2018年03月16日

えんがわだより2018年3月号 No.142「市民活動支援センター中長期運営方針〜市民がつながる『まちのえんがわ』を目指して〜」

3月号-カラー.jpg

今月号の内容は!

★特集記事
市民活動支援センター中長期運営方針〜市民がつながる「まちのえんがわ」を目指して〜

★お知らせ
ボランティアガイダンス など
3月20日(火) 10:00〜11:30 富士見コーナー
4月24日(火) 10:00〜11:00 染地コーナー
お気軽にご参加ください(詳細はお知らせ参照)

★今月のつぶやき
「おなかの底から声を出し」「そうだ熱海に行こう!!」「ついときめいて」ほか




<特集記事>

市民活動支援センター中長期運営方針〜市民がつながる「まちのえんがわ」を目指して〜

3月号特集記事PDF
March.jpg

この度、調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター運営委員会において、1年強の時間をかけて議論し、平成30年度から始まる5年間の当センターの運営方針を決定しました。当センターは、平成17年に開設され、13年の年月がたちました。これまでの経験を生かしながら、この中長期運営方針に沿って市民の皆様と共に歩みを進めていきたいと思います。これからも当センターをご活用いただきますようお願いいたします。

市民活動支援センター長 木 直


T はじめに 

調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター(以下「センター」という。)は、平成17年の開設以来、各種相談への対応、地域に設置されたコーナーの運営、市民交流事業、企業・団体との協働など、さまざまな取組を重ねてきた。

この間、全国的には少子高齢社会が一層進み、特に近年では経済格差による貧困問題がクローズアップされている。一方では、公益法人制度改革、特定非営利活動促進法(通称 NPO法)、介護保険法等の改正も行われたが、課題が多様化・複雑化する中、既存のサービスや行政の仕組みのみではますます解決が困難になってきている。
また、甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生後も、台風、豪雨、熊本や鳥取の地震などから、引き続き災害に対する備えが重要になっている。

調布市では、京王線3駅で地下化が行われ、駅前エリアの再開発により街並みは大きく変化した。さらに東京2020オリンピック・パラリンピックの開催地の一つとなったことを契機に、市民による新たな活動の誕生が期待できる。センターでは、既存の活動はもちろんのこと、こうした市民主体の新しい活動とも連携・協働し、地域の財産としての継続を促し、支援を重ねていく必要がある。

運営委員会では、平成26・27年度に実施した「市民活動に関する調査(個人編・団体編)」を検証するとともに、過去4年間の事業報告書を内部評価した。
その結果、センターが十分に認識されておらず、地域と繋がりきれていない側面が見受けられ、情報発信が課題となっていることが明らかになった。

これからセンターは、中間支援組織としての専門性を高め、多くの個人、多様な団体・企業と協働し、ネットワークを広げながら、センター機能を充実させていくことが求められる。
そのために必要な、今後5年間の運営のあり方をここに示していく。
network.png

U ◎基本理念・○役割 

◎「市民参画による住み続けたいまちづくり」「未来に希望の持てる社会の実現」を目指す。

○ 地域で活躍するボランティアやNPOなど多様な市民の活動を支援する拠点であり、協働のパートナーとなる。
○ 市民が社会参加しやすい仕組みづくりやコーディネーション機能、分野やセクターを超えた協働、人材発掘・育成など中間支援組織に求められる機能や役割を果たしていく。
○ 市民活動の理解を促進すべく、市民が主体の運営委員会を設置し、より市民に開かれた運営を進めていく。
beyond.png

V センターの目指す次期5年間の運営方針 

「はじめに」で述べた現状認識を踏まえ、「市民がつながる『まちのえんがわ』を目指して」のスローガンのもと、前記Uに掲げる基本理念・役割を推進すべく今後の5年間、次の1〜5の項目を中心として取り組んでいく。

1 人材を発掘し、育成す
⑴ 「地域や社会の課題」に主体的に取り組む人材の育成支援を継続する。
⑵ 市民交流事業「えんがわフェスタ」や市民活動助成事業「えんがわファンド」等様々な事業を通じて、人材の発掘、育成を行う。
⑶ 市民もセンター職員も共に成長するための学びの場をつくりだしていく。

2 行き交う情報の有効活用
⑴ センターホームページや情報紙「えんがわだより」に加え、SNS等を活用して発信力を強化し、より多くの市民に情報を届ける。また、各種団体の情報発信の支援をより充実させる。
⑵ 情報収集力を強化し、その整理、分析結果を発信するだけでなく、センターの活動改善にも活用する。

3 市民活動助成事業「えんがわファンド」を活用した市民活動支援の充実
⑴ よりよいまちづくりのために、市民活動への寄付文化を醸成し、「えんがわファンド」を充実させる。
⑵ 市民が市民を支える「えんがわファンド」により、市民主体の社会へ向けて、多様な市民活動を支援する。

4 パートナーシップの強化 
⑴ ボランティア、NPO、企業、学校、地域、行政等のあらゆる分野の人たちがセンターを通じて出会える場を創設し、多様なパートナーシップの構築を進めていく。
⑵ 7か所のコーナーにおいて、より身近な地域の中での「課題」の発見と「解決」に向けたボランティア・市民活動の推進を自治会、地区協議会等の地域の諸団体とともに進めていく。
⑶ 市民交流事業や市民活動助成事業等で縁ができた個人・団体との関係を継続的にフォローし、生きたパートナーシップにする。

5 災害時の支援
⑴ 調布市における災害時支援の検討を進め、災害ボランティアを育成し、行政と協働し災害ボランティアセンター設置の際の準備を整える。また、被災地支援、被災者支援のあり方の再検討を行う。
⑵ 日常の活動で互助・共助の関係づくりを行い、災害時における協力関係の構築に貢献する。
fly.png

平成30年1月17日:
調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター運営委員会 委員長 江尻 京子



サポーター募集キャンペーン「調布のまちをあなたが変える」●

えんがわファンドとは、調布のボランティア・市民活動を「資金」と「つながり」で助成する市民活動支援センターのプログラムです。調布のまちが暮らしやすくなるための活動や、社会課題解決のための活動、先進的な活動などをしている調布のボランティアグループ・市民活動団体へ助成しています。

現在、えんがわファンドのサポーター募集キャンペーンを行っています。
調布のまちがより豊かになるために、より多くの団体が新たな活動に取り組めるよう応援しませんか?

市民活動支援センターに入ってすぐのところに、特設コーナーを設けています。
助成団体レポートが載ったえんがわだより、新しくできあがったパンフレットなどを置いていますので、是非見にきてください。

●サポーター会費
年額:1口 3,000円
会員期間:ご加入日(4月1日以降)から翌年の3月31日まで

納入方法
窓口
受付場所:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
開館時間:平日・土日・祝日 8:30〜22:00
     ※毎月第3月曜日及び年末年始は休み
郵便振込
口座番号:00190-9-583840
加入者明:社会福祉法人調布市社会福祉協議会
     ※通信欄に必ず「サポーター会費」とご記入ください


webでご覧になりたい方はこちら↓

パンフレット(表)
パンフレット(裏)

えんがわだより2017年7月号 No.135「えんがわファンド 調布のボランティア・市民活動を応援するプログラム」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/451828000.html
えんがわファンドの紹介、今年度助成団体一覧

えんがわだより2017年8月号 No.136「えんがわファンド助成団体レポート」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/452782884.html
今年度の助成団体から3団体をレポート

えんがわだより2017年9月号 No.137「えんがわファンド助成団体レポート その2」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/453509158.html
助成団体レポートその2

えんがわだより2017年11・12月合併号 No.139「えんがわファンド助成団体レポート その3」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/454941040.html
レポートその3、ちょうふチャリティーウォーク2017 Photo Gallery

えんがわだより2018年1月号 No.140「えんがわファンド助成団体レポート その4 / ボランティアガイダンス」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456302372.html
レポートその4、ボランティアガイダンス

えんがわだより2018年2月号 No.141「ファンドレイジングカフェ / えんがわファンド助成団体レポート その5」
http://chofu-engawa.seesaa.net/article/456941186.html
レポートその5




お知らせ

■ AA 春のセミナーに来てみませんか

【内 容】 AA(アルコホーリクス・アノニマス)は、お酒をやめたい人達の自助グループです。私達の体験談を聞きにいらしてください。
【日 時】4月8日(日) 10:00〜15:30
【場 所】調布市文化会館たづくり12階 大会議場
【申込み・費用】申込み不要、無料
【対 象】興味のある方はどなたでも!
【問合せ】03-5957-3506 AA関東甲信越セントラルオフィス


■ シニアが絵本を楽しむ会 メンバー募集

高齢者にとって、滑舌の良い発声で朗読するのは、脳トレにつながることをご存知ですか?

【内 容】絵本好きの高齢者が集まり好きな作品を紹介し合って、朗読しています。月に1回は講師の方に指導を受けています。初めての方でも楽しくご参加いただけるサークルです。
【日 時】月2回 第1・3水曜日 13:30〜15:00
【場 所】染地地域福祉センター 第3・4集会室
【備 考】参加費:1ヵ月 300円
【対 象】絵本の好きな方・どなたでも   
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 午後のひととき、心豊かな時間を過ごしませんか クラシックサロン「なんてったって♪クラシック」

クラシックが好きな方、気軽に楽しみたい方、これから聴いてみたい方どなたでもご参加ください。

【内 容】チャイコフスキー独特の哀愁にみちた旋律美で楽しませてくれる超人気曲「交響曲5番」アンコール「ピアノ協奏曲1番」
【日 時】3月21日(水)14:00〜16:00 月1回 第3水曜日
【場 所】染地地域福祉センター 大集会室
【対 象】クラシックに興味のある方どなたでも
【費 用】無料
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 染地パソコン教室 生徒さん募集

パソコンに向かっていると、わからないことや質問したいことがでてきませんか? 是非ご参加下さい。

【内 容】テキストは使用しません。先生が1人1人の質問に丁寧に答えます。
【日 時】月2回 第2・4土曜日 14:00〜16:00
【場 所】染地地域福祉センター ボランティア室
【対 象】パソコン初心者
【会 費】なし
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ うたごえサロン菊野台 なつかしい歌をみんなで一緒に歌いましょう

【内 容】@レーザーディスクを大きなスクリーンに映してみんなで一緒に歌います。
     Aギターの伴奏に合わせて歌います。歌集はお貸しします。
【日 時】@3月25日(日) 10:30〜12:00
     A4月 7日(土) 13:30〜15:00
【場 所】@、Aとも菊野台地域福祉センター
【備 考】Aギター演奏♪こならく屋
【費 用】@無料 A100円
【問合せ】042-481-6500 菊野台コーナー 青木


■ 限定30食! 絶品手打ちそば 試食と親睦

春は出会いの季節です!お腹も心も満たされます。

【内 容】門前そば打ちクラブ富士見会の絶品手打ち蕎麦の試食をしながら、気軽に顔見知りができますよ♪
【日 時】4月14日(土) 12:00〜12:30
【場 所】富士見地域福祉センター 第3集会室
【費 用】普通盛り250円 大盛り350円
【備 考】4月12日(木)までに申し込み 先着30名
【申込み・問合せ】042-481-8719 富士見コーナー 岡澤


■ 緑ヶ丘 健康教室(春編)

〜 食+体操で元気作りましょ!〜

【内 容】・元気になる食べ物とは・・
     ・いつでもできる“かかと落とし”体操
【日 時】4月26日(木) 10:00〜11:30
【場 所】緑ヶ丘地域福祉センター
【講 師】成田かず子氏 健康管理アドバイザー・薬膳アドバイザー
【参加費】無料
★移転中のため、連絡できる日付は下記の通りです。
【申込み・問合せは4/10以降】
4/10以降:03-3326-4088 緑ヶ丘コーナー 折原


■ 音声ガイド、字幕つき映画体験会

目や耳の不自由な方及び高齢者と共に音声ガイド・字幕付き映画を楽しみます。

【内 容】@レインツリーの国
     A家族はつらいよ2
【日 時】@3月28日(水) 13:30〜15:30
     A4月 4日(水) 13:30〜15:30
【場 所】@総合福祉センター2F ボランティア活動室
     A総合福祉センター4F視聴覚室
【備 考】無料 ※事前に申込みが必要です
     一緒に活動してくださるメンバー募集中!
【対 象】どなたでもご参加ください
【問合せ】電話&FAX 042-482-6581 DEMAE調布 代表 石川嗣郎


■ ボランティアガイダンス

ボランティア・市民活動は「いつでも・どこでも・だれでも」参加できるものです。
この講座は、ボランティアに興味のある初心者の方、地域とのつながりを求めているあなたのための講座です。
どうぞお気軽にご参加ください。

【日 時】@3月20日(火) 10:00〜11:30
     A3月20日(火) 10:00〜11:00
【場 所】@富士見コーナー
     A染地コーナー
【対 象】どなたでも     
【問合せ】@042-481-8719 富士見コーナー
     A042-481-3790 染地コーナー






march.jpg

●野ヶ谷の郷(よつや)
accordion.png

のうたごえ広場、

今年も予定しています。

アコーディオンの音色に合わせて、

おなかの底から声を出し

頭も使って、

笑顔になって、

元気になれる。

誰でも知っているなつかしい歌、

うたいましょう。

日時 4月19日(木) 13時30分から

参加費 100円です。

お茶を用意してお待ちしています。


●染地コーナー(わたなべ)
nya.png

日のこと、夕食の片づけを終え

“やれやれ”ソファーに身をゆだね、

ボ〜ンヤリテレビに目をやると、

旅番組で海の景色が・・・。

そういえば、昨年暮れからバタバタと、

頭はグチャグチャ、

肩はガチガチ。

むしょーに海が見たくなり・・・

「アッ、そうだ熱海に行こう!!

と思い立ち、

あくる日ロマンスカーに飛び乗りました。

小田原で乗り換え、海を眺めながら

海岸線を電車でガッタンゴットン。

な〜んにも考えず、温泉につかって、

海を眺め満点の夜空を眺め、

海鮮料理を思うぞんぶん食したら、

なんだか幸せ〜な気分になって、

忙しくしている時間さえ愛おしく感じて

帰ってくることができました。

時には、気分転換も必要ですね!(^^)!


●富士見コーナー(おかざわ)
kunshiran.png

麗!」

弾んだ声が富士見地域福祉センターのロビーに響きます。

オレンジ色の君子蘭の花が咲きました。

イギリスの侯爵夫人に由来する名前の花のイメージから、

花言葉は「高貴」「誠実」

「幸せを呼ぶ」など。

濃い緑色で長く固い葉は

孔雀が羽根を広げたようです。

3月15日の誕生花なのだそう。

富士見コーナーには誕生花の本があります。

本を片手に、ふかふかのソファーに座り、

のんびり、ゆったり

心地良い時間を過ごしてみませんか。

花言葉「集う幸福」の折鶴蘭や、

窓から見えるお庭の植物にも癒されますよ♥


●菊野台コーナー(あおき)
aroma.png

野台地域福祉センターでは2016年から、

アロマの講座を年に数回開催しています。

リピーターの方を含め、

最近は定員を超えるお申し込みがあり、

参加できない方に、申し訳なく思っています。

講座の始めには社会福祉協議会のご紹介をさせていただいています。

会員のみな様の会費で成り立っていること、

毎日の生活を暮らしやすくするご相談を受けていること、

また、皆さんに地域福祉の担い手になってほしいことなどを話しています。

こうした講座の参加者から、

ちょっとお手伝いいただける方が

生まれればいいなぁといつも思っています。


●小島町コーナー(つる)
tokimeki.png

達の息子のこうへい君(4歳)に、

「‶こうへい君≠カゃなくて‶こうへい≠チて呼びなよ」

と言われて、

ついときめいてしまいました。


●緑ヶ丘コーナー(おりはら)
mebuki.png

春は名のみの 風の寒さや・・

梅がほころび、ふきのとうが顔を出し始めました。

今年は、北陸などを中心に36年ぶりの大雪で、

慣れている雪国でさえ、

いたるところで混乱を起こしました。

東京でも零下の日が続くなど、

冬の厳しさを実感しました。

暖かな陽だまりが、

これから一気に植物を芽吹きへと誘います。

昨年10月から、緑ヶ丘地域福祉センターの改築の為、

しばらくお休みしていた緑ヶ丘コーナーも、

4月にはお化粧が終わり

再開いたします。

以前のように気軽に集いあえる居場所として、

皆さまをお迎えできる日を楽しみにしています。


●西部コーナー(くらしげ)
namida.png

😃嬉しいことがありました!

@五中ボランティアダンス部生による

『心も体も温まる地域交流祭』、

中学生の頑張りと優しさが

地域のみなさんをしっかり温めてくれました。

Aその交流祭に、

昔コーナーに遊びに来ていた小学生が合唱部員として出演し、

7年ぶりに再会しました(涙)

今年も「五中のためなら…」

と多くの方が快く協力してくれました。

五中もコーナーも

地域のみなさんに支えられていることを実感しました(また涙!)


(今回の記事は「えんがわだより」第142号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:34| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする