2017年05月19日

えんがわだより2017年5月号 No.133「踏み出そうとしているあなたへ」

5月号.jpg

今月号の内容は!

★特集記事
いま、ボランティアへ
踏み出そうとしているあなたへ

★お知らせ
ボランティアまつり染地「つながり」 / 菊野台ボランティアまつり / 大・大・大オセロ大会 など

★今月のつぶやき




<特集記事>

いま、ボランティアへ
踏み出そうとしているあなたへ

1.jpg

5月号特集記事PDF

市民活動支援センターでは、平成26年に調布市民を対象に「市民活動に関するアンケート調査」を実施しました。その中で、ボランティア・市民活動について 「参加している」 人が23%であるのに対し、「関心があり参加したい」「関心があるがよくわからない」人が59%と、関心があるにもかかわらず活動に踏み出していない方が多くいることがわかりました。また、『えんがわフェスタ2017 チャレンジ!ちょうふこども協力隊』に参加した保護者(主に小学生)へのアンケート結果からも「何か社会の役に立ちたい」という思いや、「ボランティアは忙しくて無理と思っていたが、できる範囲でできることからやろうという気持ちになった」という気づきの声をいただいています。今号では、ボランティアについて「これなら自分にもできるかも!?」と感じていただくきっかけに、ボランティア活動の基本やイメージ作りのヒントをご紹介します。

●「平成26年度調布市市民活動支援センター 市民活動に関するアンケート調査結果報告書
【個人編】」ボランティア・市民活動への関心について

gr1.png
・関心があり参加している             23%
・関心があり今後参加したい          14%
・関心があるがよくわからない        45%
※調布市内で、計59%の人がボランティア活動参加の可能性がある(まだ参加していない)

●えんがわフェスタ2017「チャレンジ!ちょうふこども協力隊」参加保護者アンケート
gr2.png
・日頃、何か社会の役に立ちたいと思っている       83%
・あまり考えていない・わからない                      17%


◆ボランティア活動の4原則 ボランティアをするうえでの大切なポイントです

@自主性
強制されたり、義務として活動するものではありません。
自分の意志で行う活動です。「何かしたい」と思ったきっかけを大切に。

A社会性
性別、年齢、国籍、職業を越えて、誰もが生き生きと豊かに過ごせるように、
支え合い、学び合う公益的な活動です。

B無償性
金銭的な報酬を期待して行う活動ではありません。
活動を通して、お金では得られない出会いや発見、感動、喜びが待っていることと思います。

C創造性
地域や社会には多様なニーズが溢れています。今なにが必要か、経験・感性・知識を
生かして活動をすることで、私たちのまちがよりよく変わっていくことにつながります。

●参考:ネットワーク(東京ボランティア・市民活動センター)、ボランティア上手は「生き方上手」(東京ボランティア・市民活動センター)、ボランティアみんな知ってる? ボランティア活動の基礎知識(全国社会福祉協議会)


◆あなたにあったやり方で

●内容からイメージしてみる(例)

・高齢者にかかわる活動
  施設での話し相手、手芸や音楽プログラムのお手伝い、洗濯たたみ

・こどもにかかわる活動
  子育て支援施設でのこどもの見守りや遊び相手、おもちゃづくりや修繕作業

・障がいのある人にかかわる活動

  作業所等での作業補助や販売同行、遠足や水泳など余暇活動サポート

・外国の人にかかわる活動

  日本語の日常会話を一緒に練習する、料理や文化を学ぶプログラム

・自然や環境を守るための活動

  地域に花を植え育てる活動、まちのゴミ拾い、公園の草とり

・災害・復興支援に関する活動

  被災地での活動、防災活動、被災地の人との交流活動

・イベントのお手伝い

  受付、出展サポート、会場設営、来客対応

●できそうなスタイルから考える

【空いている時間にチョコっと】
できるボランティアなら

【単発】で参加してみようかな

【継続的】にかかわれるボランティアがいいかな

【メンバー】として団体の活動に参加してみたいな

【知る(情報を得る)】【買う】ことで応援できるかなぁ

【寄付】で活動に共感した団体を応援しよう

あなたの今のキモチに近いものはどれですか?経験や強みを生かすだけでなく、自分に合ったスタイルで活動するのも大切です。



◆ボランティア活動の中で感じたこと 活動している方の声

face1.png
実際に活動してみると、自分の身になることが多いです。

face2.png
関心のあることを活動の入り口にしたことがよかったと思います。

face3.png
忙しくなるというよりは、自分の生活に奥行きがでます。

face4.png
あんまり無理せず、交流を楽しみながら活動できるのが続けられる理由です。

face5.png
最初は難しいことをしなければいけないようなイメージがありましたが、とにかくやってみることで肩の力も抜けました。


◆さいごに

「ボランティア」、この言葉からイメージできる活動は無数にあると思います。たとえば、あなたが誰かのために何かをしたいと思ったら、それがどんなものでも、きっとボランティアと言えるのではないでしょうか。一歩を踏み出すきっかけになってほしいという思いから、この記事をつくりました。はじめは心の中の小さな気づきから、やがては人生、もしかしたら社会までも変えてしまうものになるかもしれません。ボランティアには、それだけの可能性があるのです。市民活動支援センターでは、いつでも相談を受けつけています。難しく考える必要はありません。まずは話をして、一緒に活動のイメージをふくらませましょう。

市民活動支援センター 葛岡・小島






お知らせ

■ 第21回ボランティアまつり染地 テーマは「つながり」

今回のテーマは「蛍光イエロー!!」テーマカラーを身につけてきてくれたら・・・何かいいこと起こるかも💛

【内容】染地地域で活動している様々な団体が、模擬店や舞台発表など盛りだくさんの楽しい企画を考えています。
【日時】5月21日(日)10:00〜15:00 
【場所】染地地域福祉センター 
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 富士見ふれあいのつどい

どの年代の人も、障がいのある人も、共に楽しいひとときを過ごしましょう!

【内容】舞台発表(和太鼓演奏、楽器演奏、歌唱、踊りなど)、模擬店(チョコバナナ、パン、飲料、焼きそば、蕎麦など)、手作り作品展示、バザーと盛りだくさんのおまつりです。
【日時】6月17日(土)10:00〜15:30
【場所】富士見地域福祉センター 全館
【対象】どなたでも
【問合せ】042-481-8719 富士見コーナー 岡澤 (火曜日・木曜日・土曜日 9:00〜17:00)


■ 第26回菊野台ボランティアまつり

楽しいことたくさん!!誰でもみんなが楽しめるおまつりです。盲導犬モミジちゃんも待ってます。

【内容】舞台発表(影絵、大正琴、他)、模擬店(焼きそば、花鉢、他)、包丁研ぎ(受付12時まで)、バザー、活動紹介など
【日時】5月28日(日)10:00〜15:00
【場所】菊野台地域福祉センター
【問合せ】042-481-6500 菊野台コーナー 青木


■ こんぺいとう 子育てひろばやってます!!

自由にのんびり楽しい時間を過ごしましょう!

【内容】子育て中の親子、遊びに来てください。おしゃべりして交流しましょう。
※子どもが遊ぶためのおもちゃを作る、材料の生地のご寄付を募集しています。
詳しくはお問い合わせください。
【日時】5月23日、30日
【場所】富士見町ふれあいの家(富士見町3-3-17)
【費用】無料
【対象】主に0歳児〜2歳児 親子
【備考】申し込み不要 当日直接お越しください
【問合せ】NPO法人調布子育てを結ぶこんぺいとうの会 こんぺいとう子育てひろば
メール:hiroba@conpeitou.org 担当:横山


■ ミニ落語XI

午後のひととき 落語はいかがですか?笑いは元気の源です。日頃のストレスを発散しませんか?

【内容】大学落研OBによる落語会です。前座さんも登場!
【日時】6月1日(木)13:30〜14:30        
【場所】西部地域福祉センター 大集会室 
【備考】参加費無料 
【対象】どなたでも        
【問合せ】 042-426-4335 西部コーナー 倉重


■ ZUMBA GOLD
                                               
無理なく、楽しく、リフレッシュ♬レッツダンス♪

【内容】ラテンをはじめ、世界中のダンス音楽を楽しみながらゆるやかに身体を動かしていくプログラムです。はじめての方でも楽しくご参加いただけます。 
【日時】6月3日(土) 13:30〜14:15
【場所】染地地域福祉センター 第1・2併用室
【対象】どなたでも
【備考】持ち物:運動できる服装、運動ぐつ、飲みもの汗拭きタオル
【参加費】初回無料 (2期目から1回500円)
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉


■ 音声ガイド・字幕付き映画体験会

目の不自由な方及び高齢者と共に、音声ガイド・字幕付き映画を楽しみます。

【内容】@杉原千畝 Aエール!
【日時】@5月24日(水)13:30〜15:30  
A6月7日(水)13:30〜15:30
【場所】@総合福祉センター2F 203会議室
  A総合福祉センター4F視聴覚室
【備考】無料 要事前申し込み
【問合せ】042-482-6581(電話・FAX) 石川


■ クラシックサロン第39回

モーツァルト「交響曲第38番」他

【内容】モーツァルト自身の指揮で初演された交響曲38番「プラーナ」華麗なメロディの「ピアノ協奏曲26番」
【日時】6月21日(水) 14:00〜16:00
【対象】クラシックは好きだけどもっと気軽に楽しみたい方、これからクラシックを聴いてみたい方・・・。年齢を問わずどなたでも参加いただけるサロンです。
【場所】染地地域福祉センター 大集会室
【備考】参加費 無料
【問合せ】042-481-3790 染地コーナー 渡邉




E381A4E381B6E38284E3818Dtitlem.jpg


●富士見コーナー(おかざわ)

なたで良かった」

と来所された方からお声掛けいただき、嬉しく思いました。

富士見コーナーのコーディネーターとなって約1年。

笑って、穏やかに過ごせる居場所であるように心がけてきました。

会いに来てくださる方や、何かのついでにお話ししてくださる方が増えました。

愛あるツッコミから学ばせていただく機会もあり、

ありがたいです。

ゆったりした空気感を大切に、

「ここに来て良かった」

というコーナーでありたいです。


●緑ヶ丘コーナー(おりはら)

年から、

地域包括仙川と社協と共催で、

地域の中学校2年生の生徒さんを対象に

「認知症サポーター養成講座」を行っています。

今年も5月初旬、

中学校で認知症についての研修をうけ、

地域の寸劇集団「G2-カイズ」による、

ある対応編を見てもらった後に、

君ならば、こんな時どうする?

で話し合いを持ち、生徒に実際に演じてもらいました。

短時間の研修とは思えない、

中学生らしい意見が聞かれ、

学んで、正しく知ることの大切さを実感しました。


●小島町コーナー(さとう)

月は、

夏野菜の苗を植えるには適しているのか、

農協などにはいっぱい野菜の苗が並びます。

父は長野で小さな畑を借りて、

夏にはキュウリ、トマト、ジャガイモ…

といろいろ育てていましたが、

中でもトウモロコシは、絶品でした。

収穫後、すぐに茹でていただく!

これが最高!

忘れられない味の一つです。


●野ヶ谷の郷(よつや)

会のあとは、

毎年「歌声広場」を開催しています。

今年はアコーディオンの富永さんからの希望で、

お客さま全員にリクエストをいただき、

30曲を歌いました。

体の底から声を出して、

笑顔と感動いっぱいでお帰りいただきました。

声を出すこと、歌をうたうことが

人を元気にすることを改めて実感しました。


●菊野台コーナー(あおき)

年の花粉の季節はつらかった〜(><)

加えて猫アレルギーが悪化。

どうやら分離不安症らしい我が家の愛猫と、

毎日あれだけくっついていれば、

そりゃー悪くもなります。

私を毎晩睡眠不足にし、

長時間の外出もできなくし、

アレルゲンをまき散らしているネコ。

でも、笑わせてくれるんですよね。

何とも言えない幸せが。

娘「もう一匹飼っちゃおか?」

本気か!!


●西部コーナー(くらしげ)

調布認知症支えあう輪」主催の市民セミナー

「楽しく学ぼう、もの忘れ」に参加しました。

第2部は「だれでも参加でお話し会=認知症について話したいこと・聞きたいこと」。

私のグループでは、親御さんやご主人を介護している方たちから

たくさんの“生の声”が聞かれました。

介護者の経験談、専門職のアドバイス…

とても有意義な時間でした。

『住み慣れた町でいつまでも暮らすために』

私たち一人ひとりができることを考えていきたいと

痛切に感じました。


●染地コーナー(わたなべ)

月に入り、

新緑がまばゆい季節となりました。

先日、黄色い凛としたお花を見つけました。

あれは、菖蒲(あやめ)?

花菖蒲(はなしょうぶ)?

それとも、杜若(かきつばた)?

毎年、悩む私です。

そういえば「いずれがあやめ・かきつばた」

という言葉がありましたよね。

いずれも優越が付けれないほど美しいと同時に、

菖蒲と杜若は良く似ていて見分けにくいところからきた言葉です。

皆さんは、見分け方をご存じですか?

毎年、調べては「なるほど!!納得」

と覚えてつもりの私なのですが・・・

やっはり、今年も忘れて・・「ト・ホ・ホ・・」

それでもめげずに、調べて確認!納得!!

「来年こそは覚えているぞ」と。

「イヤ!来年も覚えていたい」

と思うのでした!(^^)!(笑)


(今回の記事は「えんがわだより」第133号に掲載しています)
posted by スタッフ at 09:49| えんがわだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする