歌をみんなで一緒に歌いましょう

【内容】レーザーディスクを大きなスクリーンに映してみんなで一緒に歌います。
【日時】4月22日(日) 10:30〜12:00
【場所】菊野台地域福祉センター 大集会室
【費用】無料
【問合せ】042-481-6500 菊野台コーナー 青木


■ 緑ヶ丘健康教室

〜食+体操で元気作りましょ!〜

【内容】・元気になる食べ物と食べ方とは・・
    ・いつでもできる“かかと落とし”体操
【日時】4月26日(木) 10:00〜11:30
【場所】緑ヶ丘地域福祉センター
【講師】成田かず子氏 健康管理指導員・薬膳アドバイザー
【参加費】無料
【申込み・問合せ】03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原


■ これからボランティア活動を始めたい方へ ボランティアガイダンス 〜つ・な・が・ろ・う!〜

【内容】ボランティア活動に興味のある方、地域で仲間づくりをしたい方・・・どなたでも 活動先の紹介など

染地コーナー
【日時】4月24日(火) 10:00〜11:00
【場所】染地地域福祉センター
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉

西部コーナー
【日時】5月12日(土) 13:30〜14:30
【場所】西部地域福祉センター
【問合せ】042-426-4335 西部コーナー 倉重


■ スポーツ吹矢ジュニアクラブ調布体験会

小学生対象のジュニアクラブができました!

【内容】吹き矢の用具は貸出致します。腹式呼吸をベースとした、スポーツ吹矢呼吸法で集中力と精神力を!
【対象】小学校2年生〜6年生
【日時】@4月22日(日) 10:00〜12:00
    A4月29日(日) 10:00〜12:00
【場所】調布市市民プラザあくろす2階 会議室1
【備考】@Aとも4月21日(土)までに申込み
    @Aとも先着10名
【費用】無料
【問合せ】080-5655-3158 調布・桜いきいきクラブ 半田


■ 限定30食!絶品手打ちそば試食と親睦

新緑と出会いの季節です!お腹も心も満たされます。

【内容】門前そば打ちクラブ富士見会の絶品手打ち蕎麦の試食をしながら、気軽に顔見知りができますよ♪
【日時】5月12日(土) 12:00〜12:30
【場所】富士見地域福祉センター 第3集会室
【費用】普通盛り250円 大盛り350円
【備考】5月10日(木)までに申し込み。先着30名
【申込み・問合せ】042-481-8719 富士見コーナー 岡澤






tweetapril.jpg

●緑ヶ丘コーナー(おりはら)
boy.png

の国から戻り、

もうすぐ子育てを始めるつばめが飛び交う頃。

毎朝、黄色の大きなランドセルをしょった新1年生の姿に出会う頃。

いつも変わらない、4月の朝の光景が好きです。

緑ヶ丘地域福祉センターも半年間の改装工事を終え、

4月1日からまた、

気持ちよくご利用いただけるようになりました。

ボランティアの皆様の活動拠点としてお使いいただいている、

緑ヶ丘コーナーへも

是非、一度足を運んでみてください。

ボランティアを始めたいと思っている方、

市民活動や地域での活動に関心がある方など、

どなたでも気軽に立ち寄っていただける場です。

毎週火曜日・木曜日・土曜日の

9時から5時まで、

担当の折原がお待ちしています。


●西部コーナー(くらしげ)
confidence.png

知症当事者の丹野智文さんの

お話を聞く機会がありました。

39才でアルツハイマー型と診断され、

5年後の現在も仕事を続けながら講演活動などで活躍中。

「悔やむのではなく認知症とともに生きる道を選び、

新しい人生」のために“前向き”に努力されています。

『できることを奪わないでください。時間はかかりますが、

待って、自信を持たせてください

とおっしゃっていました。

周りの人が寄り添えるような環境になれば、

きっとだれもが安心して暮らせる

“まち”になりますね。


●野ヶ谷の郷(よつや)
hello.png

かい陽ざしのなか、

犬の散歩中にタンポポをみつけた。

お陽さまみたいな顔をして、

お陽さまに向かっていた。

足もとにはむらさき色のすみれも咲いていた。

今年は特に色がきれい。

いつも季節がくると

忘れずに楽しませてくれる

自然に感謝。


●富士見コーナー(おかざわ)
heart.png

月末に、

ボランティア交流会を開催しました。

富士見ふれあいのつどいに参加している

地域の個人や団体、ボランティアグループに呼びかけをして

お互いの親交を深めました。

同時に、

新たに立ち上がったボランティアグループこども食堂かくしょうじ、

フードバンク調布、

こんぺいとう子育てひろばからは

活動についての説明やPR、

児童養護施設調布学園からは、

子どもたちの生活の様子やボランティア活動についてのお話を伺い、

暖かい共感の輪が広がりました。

富士見コーナーは、

新年度も人と心のつながりを大切にします。


●小島町コーナー(さとう)
hanamomo.png

が家のシンボルツリー・

ハナモモの花が、

桜より少しだけ早く、咲きだしました。

八重の濃いピンクの花を見ると、

春になったなぁ…

と感じます。

咲き終えると、梅のような実をつけるのですが、

残念ながらこれは食べられません。

甘くないのか、鳥も好みではないようです。

熟れて落ちると、唯一アリが実を食べてくれます。

試しに、その種を植木鉢に植えてみたところ、

幾つかが芽を出しました。

今ではその子も成長し、

親株より遅れること10日、

今年も花を咲かせました


●染地コーナー(わたなべ)
lunch box.png

が咲いて、春爛漫。

心弾んで「いざ、お花見へ」

我が家のお花見は、

○○のお花見弁当を持って、野川と決めている。

今年は昨年同様、

孫と母を連れてのお花見となった。

多く歩くのが難しくなった母は車いすで、

昨年ベビーカーに座っていた孫は、

トコトコ歩いての道のり。

野川についてシートを広げ、

あれこれと準備をして、

ふと振り向くと、母の隣にちょこんと孫が。

それも、母と同じにお膝の上にはお花見弁当。

あらあら・・・「お似合いですこと」

「みんなで、一緒に食べようね!(^^)!」

今年、卒寿を迎える母。

お母さん、来年も一緒にお花見に来ようね!(^^)!

●菊野台コーナー(あおき)
leeway.png

月から来年3月まで、

私が勤務する菊野台地域福祉センターの

改修工事が始まります。

まだまだ先のように思っていたら、

毎年開催している「菊野台ボランティアまつり」

「菊野台地区地域のつどい」について、

話し合いが始まりました。

菊野台地域福祉センターで活動している

団体の活動場所も考えなくてはいけないし、

いつにもまして追いかけられている気がします。

こういう時こそ一旦立ち止まって

余裕を持つことが大切なんですよね。

わかっているんですけど、

頭がぐわぁんぐわぁんするぅ。


(今回の記事は「えんがわだより」第143号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:00| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする